本の虫 

October 01 [Sat], 2016, 19:35
一度本を読み出すと全てを犠牲にしかねないほど
本の世界にどっぷり浸かること、赤毛のアンの如し。
そんなあたしが異動以来、めっきり本の虫になっている。
ちょいちょい家事サボっています。ごめんねだいちゃん。

というのも、通勤が長いから。
仕事ではアホみたいな集中力を発揮するくせに
家では映画すら満足に観られないほど気が散りがちなあたし。
(だから映画館派)
だからヒマな休日がどれだけあってもほとんど読書してこなかった。
せいぜいマンガ。
何もできないけどヒマな時=電車や飛行機に1人でいる時。
こんなシチュエーションにもならないと本読めない。嫌だねー。

通勤は、8月まで通っていた本社
(家から2駅、通勤30分)からさらに遠い。
小田急線に乗り換えて3駅、
日本一の乗車率と言われる激混みの
東急田園都市線に乗り換えて21駅(爆)。
もっとも、田園都市線は長過ぎるので
途中の長津田駅で準急に乗り換えるから
止まる駅はもう少し少ないんだけど。
しかも激混みの車内は辛過ぎるので
準急を2本見送って座れるようにしている。
(準急は長津田駅が始点)
90分の通勤時間。長いねー。
同じ時間を辛い思いしながら立って過ごすより、
少し早く出て座って読書する方がよっぽど有意義。

そんなわけなので、9月に3冊読んで、先ほど4冊目を読破。
「ギケイキ」町田康
「祐介」尾崎世界感
「のぼうの城・上」和田竜
「のぼうの城・下」和田竜

「ギケイキ」は源義経の歴史コメディ。
一応時代小説なのに横文字のオンパレード。
しかも義経が現代で当時の話を振り返るという謎のシチュエーション。
町田節炸裂でおもしろすぎ。続きが早く読みたい。

「祐介」はクリープハイプの尾崎さんが書いた小説。
歌詞やちょっとした読み物からも
その言葉の才能を発揮していたけど、小説も本当によく書けてた。
クリープハイプの歌は本当にリアルで生々しいけど、
小説はそれすらも通り越して「生臭い」という表現がぴったり。
半自叙伝ということで、だからあんなに辛そうに歌うのか…とか
だからこんな歌書いたのか…とか、
クリープハイプの音楽を理解する上では重要なキーともいうべき作品。

「のぼうの城」は、買ってあったのに読めていなかった本。
少し前にハンバーガーを食べに行った時にたまたま知った
埼玉県は行田市・忍城が舞台。
もともと小説には興味があったものの、
まさかこんな形で出会うことになるとは思わなかった。
下巻を先ほど読み終わったけど、本当におもしろかった。
江戸とは違う戦国武将の哲学や生き方がよく描かれていて
こちらまで雄々しい気持ちになるような、
でも武力だけの話ではない、熱さと温かさを持ち合わせた話。

読み終わったら映画版も観よう!と息巻いていたものの
キャストを見て興味をなくした。ダメだありゃ。
野村萬斎は大好きだけど、彼がのぼう様の役というのも違う…
脇を固めるキャストも、合ってる人もいるけど全体的にイマイチ。
同じことを思っている人はネットの中にもいるようで、
「のぼう様の役が合いそうな俳優は荒川良々」と言っていて
「それだ!」と思った。彼以外いない。
誰かリメイクしてくれないかなー。

ケータイのない1週間は実に不便だった。
明日ようやく買いに行ける。よかったー…

異動の話 

September 25 [Sun], 2016, 16:31
さっきiPhoneを床に落とした。
当たりどころが悪かったようで、そこから一切電源が入らない。
あー、ついにお別れの時が。
なので次のお休みまでケータイ無しの生活。
それほど困らないし、ちょっと前にバックアップもとったので
状況は思ったより深刻ではないんだけどね。

さて、9月1日の異動から3週間あまりが経過。
事務所の場所から制服まで全てが変わり、心機一転の生活に。
とはいえ、異動先もみーんな知り合い。
こういう時、広報の仕事をしていて本当によかったと思う。
異動したところは商品企画という、マーケティングに近い仕事。
つまり、あたしの広報活動が社内から社外に変わった。
ちなみに昨年度までだいすけがいた部署。

