ハロウィン。 

2008年10月31日(金) 1時37分
ハロウィン。

これが終わると、一気に冬な気分がやってくる。
そして、年末へのカウントダウンが始まる。

あっっ!もう、今年いちねんが終わりなのっ!て。
ちょっと、あせってしまう。

冬って、どうしても寒いイメージがあるけれど、
こころの火は消さないで、頑張っていこうって思う。

情熱が指の隙間をこぼれていかないようにね。

仕事だって楽しい(ハズ)。 

2008年10月18日(土) 21時18分
今日は、ご飯を食べながらSさんとお話をした。
自分と余り変わらない歳だと思いながら、
している仕事時間の長さにびっくり。

最近は、もう慣れちゃったと言いつつ、
それをこなしていこうとする姿が格好良かった。
残業しないで、濃い仕事したいな、負けないくらいに。
そう、思った。

こういう人のつながり本当にありがたい。
すごく刺激になった。
また、機会があるといいなって思う。
ありがとう。

大好きだけど。 

2008年09月20日(土) 0時28分
大好きだけど、踏み出せないことがあって。

大好きだけど、言えない言葉がある。

大好きだから、いっぱい計画するんだけど。

うーん、どうしたらいいんだろうってモンモンとしてしまう。



・・・そんな仕事場。

やっぱり、仕事場で温度差があるのは、結構にやりづらい。
好きなことが仕事なのだから、愛着もあるし熱中しちゃうけれど、
それについていろいろ計画するけどを共感してもらうのって、難しい。
空回りになることも、多いしね。
ま、まずは自分の仕事をしっかりやることと、
しっかり段取りつけていくことかな。


「けど」がなくなるように、がんばるのだ。
スマイル、スマイル♪

好きなことと仕事 

2008年07月18日(金) 0時15分
わたしは、舞台が好き。
年々、観る回数も範囲も広くなってきた。

観てばかりでなく、お手伝いもするようになって、
「手伝い」⇔「観る」っていう生活もしてみたり。

でも、趣味の世界で完結していたけれど、
4月からは、ほど趣味に近いお仕事を・・・。

よい点は、観劇に行く際、家族に「仕事」の一部ですから
って言えること。

でもね、好きなことを仕事にすることって、
終わりがないから、けっこう大変〜。

だって、こだわっちゃうんだもん。

でも、せっかくみんなが楽しみに来るんだから、
ちょっとしたことで、残念な気分になってもらいたくない。
そんな気持ちで、イロイロと頑張っちゃいます。

だてに、パークのサービス観察暦も長くないので。

おもしろいくらいに、イロイロと目に付きます。
そんな訳で、週末は、イベントでございますので、
頑張ります〜。って、家でも仕事するの。。。

笑顔と涙。 

2008年07月14日(月) 11時24分
泣き顔と笑顔と。
どっちが、いいのだろう。


先日、祖父が亡くなりました。
隣の市に、仕事の関係でラジオの収録に行って、
職場に戻ると、自宅から職場に電話が。
「なんだか今度は、危ない様子」って。

一度、病院へ戻って、埒があかないからということで、
昼休みに職場へ戻る。

昼ごはんを食べて、歯を磨いていたら、
家族からの電話。
「12時46分に、亡くなりました・・・」って。

周囲から、午後から休むように説得され、
休みの申請を。

なんだか、バタバタしたまま、自宅へ帰り、
家族がまだ帰っていなかったので、近くの
お菓子問屋へ茶菓子を買いに(←自発的に)。

ここ数ヶ月、ご飯を自発的に食べることができなくて、
祖父は、ずっとのどから食事を摂っていました。
だから、苦しそうな日が多かったのに。

帰ってきた祖父の表情は、とても安らかでした。

まだ、亡くなった実感がなくて、
小説のように、ふと起き上がるような気がして、
ドライアイス置いたら、目が覚めたらやけどしちゃうよ。
なんて普通に心配したり。

葬儀のため、いよいよ、お布団から、棺の中へ入るとき、
銅貨の紙をちぎったりといろいろ不思議な儀式があって、
「ちゃんと歩ききれるように、足さすってあげてくださいね〜」
って言われてさすっていたら、なぜか、大粒の涙がぽとぽと・・・。

