W650のへこみを直そう 

2015年11月21日(土) 19時44分
最近、W650さんはよく立ちごけします。

9月はサイドスタンドをしっかりかけていなくてコケ未遂でした。
(近くの人が助けてくてなかったらコケてた)
10月は縁石にぶつかりコケてます。

そして
11月は取り回しをしてたら支えられずに
コケて縁石にぶつかりました。


このとおり。
エアークリーナーのカバーが凹みました。
夜見ても目立つので、昼間見るとなおさら目立ちます。

そんなこんなで今日はガレージ芝生さんにお邪魔して
凹を凸ってきました。

エアークリーナーを外して
裏面から貫通ドライバーで叩きます。


派手に叩くとヒビが入ったり塗装が割れると教えてもらったので
ゆっくりポコポコ叩くわけですが。
凹んでいたところは確かに直る。
だけど仕上がりが雪平鍋のよう…。
鈑金屋さんは偉大だ。

大きな凹みはなくなりましたが
触ると分かる。
見ても分かる。
ポコポコした感触。
でもこみ上げてくる愛着、これはこれで良いではないかな。



遠目に見れば分からないような気がしなくもないです。








ひろがるターン ぶつかるパイロン 

2015年11月02日(月) 16時50分
先週の週末夜、ガレージ主さんに
Uターンの練習を見てもらって課題が見えてきたのでした。

私の場合、小回りが難しいので走る時のラインを気をつけましょう。
「大きく回ってー小さく出るー」が出来ないと
ターンの出口で広がってしまいます。

広がると
パイロンや
他所様の塀や
縁石や
ガードレールに
ぶつかります。ぶつかるのです。



青い線のようにパイロンとパイロンの間を通ってしまうと
出口でぶつかります。

オレンジの線のように端っこに寄せてから曲がると
大回りになるので曲がりきれる。わけです。


卓上の論理だと当たり前に感じますねー(ノД`)
焦っていると自分がどれくらい大回りしなきゃ曲がれないのか忘れがちです。
コースを走ると「右回転→スラローム→Uターン→…」のように
連続するので一箇所でラインを間違えると次の動作に皺寄せになります。
そして慌てて大回りすることを忘れがち。
そして現状パイロンにぶつかりがち。

距離感つかめるまで練習あるのみなのです。








2015モーターショー ニャマハ発動機 

2015年10月29日(木) 18時24分
明日から東京モーターショーです。
あまり関心がなかったのですが
ニャマハ発動機のWEBサイトに
釘付けとなってしまいました(*´ω`*)

ニャマハ発動機

気になったのがこちら。

ギターの木目素材をあしらい、管楽器のエングレービング技法で装飾した
「Resonator125(レゾネーター125)」


毎年のことながら
ニャマハさんのコンセプトバイクは素敵ですよね。

つい先日のモーターショーの「SAKURA」もときめきました。
Vツインエンジン。
うにょっと曲がったマフラー。
渋いピンクのカラーリング。
会場にあれだけの車種があっても忘れられません。
…。
つい先日と思っていたら
2007年のモーターショーですか…





バイクで走るときの姿勢を見直そう 

2015年10月28日(水) 17時00分
今日は晴れて暖かったので
某所でちょっと練習してきました。

当面の練習目標は「2車線幅のUターン」なのですが
すぐに出来る気がしないので
今週の目標は正しいフォーム。です。

日曜日にナントカ練習会に参加した際に
ぴたははさんに教えてもらったのがこちら。



・肘は外向き
・手の甲と手首が真っ直ぐになるようにする
・尾てい骨がシートにつくようにする
・みぞおちにぐっ!と力をいれる
・そして太ももでタンクをぎゅ!

