009:不良欠陥 

2007年07月23日(月) 23時12分
それはある日の学校。
横断歩道は手を上げて渡りましょう。
お年寄りには席を譲りましょう。
そんな他愛も無い授業中、先生は笑ってこう言った。

他人には優しくしましょう。
好き嫌いはいけません。
どんな決まりも守らなければいけません。

さもないと、君たちは大人になれません。

では今の俺はどうだろう。
見知らぬ奴に優しくする義務など無い。
嫌いなものは数知れず。
決まりは破るために在る。
どう見たって大人じゃない。

でも、世の中は無理矢理俺を大人扱いする。

「きっと、それこそが俺の歪み」

008:一枚二枚 

2007年04月15日(日) 2時46分
ひらり、はらり。
緩やかに舞う桜の花びら。
風もないくせに、桜は舞い続ける。
俺はそれをただ、綺麗だと思う。


「だけど舞いゆくということは、散りゆくということなんだ」


桜は飽きもせず命を削り舞い散る。

007:完璧主義 

2007年03月20日(火) 22時22分
妥協を許さなかった。
自分の弱さを許せなかった。
だから、初めに定めた目標とやらに縋って求めて追い続けて。


その結果が、この有様だ。


「無様だね」

そう言って笑ったのは奴なのか猫なのか俺自身なのか。

006:損得勘定 

2007年01月25日(木) 23時15分
声をかけられる。
こいつは、確か同級生だ。

ぱちぱちぱち。
頭の中でたすひくかけるわる。

けいさんかんりょう。
にっこり笑って、
「おう、どうした?」



もう疲れた。

005:不可思議 

2007年01月18日(木) 20時38分
聞こうが見ようが何をしてみようが思うこと。
この世の中訳わかんねぇもんだらけだ。
テレビでやってるニュースにしても、
ふとした人付き合いのいざこざも、
たかだか数式ひとつにしたって、
10を64回かけたくらい訳がわかんねえ。

うだうだ考えながら煙草をくわえる。


でも。

「世の中わかんねえことだらけだから、俺は生きてるのかも知れねぇな」


煙を吐き出し、本を片手に夜道を歩く。

004:完全黙秘 

2007年01月18日(木) 0時29分
他愛のないお喋りが始まった。
鮮やかに言葉が紡がれる。
それは聞いていてとても心地よく、
思わず俺も顔を綻ばせる。


だけど。
だけど騙されるな。


お前は、俺の問いに何一つ答えていない。


「『語らない』のと『黙る』のは、決して同義じゃないんだな。」


お前は殺したいほど爽やかに笑って、何も答えず喋り続けた。

003:自己暗示 

2007年01月17日(水) 23時04分
それは一種の防衛規制。
それはある種の最後の砦。
自分が自分で在るために。
自分を自分にするために。


「俺は強いから俺には出来る俺は強いんだ俺は負けないんだ俺は笑うんだ俺は泣かないんだ俺は強い俺は強い俺は俺は俺は俺は」


自分に、嘘を吐く。

002:絶対服従 

2007年01月16日(火) 14時57分
逆らうことなど出来ない。
いや、「逆らう」という行為自体を知らないのかもしれない。
どちらであろうと大差無い。
俺のすべき事は決まっている。
それこそが、俺の幸せなのだから。


跪き、こう告げよう。
「俺はあなたの奴隷です」

001:説明不足 

2007年01月16日(火) 11時45分
言葉が足りない。
言葉じゃ足りない。


でも、言葉でしか伝えられない。


無理解誤解すれ違い。
その理由は皆同じ。


「お前の言葉が足りないからだろ」


独り戯言 

2007年01月15日(月) 21時53分
明日世界が滅べばいいのに。

いつから考えるようになったのか。
なぜ考えるようになったのか。
答えは今も変わらず自分の中にある。
だけど次ぐ言葉は少し違う。


「もう少し果たしたい事があるから。
 数カ月後くらいまで、世界よ、よろしく。」
2007年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像テスト
» テスト (2005年08月26日)
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:callcrave-d
読者になる
Yapme!一覧
読者になる