市販の白内障に良い目薬!クララスティルの効果と口コミは本当!? 

August 31 [Sun], 2014, 22:49
白内障の目薬は今まではどれも進行を遅らせるだけでしたが、2012年にアメリカで特許をとった白内障の点眼薬CAN-Cは唯一、白内障を画期的に改善することで評価を受けています。

10年にわたる臨床試験の結果、安全性と効果が認められています。有効成分はNアセテルカルノシン(NAC)ですが、これを含有する目薬は2つだけで、一つはクララスティル、もう一つはCAN-Cです。

実は2つともロシアのマーク・バビザエフ博士が開発したもので、アメリカとイギリスで販売されているのはCAN-C、主にヨーロッパで販売されているのはクララスティルと商品名が異なっています。

どちらも海外で販売されているので購入するなら輸入品を買う必要があります。ニセモノが出回っているので購入の際は正規の販売代理店で買う必要があります。

白内障の手術で失敗するリスクとは? 

August 31 [Sun], 2014, 22:49
白内障の手術は混濁した水晶体を取り除き、眼内レンズを挿入して視力が回復するようにします。小さな穴を開けて器具を挿入して行うので傷は小さく済みます。

手術が終われば翌日から眼帯を外すことができます。ただし白内障の手術にはリスクやデメリットがなくはありません。それは合併症です。

バイ菌が目のバカで繁殖して目の組織を溶かしてしまう感染性術後眼内炎です。めったに起きない病気ですが、気をつける必要があります。

他にも水晶体嚢が破れる破嚢、チン小帯断裂、それに出血や網膜剥離、角膜混濁、眼内レンズがずれてしまうことなどがあります。治療時期を逃すと後遺症になりうる可能性もあります。

いずれにせよ、目にメスを入れるとこれらのリスクがあることは理解しておかないといけません。

幸い、Nアセテルカルノシン配合の目薬CAN−Cのように白内障の改善に効果のある薬も販売されているので、手術を避けたい人は利用するのも手かもしれません。