以上5つ。
日曜日の練習中に何とか覚えようとしたのですが
縁石恐怖症になっていて身につかなかったんですよね…。

今日は復習
大きなバランスボールをお腹に抱えて走るような気持ちになると
この姿勢になるような気がします。
気を抜くとすぐに、背筋が伸びてしまうので
みぞおちとお尻の意識。

ペットボトルを持ってきたので
その回りをクルクル回る練習と
八の字をやってみました。

姿勢に意識がいくと
カーブ中に、バイクと下半身が物凄く安定しました。
今までにない一体感。
ニーグリップはしているつもりでしたが
みぞおちにぐっと力を入れるとカーブ中の怖さが減ります。

ちょっと欲が出て
もっと小回りしよう、とか
アクセルをもっと開けよう、とか
別の注意を始めると姿勢が崩れて、思うように動かくなります。

姿勢だなぁ…姿勢だ。
身につけなきゃあかん。

小枝や木の葉が邪魔で
練習より
アスファルト掃除ばかりしていたのはここだけの話。




ジムカーナ始めて1週間の関東事務茶屋杯 

2015年10月27日(火) 17時00分
事務茶屋杯についてはこちら
http://kanto-gymcyaya.main.jp/

この1つ前の話はこちら
http://yaplog.jp/calcan/archive/199

初めてのジムカーナ練習会に参加したら
一週間後の草大会に誘われたのでした。
その時は「出来るわけないじゃないですかーw」と
思っていたのです。
誘ってくれた人も後日談で冗談だったらしいです(笑)

ご近所さんから公園で八の字の練習するからおいでよーと
誘ってもらったのが
大会の3日…4日前かな。
公園練習を始めるとアドバイスをもらう度に少しづつ上達していきました。
自分のバイクが今まで知らなかった動きするのは楽しい。
それにせっかく教えてもらったのに何もしないのは
あかんな!と感じて
関東事務茶2014 9月14日 に参加することになったのです。


大会の流れはこんな感じ。

受付で
当日朝にコース図をもらう

コースを歩いて覚える

午前中ウォームアップしてから1回目走る

午後2回目走る

表彰式


なんせ始めて1週間と銘打ってるのでプレッシャー的な緊張はありませんw
上手く走ろうとも思いませんでした。
ただただコースを間違えずに完走出来るか、という所で
緊張していたと思います。

1回目の目標は完走。
曲がれないところが数か所あったので停まって後退して切り返す、という…
酷い有様でしたがゴールには辿り着きました。
かかった時間は3分15秒
酷いことになるとは思ってたけどやっぱり酷すぎる。

そういえばコース間違いや転ぶ事が怖くて
速く走ろうという意志がほぼありませんでした。
午後は「転んでも良いから死ぬ気で速くゴールに行こ」という目標にしました。
1秒でも縮めよう。

昼休みに、ハカイダー先生にW650を運転してもらい、後ろに載せてもらって
コースを2周して出来ない所、アクセル開ける所を教えてもらいました。
急加速と急発進、滅茶苦茶バンクするのですが何度か載せてもらってるうちに
走行中に普通に会話が出来るようになっていましたw
どうして良いものか全く分からない所があったので
トップ選手にその場で教えてもらえるのは本当に贅沢なことです。


さて2回目。
動画あります。遅いので長いですよ。
出来れば音声と共にお楽しみくださいw
2分43秒あります…たしか240%くらい…かな。



ジムカーナは一番速い人のタイムを100%として
それに対して何割遅いかで記録がでます。ということだと思います。
私の記録が240%。
150%で遅いとされているような事を
どこかに書いてあったのを見たような気がするので…
私が1周走るうちに大会参加者は、ほぼ2周出来てしまうことになるはずです。
あってるのかな…;
むしろ何年も練習と努力を積み重ねている選手と
1週間前から始めた初心者が同じコースを走って良いものなのか(;´Д`)

さて
走り終わった後の感想は、ただただ悔しー!、でした。
もっと上手く出来たんじゃないだろうか
もっとアクセル開けられるような気がする、と。
本気でやるとこんな悔しいんだ!と
内心じだんだを踏んでいたのを覚えてます(笑)

