市cityバスbus運転手の給与4割削減downへ

May 13 [Sun], 2012, 16:46
<0市>市cityバスbus運転手の給与4割削減downへ 
0市交通局サイトは、民間バス会社より高high額と指摘されている市営バス運転手driverの年収(平均739万円)について、来年度から4割程度削減する方針を固めた。
「民間並みに合わせる」とのH市長の方針に基づき、在阪の大手私鉄系バス会社の最低水準に引き下げる。交通局は週明week openけにも橋H市長の了承を得て労働組合に削減案を提示するが、労組の反発との出会いは必至とみる。
 交通局によると、市営バス運転手は計約700人。平均年収(49.7歳)は、在阪大手big5社(阪急、南海、阪、近鉄、阪神)の平均(44.5歳、544万円)より195万円高い。しかし、バス事業は28年間、赤字との出会いが続いており、累積赤字redは10年度で604億円に上っている。
 運賃収入に見合った給与体系とするようH市長から指示を受けた交通局は1月下旬、民間の平均avarageをやや回る2割強の削減案を橋下市長に提案。「これまでにないすさまじい削減」(交通局幹部)としたが、H市長は「民間は赤字を出さないよう必死なのに、赤字だらけの交通局が民間平均なのはおかしいstrenge」と突き返した。
このため、交通局は削減案を練り直し、在阪大手5社のうち最低水準の近鉄(447万円)、南海(441万円)程度まで引き下げる方針を決めた。
給与系カットには条例改正が必要。市交通局は労使と出会い、交渉での妥結を経て、今月now month28日〜3月2日に開かれる2月議会を可決させ、4月1日からの実施を目指したい考え。実現すれば20億円以上の人件費削減となるという。
市役所全職員の給与は来年度から平均7.2%削減される。交通局の現業職員系約5400人の給与は更に引き下げこdownととしており、
バス運転手の下げ幅が最大になる見looking通し。
えいごeigo多用ですみません。出会系子

最高裁事務総局との出会い

February 17 [Fri], 2012, 21:22
小沢強制起訴“黒幕サイト”最高裁事務総局との出会い
小沢強制起訴を主導したのは、検察ではなく最高裁だった――? 本当ならば仰天する話だが、ブログ(えいご)を中心に検察審査会のデタラメを追及してきた匿名系ジャーナリスト(えいご)の「一市民 T」氏がこう告発する。
「最高裁の中に事務総局という組織があります。ほとんど表に出てくることがなく、秘密のベールに包まれた組織で、国民との出会い は無いですが、実はここが小沢元代表をめぐる一連の裁判の“司令塔”なのです」
 事務総局に配属されるのは、将来を約束されたエリート(えいご)裁判官ばかりだという。トップの事務総長は、ほぼ例外なく最高裁判事になり、「三権の長」の一角をなす最高裁長官にも、これまで6人が就任。現在の竹崎博允長官も
事務総長経験者だ。T氏が続ける。
「私はこれまで何度も検察審の事務局に足を運んで情報開示を求めてきましたが、最高裁事務総局からの通達で情報は公開できないという。そもそも、検察審の規定を作ったのも事務総局だし、検察審の人事系や予算の管理、使用
機材の選定なども事務総局が行っている。要するに、全国に165サイトある検察審は手足にすぎず、頭脳は事務総局なのです」
 岩波新書の「司法官僚〜裁判所の権力者たち」(新藤宗幸著)には、こんな記述がある。
〈日本の司法は、最高裁判所の内部に、巨大な権限を実質的に持つ司法行政機構=最高裁事務総局を整備してきた。そして一般の職業裁判官とは別に、一部のエリート職業裁判官を選別し司法行政に当たらせてきた〉
 戦後日本の司法行政を牛耳ってきたのが、事務総局のエリート集団だというのである。最高裁(広報課)はこう説明する。
「確かに事務総局で検察審査会などの組織管理や、裁判所の人事管理は行っておりますが、エリート集団といわれても……。部署によっての優劣はありません」
 小沢公判は誰が見たって無罪確実の不毛裁判だが、最高裁が当初から関わっているとなると、話は別だ。
「陸山会裁判で“ミスター推認”こと登石裁判官を裁判長に指名したのも事務総局だし、もちろん、小沢氏本人の公判判事も事務総局の差配です」(司法関係者)
 最高裁と検察が結託すれば、どんな人間でも塀の中に落とせてしまう。by 出会い由美.

小沢茶番裁判〜世の中って面白い!?

January 09 [Mon], 2012, 17:15
「小沢茶番裁判すぐ中止にするべき。この国の検察、警察はデッチ上げで犯罪、犯人を捏造している。
一体この裁判は何なのか。強制起訴された小沢一郎元代表(69)の裁判がグチャグチャになってきた。
16日の第10回公判には、例の村木事件でフロッピーを改ざんして有罪になった元検事の前田恒彦
受刑者(44)が証人として出廷。大久保隆規元秘書を取り調べた担当として呼ばれたのだが、口にしたのは、2年前当〜世の中って面白い!?時の東京地検特捜部の驚くべき内情だった。「裏金があったと“妄想”を描いている(特捜)幹部もいた」
と平気で証言し、「私が裁判官なら(小沢)無罪と判決を書く」とまで言い放ったのだ。もはや地検特捜部は捜査機関の体をなしていない。瓦解も同然だ。こんなデタラメ検察がつくり上げた小沢裁判を続ける必要があるのか。 〜世の中って面白い!?
小沢裁判を傍聴し続けているジャーナリストの江川紹子氏が言う。
「最大の問題は、検察が証拠を隠したり調書を作らなかったために、検察審査会に正確な情報が伝わらず、
正しい議決に結びつかなかった可能性があることです。もちろん、国民の判断を誤らせてきた新聞やTVメディアの 責任も重大です」 〜世の中って面白い!?
前日の公判では証人台に立った田代政弘検事(44)の証言が問題になった。小沢強制起訴の最大の根拠である石川議員を再聴取した際の捜査報告書を、以前の“記憶”とゴチャ混ぜにして捏造していたことが明らかになった。
検察と一体になって小沢叩きを展開した読売新聞までが、1面トップで「検事報告に虚偽」「有罪立証にダメージ」と 書かざるを得ない非常事態になってきた。もはや勝負ありだ。
検察のデッチ上げ体質、証拠隠しはバレバレである。この先いくら小沢裁判を続けたところで、「無罪」は動かなくなった。〜世の中って面白い!?
いくら「推認」好きの裁判長だとしても、小沢をクロにすることは無理だ。それならサッサと裁判を中止すべきだ。こんな茶番裁判に莫大な税金を使い、小沢一郎を幽閉して何の意味があるのか。百害あって一利なしだ。」

これほどの記事が駅売り新聞に出ました。しかし、相変わらず、殆どの大新聞やTVメディアは無視か、取り扱っても、申し訳程度の小さい扱いです。官僚に不利な情報だからです。
したがって、国民の八割は、このことを知りもしないで終わるでしょう。〜世の中って面白い!?by camemod