社内報の仕事は卒業することになってしまって、
まだまだやりたいこともたくさんあったんだけど
会社の方針なので仕方ないね。
でも前の部署はかねてより出たいと思っていたので
異動を言い渡された時は思わず「よっしゃ!」と言ってしまった。


とりあえず今回は、新しい上司3人の話。
リーダー:
今年の4月に開発から、だいすけとトレードという形で異動。
もともと喫煙所でよく話していた仲のいい人。
5歳年上で、元ヤンだということは見た感じですぐ分かるものの
子供の少年野球に休みのたびに出かけていく子煩悩。
異動するまであたしを呼んだことはなかったけど
歓迎会で「呼び方どうしよう?」という話題になり
「なつみ」と呼ぶことになった。
(みんなだいすけと関係が深いので、名字で呼ぶと紛らわしい)

マネージャー:
だいすけの元上司なので、もともと時々飲む仲。
異動前からあたしを「なつみ」と呼ぶ。
ライフセーバーの仕事をしていたのもあって体がデカイ。
でも性格はとても繊細でピュア。
前は営業の仕事をしていたため気遣いにおいてはピカイチ。
趣味は釣り。

部長:
マネージャーとは同期で仲良し、これまたデカイ。
明るくて穏やか、おもしろい人。
あたしがある夜フロアで1人ぼっちで仕事をしているのが
すごく寂しそうに見えたようで(よくあることだったんだけど)
「オレの所来る?」とあたしに言ったところから異動を決めた。
すごく人見知り。でも慣れるとすごくフレンドリー。
異動初日はハイタッチで「よく来たね!」と迎えてくれた。
部長という立場でさすがに呼び捨ては…といらん気を遣い、
「なつみちゃん」と呼ぶ。


そんな3人なので、不安は全くなく。
ホント頼れるというか、どっしりと構えている。
初日から気に掛けてくれて可愛がってくれている。ありがたいね。
不安らしい不安というか、気になることといえば
「女性と仲良くできるかどうか?」
本社では男子としか遊んでいなかったし、
仕事で女子と絡むことが皆無だったから
これからどうなるかだよねー。
もともと人間の女が好きではないからね、一部を除いて。

ダーツの話 

July 16 [Sat], 2016, 22:37
今日はちょっと調子が良すぎた。

昨日はだいちゃんとおとこともだちと3人で夜会。
かつてブレイクダンスをやっていたくらい
運動神経がいい(はずの)おとこともだち、
なのにみんなが「なんで?」って思うくらいダーツだけ苦手で
それでもめげずに自分の投げ方をストイックに追い求め続け
淡々と投げているうちにめきめき追い上げてきて
夜王も脅威に思うほど。
昨夜、あたしとだいちゃんの調子を吸い取って
レーティングを一夜にして0.5上げて見せた。
(つまり、あたしとだいちゃんは2人して負けまくり)
0.5上げるって本当にすごいこと。
掴んだら一気に来るとは思ってたけどついに覚醒したっぽい。
ヤバイ。

というわけで昨日0.14レーティングを下げて
5.01というギリギリ状態のあたし。
おとこともだちが強くなってきたことが喜ばしい反面
あたしがまた4に転落するのは嫌だ!
というわけで、今日もせっせと投げに。
昨日、01のスタッツでアベレージ-0.9という悲惨な結果を出してしまい、
これを取り戻すためには1日投げただけでは
きっと無理だろうと思っていたものの
今日はやたら調子が良くて+2.34。
ちょっと自分で怖くなるくらいポンポン入った。
投げればブル(真ん中)に入る感じ。
たまにこういう日がある。
でもこうやって激上がりした次はだいたい入らなくて
またどーんって落ちるんだよね…
明日はレーティングが5.33まで上がる!
なんと夜会2位。びっくり!
三日天下でもいいもんね。うれしい!

