『ちょっとしたガラクタ達』 きっと人生においてそれほど役に立たない、けどどこかグリッターなモノをオタク的感性でたまに紹介。ヲタクではなくオタクです。隅っこの方で迷惑がかからないように密かにやっていきます。ヨロポコ。

candee:ネクラ、アル中、テレビっ子。目覚ましテレビでの占いは毎日「調子に乗りすぎに注意」。/take4spoony:マイペース、八方美人、優柔不断、負けず嫌い、日々腹痛に悩む。通称『遅れてきたルーキー』
https://www.yaplog.jp/candeehouse_tk/img/0/DSC00150.jpg
name:candee/take4spoony
性格も趣味も正反対の同級生2人組。高校以来8年そこそこの付き合いで、顔を合わせれば "自然と健康を科学する" 仲。
いつもさまざまなことを妄想しながら計画を練る...が、結局飲んだくれている夢見るkids。
2006年07月
« 前の月    |    次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:candeehouse_tk
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
CANON / 2006年07月07日(金)
自分が思い描いた21世紀では車が宙を浮いてるとかいう、ドラゴンボール的発想しちゃいましたよね。
だって、マンガで描かれてた21世紀は、なんか華やかなイメージでしたもん。
しかし、現実の21世紀では地球に優しいハイブリットカーは開発されたけど、車が宙に浮いてるわけではなく、結局20世紀とあんまり変わんないのかな〜とか、現実はこんなもんか〜、とか思っちゃいます。


でも、1人1人が個人用の携帯できる電話を持つなど、自分の想像を超えた21世紀があるのも確か。
今や、最初に「*2*2」と押さなくてもメールが送れます。

余談ですが、お偉い方々しか携帯電話を持ってなかった時代に、「近い将来、1人1台持つようになります!」と言って世間に広めたのは1人の日本大学の学生らしいですね。


今回は、そんなハイテクな21世紀を体感した話。



冬に友達数人とアイスホッケーを観に行きました。
その中の一人はスポーツカメラマンを目指していて、数十万するCANONの一眼レフデジタルカメラを2つ装備。
多少なりとも写真に興味がある僕も、イイ機会なので使わせてもらうことに。


連射のスピードや望遠できる距離など、やっぱり高いものは違います。
何よりビックリはピント。

アイスホッケーという競技はスピード感に溢れ、目で追うのが精いっぱい。
そのなかで、必死にパシャパシャ撮影。
もちろん、狙ったところにピントを合わせる余裕なんてありません。
でも、撮影した写真を見ると思い描いたようにピントが合っているんです。
もちろん、僕の技術が凄いんじゃありません。
カメラが凄いんです。


なぜピントが合うのか?
カメラが目の動きに反応してピントが合うんです。
要するに、自分が見たところに自動的に反応してピントを合わせてくれる優れ技。

素晴らしいです、現代技術。


そういえば、どこの会社のカメラが売れても、売り上げの一部をCANONが貰えるって話があるくらいですもんね。
他社もCANONには服従的な。



やっぱり凄いです、CANON。
ハセキョーも素晴らしいです、CANON。 take4spoony
 
   
Posted at 03:07 / picture / この記事のURL
大人の事情 / 2006年06月23日(金)
5月病の延長ですかね。
更新が随分と滞ってしまいました。
次は梅雨を言い訳に使わないように気をつけたいと思います。


盛り上がってますねW杯。
なのでサッカー関連の話をいくつか。

とりあえず悔しいですね。
泥臭いプレーをし、立てなくなるまで走った中田(英)が見せた涙にこっちも涙。
W杯で勝つのは大変なこと。
韓国はW杯で1勝するのに5大会、初出場から数えると48年掛かっています。
やはりW杯は厳しい場だと改めて実感……。


約300万人がスタジアムで観戦し、約400億人がテレビ観戦するというW杯。
これだけ大きな大会、そこにはやはり様々な事情が存在する。


クロアチア戦後にジーコが言っていた『私たちはテレビの事情で、2試合を熱い時間帯で戦うことになった』という言葉。
これは、それぞれの国の見やすい時間帯に試合時間を合わせ、なるべく多くの人に見てもらうための考慮だという。
だから、日本の最初の2試合は日本時間で22時・1時・3時の3種類の中から22時キックオフの試合になり、日本選手は熱くて厳しい時間帯に戦うことになったのだ。


そして、日本国内でもスタジアム等の大画面で観戦するパブリックビューイングが各地で行なわれたが、7万人以上が収容できる日本最大のスタジアム『日産スタジアム』でのパブリックビューイングは断念された。(ちなみに夜の外観がキレイでカッコイイです)



