台風の目 

October 20 [Wed], 2004, 20:51
夕方近くなって台風上陸。植木やゴミや看板が宙を舞ってる。
出歩くのは危ないかなと思いつつも雨が止んでいたので夕食後に散歩にでかけてみる。さっきまでの雨も風も嘘みたいに止んでいて、空を見上げるとそこだけ雲一つなくてなんとなく明るい。きっと少し離れた町ではきっと大雨だったり風がすごかったりするんだよね。自分が今いる場所だけがとても静かで時の流れが止まったようなそんな気分。ここでこのままずっと居たいなと思いながら空を見上げていたのだけどちょっぴり風が強くなってきたので帰宅。

周囲の騒音や雑音が聞こえない台風の目の中のようなところで一生穏やかに何も考えずに生きて行けたらいいのに。でもこの世に一人で取り残されたような気がしてちょっと寂しかったりもしたのよね。
2004年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:candyhouse
読者になる
Yapme!一覧
読者になる