入院

May 25 [Fri], 2007, 23:19
いよいよ入院の日。残念ながら雨。
荷物をまとめて、タクシーで病院へ。

受付を済ませたあと、ベッドの準備ができるまで1時間くらい待つ。
部屋はキレイで安心した。一人ずつに冷蔵庫があり、
一部屋ずつにトイレとシャワーがあるのも嬉しい。

担当の看護師さんが簡単に部屋の説明をしてくれる。
術後は術後病棟に移るので、まとめたまま
にしておいた方が良いとのことだった。

まず、採血、身長・体重、体脂肪や体の左右のバランス等を測定。
ちなみに155cm 46kg。
私は普段はだいたい43〜45sくらいなんだけど、絶食生活を
前にして、思い切り好きなものを食べていたので、体重は多め。

関係ないけど、太ることも何も気にせず好きなものを食べまくる
生活は快感でした 笑。

隣のベッドからゼーハー聞こえてくる。
おばあさんがいるのかな・・・?と思っていたら、
30代後半くらいの若い女性が出てきたので驚いた。

しばらくすると、胃にクリップつけるために内視鏡に呼ばれる。
前回と同じく、鎮静剤を使用したので寝てる間に終わった。

途中、またゲーゲーなりすぎて一度目を覚ましたようで
少しだけ記憶があった。
気が付くと入院病棟の自分のベッドで寝ていた。
どうやって運ばれてきたんだろう。。。

ウトウトしていると看護婦さんが、お手洗い・シャワー・ゴミ捨て・面会
などの入院規則の説明をしてくれる。
内視鏡に行っていたので、昼食の代わりに検査後食というのを
持ってきてくれたけど、これが劇的に不味くて、この先の入院生活が不安になる。
どうしたらこんなに不味く作れるのか?ってくらいすごかった。

またまたしばらくすると、担当の先生が来て、お話ししましょう、と。
たぶんこれがインフォームドコンセントだと思う。
母親が一緒にいるときにしようと思っていたのだろう。

現在のがんの状況、手術方法、危険性、輸血の可能性等々の説明だった。
一時期、気にしていた「どうして胃を半分も切らなくちゃいけないのか」
の疑問も、その説明の中で解決した。

胃壁にはリンパがたくさんあるので、転移しやすい。
それで、がんのある場所からリンパが繋がっている部分
=疑わしい部分はすべて切除する。
そうすると胃の半分を切ることになるらしい。

胃から他臓器へつながるリンパは、フィルタ機能があるので、
転移しづらい特性もあるそう。

リンパへの転移があるかどうかは、切ってみて細胞を調べてみないとわからない。
リンパまで転移している可能性は20%程度だが、根治を目指しているので、
疑いのあるリンパはすべて切除するとのこと。

絵に描いて、素人にもわかりやすく噛み砕いて、
丁寧に丁寧に説明してくださった。
納得納得。気持ちの整理はついた。
中途半端にして、再発したら後悔しそうだしね。
ここまできたら、もうバッサリいってください!って気分だった。
輸血の同意書等にサインをして終了。

先生は私のがんの説明をするたびにいつも
「がんになったのは大変なことだけど、早く見つかったのは
ラッキーだからね。」と言ってくださる。
いつもこの言葉に慰められて、前向きになれる。

隣にいる母親は・・・少し前に鼻炎の薬を飲んで眠気が襲ってきたらしく、
娘の生命に関わる大事な話のときに、なんと・・・
眠気をこらえるので必死だったらしい・・・。

その後看護師さんから、術後の説明。
背中に管を入れるとか、鼻に管を入れるとか、尿道に管を入れるとか
お腹に管を入れるとか・・・管だらけじゃん!!
手術の翌日から歩くとか・・・痛い話ばかりで、ちょっと気持ち悪くなる。

終わったら、手術室の看護師さんがご挨拶に来て、
その後、麻酔科の先生がご挨拶に来てくれた。
で、やっと一日のスケジュールが終わり!