これは、FIFA(国際サッカー連盟)のスポンサーに車のメーカーがあるので、ライバル関係にある『日産』とつくスタジアムでは断念せざる得なかったと言う事情。
昨年末の「トヨタカップ クラブ選手権」という大会で使用された際は『横浜国際総合競技場』という旧名に変更されていた。


他にもマラソン中継のカメラワークにも、そういったことが必要とされる。
例えば、日産が大会スポンサーについている場合、中継の際には道ばたにあるトヨタの営業所なども写らないように撮影しなければならない。





大人って…大人って……大変だ。 take4spoony
 
   
Posted at 09:35 / sports / この記事のURL
SLAMなDUNK / 2006年04月23日(日)
よくやったな〜。って感じです。詳しくは画像をクリックで。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 
   
Posted at 11:25 / sports / この記事のURL
Azzuri / 2006年04月22日(土)
もうすぐですね、サッカーのW杯。
今回はユニフォームのお話。



写真は共にイタリア代表のもの。

左は94年W杯アメリカ大会(ちなみにイタリアは準優勝)に使用したモデルで、デザインしたのは、あのアルマーニ。

右は今回の2006年W杯ドイツ大会で使用するモデル(アウェイ用)で、特徴はやはり襟のVネック。
デザインしたのはニール・バレト(Neil Barrett)という人物で、グッチのシニアデザイナーやプラダのディレクターを務めた経歴があり、2004年からイタリア代表のユニフォームを手掛けているようです。


さすがファッションの国イタリアだけあって、ユニフォームにも力を入れてますね。
だけど、Vネックって。。。
やはり、発表されてから賛否両論が飛び交っているようです。

Vネックだと、選手の着こなしも問われるのではないかと思ってしまいます。
どうなんだろう、インナーもちゃんと準備されてるのかな……。
そんなことも気にしながらW杯を観ても面白いかもしれませんね。 take4spoony
 
   
Posted at 23:55 / sports / この記事のURL
It's cute / 2006年04月21日(金)
今、カワイイと思うものベスト3


【第3位】

テレビを無音にした状態で見る小倉優子。




【第2位】


パナップのCMの加藤ローサの「ニャ〜」




【第1位】

小池徹平



はい、ちょっと気持ち悪いですね。

別にそっちの気はありませんが、小池徹平のかわいさは神がかってると思います。
小池徹平よりカワイイものを知ってるという人がいましたら、ご連絡下さい。
なお、自薦・他薦は問いません。 take4spoony
 
   
Posted at 08:27 / parson / この記事のURL
AFRICAN / 2006年04月20日(木)


アフリカ生まれのAppletiser(左)。
程よく甘く、程よく酸っぱい、爽やかな炭酸飲料。
ノンアルコールのスパークリングワインのようです。

噂では、グレープタイザー(右)もこれまたイイらしい。


飲食店で見かけた際は、試しあれ。 take4spoony
 
   
Posted at 23:55 / drink / この記事のURL
めずらしく / 2006年04月19日(水)
回ってきたのでやってみます。



■あなたにとってこのバトンを回してきた人とは?

A.コーヒーみたいな存在。
同い年で、なんだか安心して話せる。
大学のときにやってたバイト先の友達です。


■あなたにとって趣味の意義とは?また趣味は何ですか?

A.調味料みたいな。
そう言われると困りますね。なんだろう、とにかく色々です。楽しみ増えるし、話題増えるし、友達増えるし、遊びが増えるし。
趣味は…読書、音楽、体動かす、散歩、スポーツ、スゲー細い道を通る……う〜ん、やりたいと思うことかなと。


■あなたにとって両親とは?また、両親に一言

A.電子レンジ。
温めてくれてます。
一言……「出来上がりまでしばしお待ちを」


■あなたにとって友達とは?また、友達に一言

A.パソコン(僕がハードでみんながソフト)
ないと動けません。色々教えてくれます、助けてくれます、楽しいです。
一言……「多少、起動に時間がかかります。よく遅刻します、ごめんなさい」


■人生ってなんですか?

A.駅伝
待ってろ、子孫!