昨日は、おとこともだちが投げている姿から学ぶものがあった。
楽しくワイワイ投げてはいるんだけど
どことなくやっぱり淡々としているというか。
本当に感情の波がなくて、いつも凪いでいる感じ。
表に出さないんだよね。大人。
その一方で「えいっ!」とか言いながら
投げるからかわいいんだけど(萌)。
今日はその彼のひたすら冷静な姿勢からの学びが活きた気がする。


今、夜会でお揃いのゲームシャツを作ろう計画が進行中。
ダーツシャツはTシャツじゃなくて、
ポロシャツか開衿のボタンシャツと決まっている。
夜会の有志(いつものメンバー)がアイディアを出し、
あたしが会社のPCで描き起こしてアレンジ。
シャツの色も考えてテイストを変えたりしながら
あーでもないこーでもないとワイワイやっている。
これが本当に楽しい!
いつもはマンガ喫茶で投げてるけど、
この時はゴハン食べて飲みながら。
次回はビリヤード部長も呼んでさらに細かく話し合い。
全てはあたしの腕にかかっているので不安もあるけど
楽しく作ればきっと可愛いシャツができると信じて。
がんばります。

近況よもやま 

June 21 [Tue], 2016, 19:31

会社の屋上に見たことのない色の卵の殻が落ちていた。
調べたら、よく遊びに来るハクセキレイじゃなくてムクドリの。
ムクドリ、あんまり来ないんだけど…
屋上はキノコも生えるけど鳥がおもしろい。
先日そのハクセキレイが求愛ダンスをしているところを
タバコ組みんなで目撃したと思ったら
そのすぐ横に設置してある空調の室外機の中に巣を作ったらしく
最近ヒナらしき声がピーピー鳴きまくっている。
親鳥が出たり入ったりして忙しそう。
かわいいなぁ。小鳥大好き。大きい鳥も好きだけど。


そして我が家のクチナシが咲いた!
八重咲きもかわいいけど、我が家はマルバクチナシ。
実はつかないタイプ。花は一重、花びらが丸い。


日曜日、カラーコーディネーター検定受けてきた。
過去問を解いた時、問題数の少なさに驚愕して
「まさか本番がこの分量なワケない」と思っていたのに
本当にその少ない問題数だった。
なのに試験時間2時間。
計算も筆記もない、ただのマークシートなのに。
逆に2時間まるまるかける人の気が知れないと思いながら
試験時間30分で提出して帰ってきた。
たぶん大丈夫だと思う。
カラーチャート配られたのに全く使わなかった。
使う問題はなかったはず…逆に怖い。

いよいよ明後日 

June 17 [Fri], 2016, 20:34
緑化されている会社の屋上に連日キノコ生えまくり。
1日で枯れちゃうけど、雨上がりにはまた次の奴らが大発生。


社内報のみならず、会社中から依頼を受けてイラストを描くことが多くなって
3年半前に色彩検定3級を取ったのをきっかけに
よりいいものを描きたいを思うようになり、
色彩やデザイン関係の資格をたくさん取りたいと思うようになった。
色彩検定も最初は軽い気持ち。
配色に悩むことが多くて、
感覚や好みで決めるのに限界を感じていたんだけど
それが少しでも軽減されたらいいなと思って。
そしたら少し勉強して知識をつけただけで、
色に関わる決め事に理由を持てるようになった。
言葉で言うとそれだけ?って感じだし、
他人が見ればあまり変わらないのかもしれないけど
自分の中では思いのほか大きな効果だった。

色彩検定をそのまま2級受けようかと思ってたんだけど
カラーコーディネーター検定にも興味があったので
交互に受けていこうと思いながら忙しさに追われ
あっという間に3年半の月日が経過。
今回も勉強期間が1ヶ月と激短だけど、なんとかやってる。
仕事が終わった後、会議室に勝手に入り込んで
夜遅くまで勉強の日々、家事ほとんどしてない。

色彩検定3級はかなりチョロかった。
テキストも薄かったし、最初からけっこう実践的。
カラーコーディネーター検定も3級なら簡単かな?と思いきや。
テキストは分厚いし覚えることが山のように。
理論どっぷり、実践的な話がほとんど出て来ない。
何の勉強してるんだっけ?と思うくらいに
自然科学・生物・医学・心理学・日本史・世界史・経済そして物理!
ほぼ理系の教科書だった。
色の正体は光。
その光と、それを見る目について勉強しないとダメなのね。
3級でこんなにヒーコラ言ってる自分に不安を感じつつも
なんだかんだで検定日は明後日。
過去問は合格ラインに達しているので、少し安心したものの
まだまだ油断できない状態。
なのに明日は1日勉強できない…ので、今日は会社休んで図書館に引きこもり。
さっき帰ってきた。
明日は朝早いけど、今日は時間の許す限りテキストとノート見て復習!
がんばってきます。