ここからドハマりするかと思われたのですが
骨折ったり(バイクとは全然関係ないところで)
今年の10月頭まで没頭することがあって
バイクに乗る時間が全然ありませんでした。
久しぶりにバイクカバー外したら
季節は今年の秋になっていたのです。




バイクのUターンが下手すぎる対策 

2015年10月26日(月) 16時30分
「2車線幅でUターン上手くいかない」と悶々としている現状。
バイクを引っ張りだす時間も余裕もないので
銀行に向かう途中、自転車で練習してみました。
バイクでUターンに悩む人は
足をつかずに自転車でUターンが出来るかやってみた方がいいと思います。


意外と難しかった。



2車線幅の細い道でUターンすると
民家の塀にぶつかりました。
あかん。


これ以上人様の塀にぶつかる訳にいかないので
場所をアパートの駐車場にうつしました。



後輪ブレーキをぎゅうーとかけてペダルを回します。
1.5車線で曲がれました。
とても遅い。物凄く遅い。
でもけっこう安定します。

次は体の向きを意識します。

感覚的にお腹の真ん中に目がついてるつもりで
進行方向をお腹で視る感じ、と教わりました。腰、大切。


何度かやってみましたが腰から曲がる感覚がつかめないと
広がってしまいます。
これで1.8車線くらい。

バイクに乗ってる時も体をひねってるつもりでしたが
ひねってるつもりになっていた模様です。
「つもり頑張り」になってるなぁ。

リヤブレーキの使い方と腰ひねり。
特に視線や腰のひねり方は忘れないうちに
バイク乗って見直そうと思います(;´Д`)








おまけ。

体のひねりに加えてカーブに入る前に強いブレーキを加えます。
ブレーキをかけた途端に自転車がグニャっと不安定になるので
その際にペダルを強く踏みます。


びっくりするほど小回り出来ます。
これが理想。
理想遥かに遠し。





ジムカーナのきっかけ 

2015年10月24日(土) 13時10分
ツーリング中にUターンで失敗して
立ちコケしたのが2014年の春先でした。
坂道だったこともあり派手に転んでしまって
しばらく病院に通う事態となってしまったのでした。

それから忙しいことも理由にして
半年くらいバイクと疎遠になっていたのですが
ジムカーナの練習会に誘われて「上手くなりたいな」という気持ちで行ってみました。
それが2014年の9月のこと。

そもそもジムカーナの練習会がどんなものか分かっていなかったのですが
遠い昔にホンダ主催のセーフティスクールに行った事があるので
そんなものかな、と。
http://yaplog.jp/calcan/archive/39

会場はもてぎツインリンクの駐車場。
そこにパイロンが並んでいてコースになっています。
上手い人も初心者も順番に走る、
追い抜きは禁止、といった具合でした。
よく分からないけど皆めちゃくちゃ速い。
初回はスタッフさんにコースを教えてもらい何周かして
さて、実際に1人で走ってみようか、となった時に驚きの下手さでした。

いや…本当に自分でびっくりするレベルのグダグダ感でした。
誘ってくれた人も「ここまで酷いとおもわなかったw」とお墨付きです。

そこから色んな人に乗る時のフォーム、パイロンを曲がる時のライン、
アクセルやブレーキのタイミングを教えてもらって
夕方にはだいぶマシになっていました。

なんせ何も分かっていない状態だったので
一つことを改善するだけで劇的に変わるのです。
面白くなって
コースも何度もグルグルしてました。

当然のことながら会場内で一番遅いので動く障害物です。
渋滞作りまくりでした。
「スタート時に速い人を見送って一番最後にスタートする」という
至極当然のことすら分かっていないくせに
休憩知らずで何度もグルグルしてたので
……本気で練習したい人にえらい迷惑かけていたと思います…。
今は
反省している。

そんな酷い初心者だったのですが周りは優しい人ばかりでした。
教えてもらった分、上手くならねば!と思ったのでした。
帰り際スタッフさんにお礼を言いに行ったら
「来週大会あるから出なよー」と一声かけてくれました。

