プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:camdhsglvwjkuh
読者になる
2010年07月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
ミュージカル『エリザベート』、一体感を感じさせる稽古を展開! / 2010年07月14日(水)
8月に開幕を迎えるミュージカル『エリザベート』。7月13日、帝国劇場稽古場での稽古が報道陣に公開された。

朝海ひかる、瀬奈じゅんら、『エリザベート』稽古のほかの写真

『エリザベート』は、1992年にオーストリアの首都ウィーンで初演され、6年にわたるロングランとなり、上演1278回130万人を動員したミュージカル。日本でも繰り返し上演されているが、今回の上演はダブルキャストやトリプルキャスト多いことも話題。エリザベート役は朝海ひかる、瀬奈じゅんのふたりが演じ、黄泉の帝王・トートは山口祐一郎、石丸幹二、城田優の3人、他、皇太子ルドルフもトリプルキャスト、皇后ゾフィーはダブルキャストで演じられる。

今回の公開稽古で公開されたのは2シーンで、どちらもキャストを変更しながら行われた。それもあってか、演出の小池修一郎から綿密な演技の指示が入っていた。キャストやスタッフはそれに聞き入りながら、ひとつのシーンを何度も繰り返し稽古していた。またこれも複数キャストで演じられる役が多いからだろうか、演技に参加していないキャストも、自分の役のキャストがどのように芝居をし、小池からどのような指示がされているかを真剣に聞いており、稽古場全体の一体感が感じられた。

上演は8月9日(月)より帝国劇場で公演される。チケットは現在発売中。

【7月13日20時41分配信 @ぴあ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100713-00000000-pia-ent
 
   
Posted at 01:08/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!