ランチを食べたお店の花壇にいたクマバチ。
羽音がすごい。さすがクラシックの曲になるだけあるよね。
一生懸命忙しそうに花の蜜集めてた。かわいいなー。

今のうちに 

June 12 [Sun], 2016, 12:05
金曜はおとこともだちとデート。
だいちゃんが飲み会だというのでその日にしたものの、
直前になってドタキャンに。
でもあたしは行っちゃうもんね、留守番よろしくだいちゃん。

というわけで、今回も安定の終電逃し。
いつも「そんな夜遅くまで何の話してるの?」と聞かれるけど
何せ8時間とか一緒にいるのでいろんな話をする。
今回は後半が重大な話になり、
珍しくおとこともだちがひたすら話す展開に。
決して暗いだけの話ではないものの、
あたしは悲しい気持ちと切ない気持ちでいっぱいに。
頭では理解できてるけど、気持ちの整理がつかない状態。
時間が経てば解決できるでしょう。
でもなんか、本当に悲しい話だった。

その後はお互いの友情について、なんかハズイ話に。
お互いシャイなのでそういう話も酔っぱらわないとできない。
分かったことは「お互い、ただの友達だと思ってない」ということ。
他の人には絶対話せない話ばかりしてるからね。
その事実だけであたしは十分。

そんな崇高な話をしてお開きになったのに
帰りのタクシー乗り場に並んでいたら
後ろに並んでいた品のないおばさんが
「若いっていいわね、これからホテル行くんでしょ?」
あたしが「そんなんじゃないですよ〜」と笑って受け流してる横で
「そんな古くさい関係じゃないんで(真剣)」
と言い返したおとこともだちはマジで男前だと思った。
さっきまでベロベロだったのに。
そう、あたしたちはそんな簡単な関係じゃない。


さて、夏にはオリンピックも始まることだし、
シュラスコでも一緒に食べに行こうかな!

Dappe Rock's 

May 07 [Sat], 2016, 1:40
ケータイの調子が悪くてInstagramが使えなくて死にそう。
だからこの連休に機種変更するぞ!
と息巻いて出かけたのに「iPhoneの生産が追いついていない」と
あえなく失敗に終わった。くそっ!
Instagramが使えないなんて、FacebookやTwitterが使えないより地獄。
こんにちは、10連休のなつみです。

というわけで、写真の加工もできないまま久しぶりに更新。
5月1日、Dappe Rock'sに行ってきたよ!
昨年鬼怒川が氾濫して大きな被害が出た常総市のために
BRAHMANが中心となって茨城出身のバンドが出演したチャリティーフェス。
茨城は昔からバンドの名産地。
BRAHMAN、THE BACK HORN、MUCC、
MAN WITH A MISSON、
そして昨年解散したFACTのメンバー3人が
新たに組んだSHADOWS!
すごく豪華!
茨城縛りということもあり、ジャンルも年代もバラバラだけど
年齢層は高めでみんな若干訛りの残る(笑)好きな人ばっかり。
個人的にMUCCが観られたのがうれしかった。
もはやヴィジュアル系の枠を超えて活動しているので
聴かなくなってもなんだかんだ観る機会が多い。
いつの間にかSiMとも友達になってたりして。
嬉しいことだね。

車を走らせ、初の茨城。
まさに水害に遭った公園で。
公園に向かう駅や道でも、町をあげて協力体制ばっちり!
茨城パワーハンパない。


ステージもちんまり。
募金以外は完全フリーのライブ。
あたしたちは事前に募金をしていたので
よりステージに近いサポーターズエリアで参戦!
ゆったりしていて観やすかった!


今や復興支援にBRAHMANあり。
そのくらい精力的に活動をしている彼ら。
いいフェスにならないわけがなかった。
本当に行ってよかった。天気も最高だったし。


次の日は都内の近代美術館でPIXAR展!
うちの会社はGWが長め。
だから世の中が平日の5月2日は
毎年のように美術館に行っている。
今年PIXAR30周年なんだって!
観るものが多過ぎて、閉館時間までどっぷり。
おもしろかった!