今日は金曜日で、手術は月曜日。
土日は何もすることがないので、外泊(帰宅)することに。

晩御飯は母親と最後の晩餐。お寿司を食べに行った。
すんごく美味しかった。

もう母も私も腹は決まっているというか、前に進むしかないも〜ん
って感じなので、特別しんみりすることもなく、いつもどおり
つまらないことで笑って、普通に過ごしている。

母親は土日は仕事なので、一旦関西へ帰る。
お世話かけてスミマセン、ほんと。。

周りの人のこと 自分のこと

May 24 [Thu], 2007, 23:20
明日から入院なので、関西から母親が来てくれた。東京駅まで迎えに行く。
真夏のように暑かった。

病院から電話が入る。
明日、内視鏡にて、手術するところをクリップで印をつけるので
朝食を食べずに来てください、とのこと。
ネットの闘病記で見ていたので、ハイハイ了解〜、という感じだった。

(闘病記を見ていなかったら、胃にクリップなんて!!と
 動揺していたと思う。ほんと感謝です。)

これから美味しいものが食べられない日々が続くから
好きなものを食べに行こう、と母が言ってくれたけど、
私の希望で母の手作り晩ごはんにしてもらった。
母は張り切って、自作の野菜をたくさん持ってきてくれていた。

夜、友達が家までアロマオイルを持ってきてくれた。
ラベンダーのオイルは、心が落ち着く作用があるから、と。

あまり多くの人に病気のことは語らなかったけど、友達
や親戚から次々と励ましのメールが入ってくる。

ありがたいなぁ〜、なんて思いながら、ふと考えた。


私、がんになったから不幸・・・?かわいそう・・・?


いやぁ、どう考えても幸せでしょう!

こんなに心配してくれる人が周りにいるのに「不幸」なんだったら
じゃあ、「幸福」ってなに?って話です。

胃がんで、これから胃切除手術を行うというのに、
温かい気持ちでいっぱいになれるなんて思わなかった。
病気は辛いけど、病気になって初めて知ることは多い。
悪いことばっかりじゃないな、と思った。

会社最終日

May 21 [Mon], 2007, 20:09
毎週月曜日朝のミーティングで
しばらくお休みすることを再度報告&ご挨拶。

本来なら、この翌日から入院予定だったので、
諸々の準備のため、このミーティングだけ出て早退する予定だった。

でも、入院は3日後になったので・・・
「やっぱり今日は定時まで居ます」とか、なんだかキマリの悪い挨拶をする。

(なるべく多く働きたいのはお財布事情です。
 何度も書きますが、時給制なので。
 病院休暇と病院代でお財布事情はかなり厳しかった。)

ランチのときに、隣の席の女の子が、しばらく一緒に食べられないから
美味しいもの食べに行こうよ!と誘ってくれて、女子メンバーで外食することに。
些細なことだけど、なんだかとっても、嬉しかった。

自分が逆の立場だったときに、彼女みたいに気が付ける人に
なりたいなーと思った。

そもそもミーティングだけで帰る予定だったので、コレといった
仕事もなくダラダラと仕事をする。

もし、何かあったときのために、完璧に片付けようかとも
思ったのだけど、絶対に復職してやるー!
死んでたまるかー! という思いも込めて、戻ってくる前提の
片付けだけをした。
もちろん、面倒くさいから、というのもあったんだけど。。。

帰るときに、皆からの差し入れということで、
漫画&本&私の好きなお菓子たくさん、
をもらった。うわーん、ありがと〜〜><

私は今、理由も告げないまま1ヶ月も休むという
謎な人だろうに、こんなに優しくしてくれるなんて。。。

かならず元気になって帰ってきて、仕事頑張ります〜〜!!!

入院前最終診察と麻酔の説明

May 18 [Fri], 2007, 0:47
前回の診察は、検査結果を代理の先生が伝えてくれたので、
今日は担当医が内容をおさらい。

「胃の2分の1を切除します」

・・・あれ?3分の2じゃなかったっけ? 笑
もうこの際、どっちでもいいや 笑。

「・・・で、22日から入院、24日手術と言っていたんだけどね、
都合が悪くなってね、
25日から入院、28日手術に変更になりました。」(アッサリ)

・・・・・・・・・・!!!!!
マジですか・・・。
入院日とか手術日ってそんなに簡単に変更になるものですかー?!

