窪田正孝主演で「東京喰種」実写映画化  

June 30 [Thu], 2016, 6:42
11年から「週刊ヤングジャンプ」で連載され、単行本の累計発行部数は1800万部に上る人気。これまでアニメや舞台化され、映画化にも注目が集まっていた。

 人間の姿をしながら人を食らう怪人「喰種(グール)」が紛れ込んで暮らす東京が舞台。平凡な大学生・カネキは事故に遭い、臓器を移植されて“半喰種”になってしまう。喰種化したことに苦悩し、?藤する中、喰種を駆逐しようとする人間側の捜査官との戦いが始まる。

 原作者の石田スイ氏が、連載開始直後にCMで窪田を見て「カネキが実際にこの世界にいたらこういう感じ」と思っていたというお墨付きの配役。窪田はそれでも、大人気作品に主演することに「たくさんの原作ファンの方の意見、思いがあると強く受け止めています。実際はびびっているのが本音です」と心境を吐露。自身も原作ファンで「大役に寄り添い、深く大事に演じさせていただく」と決意を明かした。

山崎賢人“月9”番外編がコミック化 

June 24 [Fri], 2016, 18:41
同ドラマは恋愛から遠ざかり、仕事一筋に打ち込んできたパティシエのヒロイン・美咲(桐谷美玲)が、ひょんなことからイケメン三兄弟(山崎、三浦翔平、野村周平)と海辺のシェアハウスでひと夏を過ごすこととなるラブストーリー。

 少女漫画誌『デザート』(7月23日発売)に別冊で掲載予定のコミックではドラマ本編に脚本アドバイスとして携わっている作家・LiLyと漫画家・栄羽弥が参加。三浦演じる長男の千秋や野村演じる三男の冬真ら登場人物も物語を盛り上げていく。

今日は皆様にいくつかのカーフイルム施工道具についてのブログをご紹介いたします! 

April 01 [Fri], 2016, 16:05

1.カーフィルム作業用品:http://christiandior-japan.tumblr.com/

2.ガラスフィルム施工道:http://anz.areablog.jp/page.asp?idx=10003075

3.カーフィルム作業用品:http://lacie000.slmame.com/

4.フィルム施工用品 プロ フィルムツール:http://ameblo.jp/carightool/

5.自動車用フィルムツール:http://blog.niwablo.jp/tabitha/

6.カーフィルム施工道具:http://linneah.exblog.jp/

7.カーラッピング施工道具:http://bally.doorblog.jp/

8.フィルム施工道具の知恵:http://www.colorblog.jp/blog/yuucyan/

9.自動車用フィルムツール:http://mingqiuti.blog.wox.cc/

自動車用フイルムツールについてもっと詳しく紹介するウエブサイトはこちらです:http://www.caright.net/

目元の小じわを改善する方法 

March 30 [Wed], 2016, 17:34
女性の敵、「小じわ」。春が近づくにつれ日差しが強くなるので気をつけたいものです。
ポイントを押さえて、さあ今日から「小じわ」予防。


1. できやすい人――ほお骨が高い人、むくみやすい人、父母がシワシワ顔(遺伝子からくる)の人は要注意。

2. ストレスのないよう――ストレスがたまっているときは、緊張していて硬直気味の顔をしています。
  まゆとまゆの間にシワを寄せていることでしょう。この連続(習慣化)が小じわとなります。ご用心!

3. 目との関係――目と目元と小じわの関係にも注意。例えば近視なのにコンタクトやメガネを使わないと、
  物をよく見ようとして目を細めてしまいます。これがシワに発展します。

4. まくらに顔を埋めない――高い枕を使うと首にシワができるといわれています。顔を片側に倒してまくらに
  顔を押しつけて寝る体勢は顔の皮膚が寄るため、シワになります。

5. 食べ物で予防――コラーゲン系の食物を摂取しましょう。牛すじ、軟骨、レバーなどクセのある食べ物
  ばかりですが、同時にビタミンCも取りましょう。

6. タバコはダメ――喫煙は美しい肌を保つ為には厳禁です。タバコを吸えば皮膚温が下が り、
  毛細血管が締り、栄養分が行き渡らなくなるからです。

7. 酒は良い―――赤ワインや日本酒は美肌効果が期待できます。

夏の紫外線と上手に付き合うために.... 

