2007年03月05日(月) 22時41分
殴り七発。

蹴り三発。

物投げ六発。

ついでに、蹴り二発。



そんなもんかって感じですけどね。


三個開けました。 

2007年03月05日(月) 1時57分
耳痛いと結構勉強に集中出来ます。

いい感じです。

やっぱりバランス考えるともう一個欲しいとこなんだけど、あんまりボコボコ開けるのもなーて感じです。

悩みます。

私も片耳だけにしようかな。

あーでもそれじゃあ四個になってしまう。

悩むー。

それ について 

2007年03月03日(土) 1時13分
なんで とか思ってもしょうがないこと。

それ は それ でしかなく、それ 以外はありえない。

きっとそうゆうこと。

まふらー 

2007年02月26日(月) 13時22分
先生機嫌わるいです。

怒られました。

私の一部なんですけども。

あと、ブラックリストにのってしまいそーだそうです。

ははー。

申し訳ない限りで。

ただノートを写すだけの授業なんて出る意味が見あたらない。

少しでも会えるなら学校なんてどーでもいい。

と思ってます。

でもだめです。

これからは気をつけねば。

私が足ひっぱってどーすんだってゆうね。

 

2007年02月25日(日) 2時09分
おやすみと言ってはみたものの、寝れませんです。

再発。かもしれない。




最近、八ヶ月以上前のメールをよくおもいだします。

お互いに夢を語り合って宣言し合いました。

覚えてるのは私だけかもしれなし、あなたにとっては他愛ないことだったかもしれない。

でも、あの頃は純粋に自分の未来に夢をみてたなあーと思うのです。


人は毎日いろんなことを経験して、成長して、考えも感じることもどんどん変わっていくのでしょう。

でもその中で変わらない想いがあれば、それが本物。

今も自分の中にあの頃の想いがあれば前に進めるはず。



今の私は意地になってるだけな気がします。

あの頃と同じ想いを持ってるとは思いがたい。

自分探しの旅に出たい気分です。






やけどした舌が痛いです。


雨のち雨のち雨 

2007年02月21日(水) 0時51分
風邪ひきです。

鼻水が本物の水のようです。

一瞬、鼻血かと思いました焦りました。

なぜか右だけから流れ続けてます。

雨に弱いです。

雨は大敵です。

でも雨にうたれるの嫌いじゃないのです。

下手に濡れるなら、ひたすらびしょびしょになりたい。

今日は頑張って走ったから眠いです。

バイトも頑張ったからひたすら眠いです。

新人が早く仕事を覚えてくれますように。

といっても入った時期は大して変わらないとゆう。

個人差はいなめないものなので堪えます。

メール返事遅いです。

電話したかったけど我慢です。

おやすみなさい。

情が熱いと書いて、情熱。 

2007年02月18日(日) 0時17分
今日は二時からバイト。
十時までバイト。
と思ったら上田さんが上がっていいって言うから九時上がり。
一時間の差はでかいです。
はい。



下げをしてたらお客さんの声。

「お前は考えてるんじゃない、悩んでるだけだ。口にするだけで、どうにかする気なんかこれっぽっちもないんだよ。ちゃんと考えろよ。お前には出来るはずだ。」




熱いです。

知覚 

2007年02月15日(木) 11時48分
例えば
周りには何も無いところで、

あなたがとても大きなトランプを見せたら、彼はそれがとても近いと言うだろう。
そしてあなたが小さなトランプを見せたら、彼はそれがずっと遠くにあると言うだろう。
なぜなら、トランプはほぼ常に標準的な大きさだからである。
実際、私たちが知覚する物の大きさは、私たちがそれらの物について別の方法で知っていることに左右される。





なるほど。


人間は優れているようで、全くそんなことはない。

考える力がある分、思い込みが激しい。

目に映ったものを自分の中にあるものと照らし合わせ、初めて理解した気になる。

では、自分の中にないものはどうなるんだろう。

自分の中に存在しないものは見えなくなってしまうのか、拒絶をするのか、それとも自分の中にあるものに無理矢理当てはめてしまうのか。

物事をしっかり見極めるられる人はどれくらいいるんだろう。

目に映るものが全てじゃない。

見掛けに捕われてはいけない。

いろんな方向から見つめないと物事の本質は掴めない。

いきなり 

2007年02月14日(水) 7時53分
「タオルがぐしょぐしょで
 気持悪い!!」

親にぶちギレられました。

私は
洗いものしたからだよ
と答え、
姉は
ごめんね
と言いました。

もちろん親は姉を支持し、
私のことはボロくそです。

母のために
洗いものをした
という事実より、
素直に受け入れ謝った方が
好かれるらしいです。

謝れば
それでいいのか、
言うことを聞けば
それでいいのか。

前の私なら
機嫌が悪くなってる
ところですが、
今は馬鹿馬鹿しい限りです。

あんな大人になってしまった
母が可哀想だと。

自分に子供が出来たら
あんな風には
なりたくないなあ。

・・てかなんで
タオルごときであそこまで?
(・∀・)笑

待ちぼうけ 

2007年02月13日(火) 2時32分
いつも使っている駅、いつも下っている階段の先には見慣れないものがありました。

そこにあるはずのないもの。

一脚の木の椅子。

みんなが横目に見つつ過ぎ去っていく中、それは静かに佇んでました。

その場所だけ違う時の流れがあるような。

捨てられたにしてはオーラがありすぎる。

何か意味があってこの子はここにいるのだろうと。

頭の中には忠犬の姿。

この椅子も主人を待っているのかもしれない。

少し仲間意識が芽生えました。
私、待つのが苦痛にはならない人です。

何時間でも待ってられます。

早く来ないかなーと逸る気持ちを抑えて待ち続けます。

静かに待ち続けている仲間の健闘を祈りつつ帰宅。

明日もあの子に会えたらいいなと願いながら眠りにつくところです。

自分を傷つけてでも大切な人を守り抜く力が欲しい。

アンパンマンはなんて素敵なんだろう。


2007年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:calm0calm0
読者になる
Yapme!一覧
読者になる