亡くなる直前の、足の冷たさを思い出したのかも。
最後にしてあげたのは、足を暖めてあげたことだから・・・。

そして、お葬式でも、「笑顔写真の祖父」を見ていたら、
涙が止まらず。献花では、視界が曇るくらいに。
お花と一緒にわたしの涙も棺に納めちゃいました。

ふたたび、言葉を聞いたり、想いが伝わることはなくて、
でも、確かにそのひとの生き方は、
わたしの中に息づいていて、勇気を与えてくれる。

涙だけでなく、笑顔でいるのは、
悲しむよりも、前にある仕事を着実にこなすことを、
望んでいることが分かるから。

頑張ろうと思う。負けない心で。

「夢(理想)プラス努力」 

2008年07月04日(金) 23時48分
今日も、仕事場で会議があったけど、
おもしろいくらいに「理想と現実」を感じます。

職場での「自分の位置」って何だろうって思うけれど、
自分の仕事もちゃんとでてきないヤツに発言する権利は、
「ない」って思うので、

もっと、もっと、がんばって、余裕で、
「○○できますよ〜。やりますよ、こうしましょうよ」
って言えるようになりたい!

自分のやりたいことや、大きな理想や夢があって、
その場所にいたとしても、ただ言うだけじゃなくて、
金銭・時間的な準備も必要だし、知識も必要だけど、
「自分から動ける環境を整えておくこと」が、
やっぱり一番重要だと思う。

そのためにも、もっと雑務スキルや、
スケジュール管理を頑張らないと。

秘密裏にも、いっぱい動かないと(笑)

集中力で。 

2008年05月26日(月) 23時43分
ふと、雑誌を読んでいたら、
仕事は同時進行じゃなくって、ひとづつ片付けた方が能率的だよって。
今のわたしには、必要なことなのかもね。って、ちょっと思った。

「あとで」を繰り返すと、「あと」がいつかわからなくなっちゃうもんね。

時間が解決してくれることもあるけれど、
もっと自分の力で出来ることならば、頑張ってカタチにしていきたいです。

何にしても、「集中力」かな。
ちょっと思った。
本気だって、「集中力」必要だもんね。

2ケ月ほど、仕事に趣味に忙しくなりそうだけれど、
キラキラ輝いた生活が送れますように♪

何かを表現すること。 

2008年05月15日(木) 1時06分
絵、歌、ダンス・・・、仕事でも

何か生み出すことを

走り出すことを

痛みを伴うことを

指先から生まれるその瞬間

こぼれていく瞬間

そのキラメキが、「表現」


*************
お休み中に、とある公演のDMの封筒裏に書きなぐった言葉です。
(他に、周囲に白い紙が見当たらなかった)
たぶん、踊ったり、歌ったりしていたんでしょうね。
想いがあるから、表現したいと思う。
その原動力は、やさしさであり、怒りであり、悲しみであったり。
あ、悩みもあるね。
でも、こういうチカラって、生きる楽しみの「ひとつ」だと思う。
表現ってアプローチの仕方がたくさんあったりする。
すべてが、同じように伝わるわけじゃないし、奥深い。

「謙虚さ」と「お勉強」 

2008年04月22日(火) 21時42分
今日、職場の上司とお話する機会があって、いただいた言葉。
1に謙虚さ
2に勉強
知識を持って、謙虚にお客さんと接することが大事って。
今年からの自分の職場は、いわゆる文化人が多いので、
いままでの仕事より、繊細さが必要なんですよね。
がんばります!

磨けば光る。 

2008年04月17日(木) 18時26分
何かの金属を布で拭いたはずみ、

ピカピカって光りだした。

そんなこと期待してなかったからびっくりした。
自分の顔まで、はっきり映りそうな。

わたしも、同じように磨けば輝くような存在でありつづけたい。

ふと、そう思った。

こころも、ちょっと輝きをとり戻したみたい。
2008年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる