May 14 [Sun], 2006, 22:49
圭たんの辛さがどれだけのモノか
痛い程感じたよ
圭たんの痛さ  全て包み込んであげられればよかったのにね

 

May 14 [Sun], 2006, 22:45
あなたの側に居れたら
あなたが触れてくれたら
あなたが抱きしめてくれたら
この痛いも苦しみも涙も止まるのに
  



   もう言葉dあけじゃ生きていけないよ

 

May 14 [Sun], 2006, 22:41
死んでしまいたいと思いました。
私は疲れ果てました。
殺してやりたいと初めて、そう、初めて
大スキな貴方を憎みました。
でもたった一人の大スキな貴方だから憎みきることできませんでした。
貴方から離れられる日がいつかくるのでしょうか。。。

 

May 14 [Sun], 2006, 22:39
君がすぐそこに居るような気がして
にじんだ記憶に迷わされるよ
どこかに落とした?
いつ見えなくなった?
僕の想い 空になった

生きる 

May 14 [Sun], 2006, 22:35
『人にどう見られているか』
ということじゃなくて、大切なのは
『どういう自分でいたいか』
ということ
おしゃれも生き方も、自分を信じていればきっと
自分を理解してくれる大切な人、掛田絵のない人達に巡り会えた人だから。。。

 

May 14 [Sun], 2006, 22:34





         完璧な幻


               恐くて泣いた








 

May 14 [Sun], 2006, 22:30
初めて覚えた悲しみ
   忘れていいかな
逢いたくてb心が痛いよ
     優しさの重みを刻み込んで
聞き覚えのある音流れて 
    あの頃の夢を見た
耳障りな静けさ よけいに不安をかきたてた
      眠れない夜 
半分にかけた月さえも  あの頃に捨ててみよう

 

May 14 [Sun], 2006, 22:27
君と過ごした
時間は嘘じゃないから・・・
君の笑った顔  かすれた声
甘い甘い記憶
全てを覚えていたかった
君との時間 残る 永遠に
私の中
ずっと ずっと忘れたくなんてなかったの
溶け出したりしないで

 

May 14 [Sun], 2006, 22:23
明日の果てる場所で瞳を閉じた
赤よりも深く解ける太陽みたいに
満ちる月浴びながら眠り続ければ
いつかは星の見える宇宙に帰れる?

 

May 14 [Sun], 2006, 22:20
どっか遠く行きたい
全部投げ出して
空に逃げた鳥は
もう
帰らない
2006年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:candy_p
読者になる
Yapme!一覧
読者になる