祝日は家で静かに過ごしたり、近場でダーツ投げたり。
今日は地上波に初めてSiMが出てテンションMAXだった。
ステージ上では悪魔全開の彼らも
ひとたび喋ればほわほわした可愛い男の子たち。
今回はクリープハイプや健さんや銀杏BOYZも出てすごくよかった。
昨年あちこちでライブ観られたしね。
みんな自宅やツアー先でテレビ観ていて
オンエア前後のTwitterがお祭り騒ぎだった。
それも含め、本当におもしろい夜。みんな可愛い。

さて、連休も残すところあと2日!
明日はダーツ(連休中3回目)、
明後日はサッカー観戦からの家でボクシング観戦。
来週からはまたどっぷり仕事。がんばるぞ。

春の生傷 

April 01 [Fri], 2016, 14:20
そんな深い意味はなく、
きっと冗談のつもりで言ったんだろう
おとこともだちの何気ない一言に
グッサリ傷ついた先月初め。
自分の中で消化しようと努力したものの
どうにもならなかったので思い切って聞いてみた。
深い意味がないどころか、
発言そのものも忘れていた。やっぱり…
でもそれがわかっただけ安心。

「でもなんでそんなこと言ったんだろう…照れ隠し?」
おぉ、あなたも照れることってあるのか。

というわけで、年度初めの本日飲みに行ってきまーす。

似顔絵アイコン作家になりつつある 

March 14 [Mon], 2016, 20:07
あたしがこのブログをはじめ、
いろんなSNSで使っているアイコンの画風で
最近いろんな人を描いてみるのが楽しい。
初めは自分用に描いただけだったから
だいちゃんから「描いてー」って頼まれても
なかなかうまく描けなかった。
そんな矢先、仕事中にインスピレーションが降ってきて
あっという間に描いてしまったおとこともだち。
我ながら超絶似ている。

周りには「盛り過ぎ」「可愛く描き過ぎ」と言われたけど、
そんなことないと思う。
見て分かるとおり、髪が長い。

勝手に描いて彼に送りつけた後は、
「オレも描いて欲しいぃ〜」とずっと言っていた夜王。
顔はさっさと描けたものの、煙の形に悪戦苦闘。
彼はバイオリン弾きなので。
エレガントさがちゃんと出てよかったなー。

そしてパーマバージョンだいちゃん。
前はあんなに苦労した上に似てなかったのに
今回はそっくりに描けて最速記録3時間で完成!
だいちゃんもタバコ吸うけど、髪がモジャなので煙は入れず。

見て分かるとおり、おとこともだちと夜王は
塩顔のクール系イケメン(見た目だけ)。
だいちゃんはイケメンというより可愛い系。
みんなこの絵をTwitterのアイコンに設定してくれている。
Twitterのアイコンにすると、
ダーツのプレイヤーアイコンになるので
ずらっと並ぶととっても可愛い。
なのでアクセントで使う色と名前の配置はバラバラにしている。
顔のパーツも目元しか描かないし輪郭もほとんど描かないので、
似せる決め手は髪と眉。
あとは自分の中のイメージだけで描くので知らない人は描けない。
親しい人だけを気分で描いて行こうと思う次第。


先週の金曜は、2015年入社の新人男子2人と3人で飲み会。
2人とも夜会メンバー。
片方とはしょっちゅうダーツ投げて遊んでいるものの、
もう片方はなかなか来ない上にタバコも吸わないので
社内で会うこともあんまりないんだけど、誘ってきたのはこの子。
あんまり会ったことがないくらい目の鋭い子で、
あたしは当初「目がナイフ」と呼んでいた(笑)
銀縁の眼鏡で、見るからに理系な雰囲気なんだけど
笑った顔がびっくりするほどあどけなくて可愛い。
しかもいたずら大好き、ケンカっ早い、
言いたいことすぐ言う、思ったことが全部顔に出る。
なので割と生意気なイメージが定着してるんだけど、
そのくらい素直でとんがった奴がいてもいいのでは?と思う。
ちなみにあたしの前では生意気一つ言わず、とってもイイコ。

飲み会は若い男の子らしく、終始ゲスい話(笑)
目がナイフは何せ可愛いのでさぞモテるだろうと思って聞いてみたら
すごい話が出てくる出てくる。
想像以上だったなー、おもしろい奴…
さんざん喋り倒した最後は「今度サシで行きましょう!」
マジか。

夜会あれこれ 

February 15 [Mon], 2016, 20:46
昨日はバレンタインだったね。
だいちゃんはガトーショコラが大好物なんだけど、
今年はトリュフを希望されたので久しぶりに作った。
やっぱりおいしいなトリュフ。