それがジムカーナを初めて1週間で大会に出るという
無謀な話につながるのですが
それはまた次回に。

ジムカーナ用の装備 

2015年10月23日(金) 21時00分
何事もなかったのごとく
数年ぶりの更新です(笑)

今日はご近所のガレージ主さん(仮名)から
ジムカーナ用のプロテクターを譲り受けてきました。

上半身用のプロテクターで
肩、肘、胸、脊椎に硬いパットがついています。
それぞれのパーツが長さ調節出来るようになっています。
女性用として使えるのですが脊椎パットがどうしても大きかったので
二回り小さくジャストサイズにしてもらいました。
もうなんて器用なんだー!ありがたし。

自宅でじっくり試着してみたら撫肩なので
肩パットがフィットしてませんでした。
ちょこちょこっと縫い合わせて調節してばっちり!

下半身はツーリング用パンツ。
膝と太もものあたりにパットが入ってます。
真冬になったらオーバーパンツ。

ブーツもツーリング用。
AVIREXの革ブーツです。
足回りは火傷しそうになるので、ショートブーツから履き替えました。

本格的に始めるなら取り揃えなきゃですが
ツーリングの延長線のような装備で
初められるのがジムカーナのいいところ。

防御力がだいぶ上がって嬉しくなったので
受け身の練習をひとしきりしてしまいました。
さて日曜日は「ナントカ練習会」です。
ノービスクラスの人が集まって、八の字やコースの練習をするそうです。
楽しみ。

カレーと首都高@千葉県大原 

2011年04月12日(火) 7時51分
カレーを食べに
片道200キロ走って千葉の大原まで一っ走りしてきました。

地図
http://chizuz.com/map/map88197.html

某人と千葉で待ち合わせる予定が
私のはやとちりで行き違いに…。
電話した時点で彼は千葉市に。私は大多喜周辺に居ました。
距離にして40キロはあるでしょうか。
うーん。
仕方ないのでカレー屋さん(正確に言うと多国籍料理屋さん)にて現地集合で話がまとまりました。大人しくお店で待ってなさい、という指令を受けたのでお店に向かいます。


官軍塚に寄ったり。


ラクダに手を振ったり。


メキシコ大統領の記念碑に登ったり。



ちょっぴり遠回りして時間調整したつもりが
何故か某人の方が先にお店に着いたとの連絡が。

あっれー?wwwww
待ち合わせって難しいね☆と思ったり(中略)




未だに鬼門なのが首都高の内周。

湾岸から帰る予定が京葉道路に入ってしまい
そのまま首都高の真ん中に流されて…どうしよう?どうしよう!まいったなー…とな。

幸いだったのが、ゆるく渋滞して流れが遅かったこと。
走ってればそのうち「東北道」って書いてあるよね?ありますよね?
両国を抜けて箱崎抜けて江戸橋ジャンクションで「池袋・大宮」と書いてあったので多分こっちだろ、と。皇居向こう側に東京タワーが見えたので位置的にあってるはずだ!
しばらく走ると「東北道」と書いてあって「飯田橋」



「飯田橋」からだったら分かる!
都内の営業所に通う道だ!

平静を装って江北ジャンクションに着いた時は、言い知れぬ達成感w

首都高経験値が5上がりました♪(中略)





心地よい達成感で岩槻ICを出て16号に乗ると
見覚えのあるCB400が。
ぉおおー?あれが焼肉友の会の某氏ではありませんか。

信号待ちで声をかけたものの
瞬く走り去ってしまわれたので「おや?」と思ったら
後の結論。
彼は私のバイクを見た事がないという事実。
バカ派手なW650に公道で話しかけられたら
…うん…ちょっとアレかもしれない。(中略)