■このバトンを回す5人と、あなたにとってその人の存在を書いてください。

ボール追っかけながらじゃないと早く走れません。
中学校の時、本気で走ってるのに「本気で走れ!」と体育の先生にマジギレされたことを思い出します。
これまで、運動会のリレーの選手には無縁でした。
だから、バトンの正しい渡し方とか分からないッス。





回答に仮面かぶっちゃいましたね。 take4spoony
 
   
Posted at 23:55 / baton / この記事のURL
あり得ない / 2006年04月16日(日)
テレビで放送してましたね、『いま、会いに行きます』。



これは、この映画を観た写真の彼のお話。

彼は、現実離れした話(映画)が好きではないらしく、例えば『黄泉がえり』の評価は非常に厳しいもので。
そんな中、訳あって『いま、会いに行きます』を映画館で見た彼は、その感想を語ってくれました。


映画序盤:「あり得ない」(失笑)

映画中盤:「あり得ない」(呆れ)

映画終盤:「あり得ない」(泣)

クライマックス:「あり得ない」(号泣)


今夜の僕にも、彼と同じ現象が発生。
途中から、口から発する「あり得ない」という言葉の意味が変わってました。
僕も彼同様、現実離れした映画はそれほど好きではないのですが、やられました。

若干なめる程度で観る映画もアリアリアゲアゲですね。 take4spoony
 
   
Posted at 23:55 / movie / この記事のURL
音 / 2006年04月15日(土)
先日、友達が沖縄の実家に帰ることになり、お見送りへ。
そんな彼の荷物にこんな楽器が。(すみません、名前が思い出せません)



まさに忘れるな琉球の心、琉球愛歌、MONGOL800です。
音楽には、地域や国によって独特のものがあるな〜と改めて実感。


そんな様々な音楽は、CDやレコードを買う以外にも、今やパソコンでダウンロード購入ができ、より手軽に聴けるようになりました。
個人的には、この曲を買うという感覚には違和感があって、やっぱりCDで買いたいと思います。
でも、数年後には時代の波に流されてしまうのだろうか……便利になるとそれなりの悩みが出てくるものですね。


ただ、どんな方法で手に入れようとも、音楽が素晴らしいことに変わりはない。
そんな音楽、より良い音や環境で聴きたい。
だから、より良いスピーカーやアンプとか欲しいけど、そんな余裕があるはずもなく。。。

でも、音質を良くするために、やれることを調べてやってみよう。
そこで、お金なしで音質UP作戦。



1. スピーカーを耳の高さにセット(位置がずれているとバランスの悪い音になる)

2. スピーカーをできるだけ壁から離す(低音はあらゆる方向に伝わるので、壁ぎわに置くと低音がこもる)

3. スピーカーの間隔を1m以上離す(間隔が狭いと音の立体感や広がりが伝わらず、臨場感を失う。ただし、離しすぎると音ずれが生じる)

4. スピーカーとリスニングポイントの形は正三角形がベスト(スピーカーの角度を調整するとなお良し)

5. 10円玉をスピーカーの下に(4つ角に2枚ずつ重ねて)置く



少しのことで結構変わるものです。
あれっ、160円ほどかかるみたいてすね。 take4spoony
 
   
Posted at 09:37 / music / この記事のURL
Before & After / 2006年04月14日(金)
ちょっと前、メール問題やら民主党代表選やらで政界が騒がしかったですね。
そして、選挙があると、候補者の演説で駅前などが騒がしいですね。



引っ越す前、住んでいたところで市議会選挙がありました。
市議会選挙となると候補者も多く、連日、朝から晩まで演説が繰り広げられていました。
住民票が地元のままで、数週間後にはこの街から出ていくことになる僕には、正直あまり興味がなく、駅の近くに住んでいたので、うるさくて迷惑とさえ思いました。
おかげで、目覚まし時計代わりになり、生活リズムは改善されましたが。。。


そんな中、候補者の1人がバイト先のコンビニに挨拶に訪れ、是非1票をみたいなこと愛想よく言ってきました。
その候補者は、よく買い物に訪れ、普段は愛想が悪い印象のため、そのギャップから、この人に1票入れようとは思えず。

そりゃ、普段、買い物をするときでも愛想よくしろとは、言いませんよ。
仕事は仕事、プライベートはプライベート、テンションは個人の自由だろうし。

でも、やっぱりこの人に1票入れたいとは思えないよね。
ちなみにその方、当選したらしいです。



そんなことを思ってるうちに、市議会選挙は終わり、街は静かに……ならなかったんですよ。
夕方に始まるんです、演説が。
また違う選挙が始まるのかな〜と思ったら、そうじゃなかったんです。

演説に耳を傾けると、
「○○○です、皆様のおかげで市議会選挙で当選することができました、ありがとうございます。先日、○○小学校付近で不審者がいるという通報がありました……」

そこで話していたことは、選挙の当選報告、そして近辺で起こっていることなどでした。
しかも、路上でたった一人でマイクを持ち何度も繰り返し、そして次の日も。

これもアフターケアと言えるのではないでしょうか。
例え、これが作戦であっても、この人に1票入れたいなと思いました。



でも、まだまだ心は会津のケネディです。 take4spoony
 
   
Posted at 18:15 / essay / この記事のURL
  | 前へ  
 
 Powered by yaplog!