古物を述べて懐かしい思い出

July 16 [Thu], 2015, 13:09
時間が経つにつれて、中の古物増えたい、いつも決心はそれらを整理、置き去りに。

しかしあなたの視線がずっとあの台の旧式の古びたファクスで、それに無言で展示したあなたの創業、毎日何度を取り上げ、脱落の色、殘されたマダラ跡、それのベルを伴って希望を伴って、悩み、辛さに伴う、想いを伴う……。あのひとつひとつ淺黄光るファックス用紙に顧客の需要、展示している私の1部の誠意。時の足音は毎回異なる楽曲に伴って、スクリーンの中でかわいいアニメ精霊の輪廻舞う、歩いて……。

それは茶色のセーターをちりばめながら黄色のしるし、あなたを持ち込んで息子の子供の屈託なく笑う、野に父子追いかけて凧揚げ、澄んだ颍川でぶらぶら歩いて木舟、艫を引っ張って長いホースが現れてい漪涟、歓声に伴うしっとりした水蒸気回蕩……。

ひと組の授業のノートを持ち込んであなたの大きいキャンパス、小さな五階の寮、長い街路ベルト、一緒に授業を受けており、川の学友书声、星空の軽食……あなたはかつての学生時代を忘れない。

時代遅れのカメラは私が先生と二人三四ヶ月の給料で一番高い買い物物、それにつれて音を記録していると、私たちの愛情、婚姻と私たちが歩いた山水、記録している忘れ難い歳月を記録している息子の最もすばらしい少年時代……。

古いものは発黄、古いが、かつての物語を述べて、1部の感情を伴って、1部の恋しい思い、あなたは落ち着かない。新しいものはとても高くて、とても美しいかもしれないかもしれないが、それだけをただ好きなだけ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:calmoo
読者になる
2015年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
http://yaplog.jp/calmoo/index1_0.rdf