March 25 [Fri], 2016, 17:33

● 「紫外線=UV」には、私たちの肌に影響を及ぼす「UVA」と「UVB」があります。 UVAは“生活紫外線”とも言われ、窓ガラスや雲を通過して肌の深部まで届きます。 そして、コラーゲン・エラスチンなどにダメージを与え将来的に「しわ・たるみ」の 肌の老化を引き起こします。 なんと、肌の老化を加速させる原因の90%が紫外線によるものなのです。

● UVBは“レジャー紫外線”とも言われ、 屋外で強い陽射しを浴びるとサンバーンを起こさせメラニン色素を刺激し 「しみ・そばかす」の原因となります。 また、紫外線は健康面にも悪影響を与えます。皮膚ガンの発生率を高め、免疫を低下させます。 目に見えないからといって、あなどってはいけませんね。 さっそく、UVケアをしてまいりましょう。

● 曇りや雨の日もケアは必要です。曇りの日は晴れの日の約50〜75%、 雨の日は20〜40%の紫外線量が降り注いでいます。 また、下からの照り返しにも気を付けましょう。 海などでは、水面からの反射率は10〜100%にもなります。 特に、10:00〜14:00は1日の半分以上の紫外線が地上に届いています。 この時間帯は特に気を付けなくてはいけません。

サンスクリ−ンについて、

● 水泳もOKのタイプが売られていますが、40分以上水に浸かっているとその効果が衰えてきます。 90分でその効果はゼロに、再度塗ることが必要です。

●露出しているすべての肌にクリームを塗ってください。 例えば耳もそうです。

●昨年のサンスクリーンを持ち越ししないでください。 毎年新しいものを購入してください。
子供には季節にかかわらず、毎日塗ってください。

●子供にはSPF15以上のものをお願いします。

●乾燥肌の方もSPF15以上をお薦めします。

●最近では20代の若者に皮膚がんが増えているとか。若い女性は特に要注意、サンスクリーンを塗らずに日光に当たったり、日焼けサロンに行ったりしているうちに皮膚がんになると言われています。特に若い年代(18歳以下)の時にはその生活時間の85%が屋外になっています。それだけに予防が大切です。

お薦めサンスクリーンは、

サンスクリーンの一番のお薦めは、昨年にTVでも調査した中で最も効果が高かった商品で、ClarinsのSun Wrinkle Control Cream(SPF35)。クリニークの新商品Super City Block 25spfは使用感がサラットしていてファンデを塗るときに違和感がなく、とてもグット!又、Skin Ceuticals Inc.のサン デフェンスSPF-20は、若返りの効果が有り、ビタミンCのL-アルコビン酸によつて、酸化防止と、保温効果で、目の回りなどのシワを目立なくし、肌を若返らせてくれます。
お化粧前のUVケアは、日常生活でしたらSPF25、PA+くらいが良いでしょう。ちなみに、 また、UVケアをする時に忘れないで欲しいのが、「唇のUVケア」です。唇は粘膜に近いナイーブな皮膚なので、紫外線のダメージを受けやすいのです。唇が老化をしますと、縦じわが増え、しみができ、口紅を塗った時に輪郭がぼやけて美しくなくなります。 夏は汗をかくので、2〜3時間おきにUVケアを塗りなおすのがベストです。しかし、なかなかできないのが現実。そんな時には、スプレータイプがお薦めです。サンケアと言えばクラランスとエステダム。クラランスからは「サンケアローション」、エステダムからは「スプレーアントレランス ソレイユ」。ポーチの中に入れておけば、いつでもどこでも顔・デコルデ・肩にシュッとスプレーするだけです。本当に便利なアイテムです。

サングラスをかけましょう!

サングラスをかけることも大切で、調査によると40代以上のアメリカ人で100万人以上が日光が原因で盲目になっているそうです。そしてこの数字は30年以内に倍になると予測されています。必ず紫外線を防ぐサングラスをかけてください。サングラスは値段は一切関係ありません。これも昨年にTVで調査をしていました
が、5ドルのサングラスも100ドルのサングラスもUV100%カットであれば、その効果は同じです。とにかく目を塞ぐこと。どうぞお気をつけください。

お水を飲みましょう!

屋外でゴルフや他のスポーツを行う際には水をいっぱい飲んでください。
ゲータレードでも構いません。とにかく水分補給が大切です。

一日の終わりのお肌のケアは、

もし、貴女が今日ビーチに行って、たっぷりと太陽を浴びてきたのなら、お肌は水分を求めています。フェイスマスクに充分にローションを含ませて、お肌に15分のせてあげましょう。そして、保湿のクリームをたっぷり与え、お肌のホテリをとってあげてください。

日焼け後のホワイトニングは、

お肌の敏感・乾燥がおさまったら、本格的にホワイトニングです。 ローション・美容液・クリーム・マスクのトータルケアができれば、最も効果的です。ホワイトニングケアで乾燥が気になった方は、クリームの後に保湿のクリームを付けると良いでしょう。最近では、目元専用のホワイトニングケアもどんどん出てきています。これは、すごいことです。目の周りの皮膚はとても薄いため(ゆで卵の薄皮くらい)、従来のホワイトニングものは目の周りを避けて塗るものがほとんどでした。最近では、ヘレナルビンスタインの「ヒューチャーアイケア」、クラランスでは9/8発売の「ホワイトニング アイセロム」がでています。目元のホワイトニングで顔全体が明るくなり、一段と若々しい印象になります。 これは、今年のトレンドになる可能性大です。 さて、紫外線の基礎知識からホワイトニングケアまでやってまいりましたが、まだまだ夏は続きそうです。美しい肌を保つために、この夏こそ徹底的にUVケアをして後悔しないスキンケアを始めましょう!