夜会の中心メンバーにはチョコレートチーズケーキ。
夜王の「チーズケーキが食べたい〜」というワガママのもと。
そして「ベリーが好き♪」というおとこともだちの希望も入れて
フランボワーズとクランベリーもたくさん入れた。
最近、休みの日も遊んだりしていて
ホント一緒にいる時間が長い。
3歳下にもかかわらず、オーラがある人のため
お互い敬語+さんづけだったんだけど
「なつみさんにはタメ口で話してほしい」と言われ、
「いいけど、じゃぁ何て呼べばいいの?」とさんざん悩んだ挙げ句
下の名前を呼び捨てで呼ぶことにした。
まだ慣れないけど。ちょっと照れもあるかな(笑)
「呼び捨てで呼ぶことにした」と言った時の
夜王の表情の輝きようったらなかった。
マンガで言う「パァァ…☆」って感じ。

というわけで相変わらずダーツばかり投げている。
まだ2月が半分しか経ってないのに既に5回も投げている。
しかもそのうち2回は5時間近くも。
遊びで投げる人が多いイメージだけど
「ダーツ道場」という別名があるくらい
我々はちゃんとスポーツとしてストイックにやっている。
自分に合うダーツやかっこいいパーツを探したり
人の投げているのを見たり
自分の成績をアプリで眺めてあれこれ考えたり
何をしていても本当に楽しい。
メンタルで成績も乱高下。
一昨日なんてヒドいスタッツを連発し
それを取り戻そうとドツボにハマっているところに
ひょっこりおとこともだちが来たとたん
スタッツが元に戻るというミラクルが起きた。
愛の力は偉大。(とにかく彼が大好き)

今月の始めには親会社のダーツ部とも対戦。
スタートは夕方からだったんだけど
あたしはその前におとこともだちとデート♪
(だいちゃんは午前中仕事)
朝からパンケーキ食べてスターウォーズを4Dで鑑賞。
飲みに行くことはよくあっても
朝ごはんを食べるというのもなかなかないシチュエーションで
なんか新鮮だったなー。楽しかった。

今のあたしのダーツはこんな感じ。
フライト(羽根の部分)がバイオリンとピアノのデザイン。
なかなか気に入るフライトって見つからない。
4つのパーツのうち、唯一デザイン性が強いもの。
やっぱりかっこいいダーツで投げたいもんね。
すべてが消耗品で、フライトなんてすぐダメになるんだけど。
手に持つ部分のバレルは金属製にもかかわらず
それすら摩耗して投げにくくなるんだから驚き。
年末に買い替えたら驚くほど飛ぶようになった。


そしてあたし、先日ようやくレーティングが4に昇格!
ギリギリだけど。
だいちゃんにはとっくに先を越され、今は5。

ダーツはいろんなゲームがあるけど、
レーティングを決める種目は01とクリケットの2つだけ。
01は数字を減らしていってぴったりゼロにするスピードを競うもの、
クリケットは陣取り。
この種目の最近30ゲームのスタッツ平均値がレーディングを決める。
あたしはクリケットがとにかく苦手で
苦手意識が強いあまり、投げ方までおかしくなる有様。
最近少し良くなってきたけど、まだまだ。
明後日も投げます。上手くなりたい。
ちなみにいちばん右のカウントアップは
シンプルに高得点を競うもの。

夜会のメンバーがついに20人超え。
記念すべき20人目はまさかの2号だった。
パープルと一時期よくやってたとは言ってたけど、
聞いてないレベルで上手でブーイングの嵐(笑)
今年もたくさん遊べますように。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:723
読者になる
◆主な登場人物◆
なつみ:
デザイナーまがいの会社員。
ハードロックとカメラと着物とパン作りが趣味。
19810720−A
CAMERA:PENTAX K-r

だいちゃん:
ギターとサッカーとゲームと動物を愛する心優しい夫。
同い年で同じ会社、元6年5組のクラスメイト。

おとこともだち:
会社の数少ない同い年。だいちゃんの1年先輩だけど、「同い年なんだから敬語使うな」の一言により敬語も「さん」づけも廃止、友達に。あたしとは時々デートに行って朝まで飲む仲。酔うと別人。

夜王:
3歳下のダーツの名手、1児と多数のグッピーの父。オーケストラでバイオリンを弾くハイソな一面も持ちながら変態発言も多いおもしろい人。

色のついた人たち:
だいちゃんの同僚。

番号のついた人たち:
仲良くしてくれてる年下の男の子たち。
2016年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31