入院予定日の4日前に、日程変更になるとは。
仕事を休む手配とかしちゃったのに。。。
母親も仕事を休んだり、上京するためのチケットの準備とかしてるはず・・・。

と言ってもしかたないので、大人の笑顔で了承^^;

ゴネたとして、都合の悪い中、無理矢理手術してもらったり
今更、代理の先生に手術されるのは、私だってイヤだ。

そして、前から先生に聞きたかったことがあるので
思い切って聞いてみる。
いつも待っている人が多いし、先生は忙しそうだから、なかなか
質問とかできなかったんだけど、これは聞いてみたかった。

「先生、私、いつからがんになっていたと思いますか?」

あまり後ろを振り返ることはしたくないのだけど、
どうしても気になった。

「う〜ん、もちろん個人差はあるから断定はできないけどね。
この大きさだったら、5年くらいは経ってるでしょうね。

えぇぇぇえええ!!5ねん?!
怖いんですけど・・・。

先生の補足。
「だからといって5年前に検査していれば良かったのかというと
そうでもなくて、5年前ならまだミクロのサイズだから発見は
できなかったでしょうね。
発見できるくらいの大きさになってからは2〜3年経ってるかな。
その質問をする人は結構多くて、『●年前』って言うと
『あのときストレスが多かったから〜!』という反応する人が
多いけど、ストレスとは無関係だからね。」

5年前、ということに衝撃を受けつつ
その後、麻酔科に行き、説明を受ける。
麻酔は麻酔専門の先生がいるようである。
ちょっと安心〜。

内容は、だいたいこんな感じ。

・術中、術後は麻酔を使います。
・副作用が出ることがあります。
・前歯が折れたりすることもあります。
・可能性は低いけど死ぬ人もいます。
・とは言っても麻酔をしないと痛くて手術なんてできないので同意書にサインしてください。


硬膜外麻酔という、背中に管を入れる麻酔を使うらしい。
ネットで闘病記を検索したときに読んだから知っていたけど。
背中に管って、、、
背中に管って、、、
なんか痛そうだなあ・・・イヤだなあ〜〜。

病気になると、痛そうなこととか、痛いことととか
そんなことばっかりになります。

はじめてのバリウム検査

May 16 [Wed], 2007, 23:04
胃カメラ検査は2回しているけど、
今度はバリウム検査。

手術前に、胃の位置や大きさを調べるためとのこと。

検査着に着替えて、廊下の椅子で待っていると
注射器を持った医師?技師??が登場。

闘病記などから、事前に筋肉注射をうつことは知って
いたが、まさか廊下で行われるとは。。

これ、うわさ通り、、、痛かった><
注射後も筋肉の奥の方に鈍痛を感じるというか。。。

う〜〜いた〜〜〜い〜〜 って固まっていると
横に同じポーズの人が二人いた。
みんな痛いらしい。

検査室に入り、シュワシュワ発砲する粉末を飲み、
かの有名な白くてドロドロした液体を飲む。

美味しくないし、ドロドロしているので飲みづらいけど
まぁ、飲めなくはない。
スタバのグランデくらいのサイズはあります。

技師の先生に、絶対にゲップをしないように強く言われる。
ゲップをしたら、あの液体セットの飲みなおしになるらしい。

そして、ゆっくりと回る機械に乗せられる。
横向いたり、前向いたり、足より頭の方が下になるくらい台が
回ったり、息を止めたり、先生に体をシェイクされたり、、、

色々するのだけど、その間ゲップはずーっと我慢。
技師の人と二人密室で、私だけぐるぐる回っているのが
なんだか可笑しくて仕方なかったけど、もちろん笑いも我慢。

時間を見るのを忘れたけど、15〜20分くらい。結構長かった。
撮影している画面が見たかったけど、画面の方を向くと
上手く撮れないらしく、ダメと言われた。見たかったのに。。

