防犯カメラの限界

June 04 [Wed], 2014, 10:34
防犯カメラは常にチェックしているようなものではなく、何かあった時に過去映像を検索するという使い方をする場合が多いです。そんなに頻繁に有事が起こるわけではありませんので、防犯カメラ映像をチェックするのは年に数回というケースも多くあります。

そんな時、目も当てられないのが、ハードディスクやレコーダーの不具合で記録がまったく参照できない! という場合です。正しく何のために付けているのか分からない!と言いたくなる状況ですが、これが洒落にならないほどよくあるのです。警察が現場まで来ているのに、頼りにしていた防犯カメラシステムが壊れていて何の役にも立たなかったという話もよく聞きます。

使用者の皆様は、とにかく定期的にシステムが正常に作動しているかのチェックをすることをお勧めします。

最近の防犯カメラ

May 07 [Wed], 2014, 6:12
最近の国産防犯カメラシステムは、とにかく高価格化を進めているような印象があります。
画素数や機能で上げて、難癖を付けて値上げをしているようです。PanasonicアイプロスマートHDなどは特に顕著です。

登録チャンネル数や画素数やインテリジェンス機能など、使いようによっては便利なのかもしれませんが、ほんとうのユーザー目線からはかけ離れている場合も少なくありません。どちらかと言えば、パイの大きい大規模小売店向きの機能が重視されて、中小店舗や一般家庭向きにはまったく必要とされていない機能で値上げされています。

上場企業同士ではとんでもない値引き率になるそうですが、定価さえあげればメーカーは利潤を確保できるでしょうから分からないでもないですが、想定した顧客以外からは、そもそも選択肢にすら上がらなくなる日はそう遠くなくなるでしょう。

どの防犯カメラシステムが適切か?

March 16 [Sun], 2014, 8:30
今から防犯カメラを新規に設置しようとしている人は選択肢が多彩です。

価格重視なら、アナログカメラかHD-SDIカメラ。
品質・耐久性重視なら、国産のメガピクセルネットワークカメラ(アイプロ等)。
綺麗な画層重視なら、メガピクセルネットワークカメラかHD-SDIカメラ。

つまるところエンドユーザーであるお客様が何を求めて何を重視するかによります。
お勧めは、中の上クラスのアナログカメラシステムか、アイプロスマートHD です。

防犯カメラ ダミーの見分け方

February 07 [Fri], 2014, 19:25
防犯カメラ ダミーの見分け方についてです。
まず、そもそもダミーカメラとして売っているのは一目瞭然でダミーカメラと見分けが付きます。また、カメラ正面にライトがパカパカ点滅しているのはまずダミーカメラです。電池でランプを光らせています。SDカード録画カメラなどでもランプが点滅しているタイプもありますが、正面であることは少ないです。

プロがダミーカメラを設置する場合は、本物カメラや中古の本物カメラを使用したり、屋外用ハウジングは本物を使用しますので一見では本物カメラとダミーカメラを見分けることは難しいです。

屋外環境での見分け方であれば、配管が本物のルートでつたっているか、ということで判断できます。中途半端なところで終わっていたり、明らかに天井裏でもない高さの壁面に付いたボックスが終端となっている場合は、まず間違いなくダミーカメラです。まぁこれはある程度の経験者でなけらば分からないことかもしれません。配管コースまで考慮している場合はまず間違いなくダミーカメラかどうかの見分けはつきません。

極めつけは、オーラで判断することです。本物カメラには独特のオーラがあります。ダミーカメラにはありません。
これこそ素人には判別不可ですが・・・

画素数の高い防犯カメラの欠点

January 14 [Tue], 2014, 23:56
防犯カメラ業界は、画素数が高ければ高いほど良い、というような風潮がありますが果たして本当なのでしょうか?
画素数が高ければ良いのでしょうか?

高い画素数の防犯カメラにも欠点はあります。パッと思いつくだけでも下記が挙げられます。
・導入費用が高い
・夜間に弱い
・耐久性の面
・録画期間が短い
・ネットワークの負荷が大きい 

等々、、、 中には決定的に見過ごせない点もあるでしょう。
防犯カメラに高画素のみを追求することは危険です。