私の周りでは、バリウム検査が大の苦手って人が多いのだけど
私は、苦痛度は低かったです。
淡々と終わりました。

最後に下剤をもらって、有名な「白いう●こ」とのご対面を
楽しみにしながら、帰りました。

復活する(早)

May 15 [Tue], 2007, 1:34
告知以来、本格的に落ち込んだのは初めてでした。

最初にカミングアウトした友達Kちゃんにサプリのことと
「セカンドオピニオンをしてみたいんだけどどう思う?」と
メールをしてみる。
(困ったときばかりいつも頼ってほんとごめんね&ありがとね)

「それも悪くないと思うけど、あまりにも時間がなさすぎるんじゃないかな?
私だったら手術するよ。
だって、サプリが効くかどうか自分で判断できないから。
自分で判断できないことは、お医者さんに任せる。」
という、なんとも彼女らしい返信がすぐに返ってきた。

一晩+半日くらいモヤモヤしていたものがスッキリ落ちた!

冷静に考えたら、セカンドオピニオンをして、例えばお医者さんに
「3分の2も切る必要はないですよ。内視鏡手術で十分でしょう」とか
「とりあえずサプリメント飲んで様子みてみましょう」とか
言われたところで納得できるのか?

私の性格からすると、
「どっちが正しいかわからない。内視鏡の方が負担が少ないけど、
それでがん細胞が残って、よけい酷くなったらどうしよう。。。
後で後悔するくらいなら、バッサリいった方が・・・いやでもサプリも・・・」
とかいってウジウジするに違いない。

担当医に初めて会ったときに、信頼できると思った。
この先生に手術してもらいたい!と思った。

その自分の直感を信じることに決めた。
(セカンドオピニオンを受けに行くのが面倒というのもあった・・・
 この期に及んでも面倒くさがりな自分に呆れる・・・)

そしてその夜、上司から借りた例の本で紹介されていたサプリを
ネットで注文する。
届いたら、手術の日まで毎日飲むことにするのだ。

少しでも小さくなったりした方が手術の成功率上がりそうだしね!
術後も落ち着いたら、再発防止のために飲むことにしよう。

まだ死にたくないから、自分でできること、可能性のあることは
全部すればいいんだ。
サプリも手術も、できることは全部しよう!
って思ったら、また前向きに頑張れるようになった。

でも、あの本はもう読まない・・・(笑)。
でも、上司が私を元気付けようとして、どこかからか入手して
わざわざ会社に持ってきてくれた・・・その気持ちだけは
ありがたくいただきマス。

とっても落ち込む

May 14 [Mon], 2007, 1:23
検査結果発表の後、午後は会社へ行った。
我ながらたくましいな〜、と思うけど、お財布事情も厳しくなってきているのだ。

上司に呼び出され結果を聞かれた。
上司は心配してくれていたようで
「がんについて良い本があるから貸してあげる。
それを読むととても元気付なって希望を持てる本だから。」と言われた。
ありがたくお借りすることにする。

この日、寝る前にそれを読んでみた。
内容は、
がんは手術や科学療法を使わなくても治る。
むしろ治療こそが体力を奪い、がんを進行させる。
キノコのサプリを飲むとがんが治る。
治ったという報告は多数。
もちろん100%ではない。
といったものだった。

告知をされてから、ちょこちょこ泣いたりはしていたけど
割と元気に毎日を過ごしていた。
でも、ここにきて急に考えてしまう。

サプリで治るのなら、手術なんてしない方がいいんじゃないの?
一度切ってしまった胃は二度と戻すことはできないのに!
手術という選択は間違っているんじゃないの?

でもそんなことしている間に転移して取り返しのつかないことに
なったらどうするの?!

そもそも本当に私の胃は3分の2も切る必要があるの?
それは確かなの?
先生の診断が正しいって確証はあるの?
セカンドオピニオンを受けた方がいいんじゃないの?

手術予定日まであと10日。
毎日仕事は入っている。
会社を休んでセカンドオピニオンを受けに行くか。
いや、そもそも手術をするのか。
どうする、どうする・・・。

そんなことを考えていると、ついに
なんで私だけこんな目にあわなくちゃいけないの?
みんな元気に楽しく過ごしてるのに!私だけなんで??
という感情が出てきて、悲劇のヒロインモードへ。。。

今まで、深く考えないようにしていたこと
抑えていたことが一気に溢れ出てきて
悲しくて悲しくて、わんわん泣いた。。。

会社のこと

May 14 [Mon], 2007, 0:43
胃がんになったことは、前に書いたように
上司に報告しました。

そのときに「みんなへの報告はどうする?」と聞かれ
「今はまだ言いたくないです。」と答えました。
がんだと人に知られることに抵抗はなかったのですが、
変に気を使われるのがイヤだったのです。

極端に悲しまれたり、哀れまれたりするのも、自分の
気持ちが動揺しそうでイヤでした。

でも、もう1ヶ月半くらい週に1〜2回は会社を休むか半休を
とる生活が続いています。
一応「胃の具合が悪いから」ということは伝えていますが
いくら派遣とはいえ、明らかにおかしいです。

でも、その会社の人たちは、仲良くもしてくれるし、具合の
心配もしてくれているのに
誰一人として、何故何度も病院ばかり行くのか、とか、
診察結果はどうなっているのか、とか聞いてきません。

私はそこにみんなの優しさを感じました。感謝〜。

やっと入院と手術の日程も決まり、休職することも決まったので
そろそろちゃんとお話したいと思いました。
上司に、そのことを伝えると

「言わないほうがいい」
とのこと。。。

1ヶ月もお休みをいただくのだから、ちゃんと理由を話したい
ということを主張したのですが、彼は一度言い出したらとっても頑固で・・・
「具合が良くならないから仕事を休む」ことにしなさい、とういことになりました。

この日のミーティングで上司からみんなに私の休職を
伝えるとのこと。
ミーティングの場で、上司が発した言葉は・・・

「Qooさんは、体調が悪く、医師の勧めもあって
1ヶ月ほど休養をとることにしました。」

・・・・・・・・・。
なんか・・・
なんか・・・

これじゃあ、仕事がイヤで病んだ人みたいじゃないか。。。

胃が悪いことと入院することくらいは言うと思っていたのに。。。

私のことを心配して色々考えてくれた結果と思うので
無下に否定できないし・・・。
とっても憂鬱です・・・。

ミーティングが終わったあと、女の子だけで片付けしていたら
一人の方が「実家に帰るの・・・?」って聞いてくれたので、
上司には申し訳ないと思いつつも、「胃が悪いのでちょっと
入院することになった」ということだけバラした。
それで、やっと、ちょっと、気が軽くなったーー。

退院して帰ってきたときは、絶対にちゃんと話そう!と
心に堅く決めたのでした。。。

待ちに待った検査結果

May 11 [Fri], 2007, 21:09
診察2回目 結果発表の日

各種検査の結果を聞く日。
この日は担当の先生はお休み?らしいのですが、早く結果を聞きたいと
言ったので、代理の先生の診察。

検査の結果を待っている期間が、本当にイヤだった。
怖いけど、この日が待ち遠しかった。

「がんではありませんでした」とか言われたらサイコーだけど
あまり無駄な希望は持ちたくないので、それは考えないようにした。

一番怖いのは転移。胃から転移したのならまだしも、
どこかから転移してきたがんを胃で見つけただけだったら、
かなり進行してそう。

転移があるって言われたら・・・立ち直るのに時間かかりそう。
いや、どうやって立ち直っていいのか、その術もわからない。

胃だけで済むなら手術は全然問題なし!
と思うようにした。

さすがに緊張します。

結果は、、


結果は、CT等で認められる転移はなし。
(CTに写る大きさに達していないものがある可能性もあるので、現時点では
見つからない結果、という補足。なるほど。)
がんは粘膜の2層目まで達しているが、早期がんである。
手術は腹腔鏡を使用しての手術。
5センチを一箇所、1センチを5箇所切る。
胃の3分の2を切除。
入院・手術の日程も仮予約をしてくれていた。
22日から入院、24日から手術。

気になっていた質問をしました。
運動してもいいですか?
(運動をして細胞を活発化させると転移が進むのでは?説があった)
→問題なし。転移とは関係ない。むしろ手術の体力をつけるために
 積極的に運動するように。

生理痛がひどいのですが、子宮がんは大丈夫ですか?
→今のところ疑いはない。気になるなら落ち着いたら子宮がん検査にでも
 行ってください。
(ありゃ、意外に冷たいのね・・・)

内視鏡手術だったらいいなと思っていたのは、無理だったけど、
開腹ではなく腹腔鏡でできるみたいだし
何より転移がなかったから、とりあえず満足。

年齢的にも、好み的にも、ヘソを出すようなファッションはしない。
特に水着を着る予定もない。
最後に水着を着たのが何年前かも思い出せないくらい。
でも・・・
これがオンナゴコロなのかしら〜〜
お腹を切ると決まったら、やっぱり切なかった。。。

それでも、それでも、
イヤなことはもう一刻も早く済ませてしまいたい気持ちが強かったから
早く手術してしまいたかった。
入院日の手配をしてくれているのも嬉しかった。

結果を待っている間は、モヤモヤして完全に晴れた気持ちに
なれなかったけど、敵も目標もハッキリしたのでスッキリした。


あとは手術に向かうのみ!
もうジタバタしても何も変わらない。
それまでに私にできることは2つ。

運動して体力をつけるのがいいならいっぱい運動すること!
ナチュラルキラー細胞を増やすため笑顔で前向きに過ごすこと!

入院予約の手続きをして病院を後にした。
夜はジムに行ってせっせと運動をした。

親も結果をずっと待っていて、早速報告の電話をすると、
「やっぱりがんだった」という結果にガッカリしてた。
ごめんねー。でも仕方ないのだー。頑張って治すからー!

がんについて調べる

May 03 [Thu], 2007, 1:17
私は周りから「検索ちゃん」と呼ばれるくらいの検索魔。
気になることがあれば、何でも調べるのが好き。
ネットが登場してからは、何でも検索検索〜。

でも、

がんのことは検索できなかった。

怖かった。

家族に話して、前向きに進むって決めて、やっと
がんについて、これからの入院や手術について
ちゃんと調べたいって気持ちになれた。

ゴールデンウィークで時間があったので、
がんについて調べて、いくつか闘病記も読んだ。
闘病記は、これからの検査や手術の流れがわかり
本当に参考になった。

告知から入院までのあたりは、
「そうそう〜!わかるわかる〜!」って頷けることも
たくさんあった。

また、自分と同年代や年下でもがんになっている方が
たくさんいることも知って、自分も頑張ろうって思えた。

気になっていた費用の面もだいたいの目安がわかった。

でも、手術の話は当然ながら痛い話が多くて・・・
もうすぐ自分も体験するとわかっていて読むと
なんとも言えない臨場感がある。。。

ほんと便利な世の中になったな〜〜
ネットがあるのとないのとでは、全然違ったと思う。

とか思いながらも、やっぱり怖くて、ベッドで
かなり泣いた。
で、やっぱり検索ちゃんはしばらく封印することにした。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Qoo
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる
2007年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像きり
» 入院 (2015年08月20日)
アイコン画像cherry
» 入院 (2015年04月09日)
アイコン画像QOO
» 入院 (2014年11月01日)
アイコン画像遠赤外線鉱石温熱シート
» 入院 (2014年10月31日)
アイコン画像遠赤外線鉱石温熱シート
» 入院 (2014年10月31日)
アイコン画像りん
» 入院 (2014年10月29日)
アイコン画像花まま
» 入院 (2014年10月10日)
アイコン画像ちょこれーこ
» 入院 (2014年08月14日)
アイコン画像京さん
» 入院 (2014年06月15日)
アイコン画像青森のママ
» 入院 (2013年11月22日)
Yapme!一覧
読者になる