まとまりがない日記でごめんなさい。

レンチの使い方すら知らない人のためのW650プラグ交換 

2011年03月09日(水) 6時59分
走行距離14000キロ。
2りんかんでプラグを買いました。
プラグ交換工賃が735円。
手間と安全をお金で買うなら納得のプライスです。
素人が下手に手を出して「何か」あったら735円じゃ済まないし。うむ。


しかし、プラグ1個の工賃が735円。
1個ね。

2個で1470円ね。
さらにタンクを下ろすと+1000円ね。

2470円ね。

ぅ。

イリジウムのプラグすら断念した自分には、ちょっと…。うん…ちょっと。
「じ、自分で調べてやってみます…」とプラグはお持ち帰りしてきました。



W650のプラグはタンクの下にあるのでタンクを外すところから。
タンクのガソリンを限りなく少なくすると作業が楽です。
とりあえず給油しないで250キロ位走ると良い感じですよ。

まずはシートを外して
タンクと止めている2本のネジを外します。ネジを緩める時は「し」の字。

何故か菜箸が映ってますが気にしないで下さい。

次にガソリンホースと負圧ホースを外します。

ピンを後ろにずらしてから、ホースを引っこ抜きます。
巧くいかなかったのでマイナスドライバーでむぃむぃしました。

ふんっ



抜けました。

さて準備完了。
タンクを外します。
後ろに引っ張る感じで、あらよっと。

持ち上げた瞬間、まだ2本のホースがタンクから生えているのを発見。

ぁー…えっとどうしよう。
誰かにタンクを持って貰って…って誰も居ませんから。

ぁーぁー…ぁーーーーー………。





シートの上に乗せておくことで解決。
見るも無残だなぁ。

次!プラグコードを抜きます…その前にコードの周りを雑巾がけ。
プラグ穴に埃が入ると取れなくなるとかならないとか。
本当はエアーで飛ばすと良いらしいのですが
そんなものはない。
雑巾で拭かないよりは拭いたほうがマシであろう、きっと。

きれいになったところで
プラグコードを抜く。


ふんっ

きゅぽっと抜けました。

そこには深い穴。

穴にプラグレンチを挿入。

で、素手で回してみるもピクリとも動く気配がありません。

・・・・・・・・・。

回すんだよね。プラグレンチ?

うーんー?
(熟考すること30秒)

あー…この先端の六角形にレンチ引っ掛けるのか。



うん。何かそれっぽい(笑)
よし回った回った。プラグ取れました。


次回の取り外しを楽にするためにも
新品のプラグは挿入する前にグリスを塗っておくほうが良いらしいです。(後で知った)
耐熱性の高いやつね。次回は塗りましょう。

新品のプラグを挿入。
くるくる手で回して最後はレンチでぎゅうぅと締めます。
締め具合はプラグの箱に書いてあります。
私の腕力だとぎゅうぅと締めて回らなくなったらOKだそうです。
ワッシャーがぎゅうぅと潰れるイメージ。
考えるもんじゃない、感じるのだ。と親分の弁。
正式には1/4〜1/2回転とか。

プラグコードをかちっと取り付けて
はい出来上がり。

同じ要領で反対側も交換します。
2回目はちゃちゃっと完成。
そして逆手順でタンクを戻してエンジンをかけてみます。

ん♪
問題なくかかりました。

無事成功。














試運転に燃料補給に行った帰り。

あれ。

キャブの下辺りから、黒いホースの先がピョコっと飛び出ています。
・・・・・・・・。
どこから生えてきたんだ、君は。

プラグ交換 答え合わせ編につづく。かもしれない。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:道に迷う子「道子さん」
読者になる
---
計画性や協調性という単語を知らないがためにもっぱら一人旅をしていた「道子さん」(二足歩行)。気合と好奇心で突き進んでいたものの、旅の限界を感じた彼女は一台の乗り物と出会うことになる。ママチャリより速く、軽自動車よりも遅い「カマ吉号」(二輪走行)。

カマ吉号と順風満帆な旅を続けていた道子さん。

しかし、ある雨の日に出会ったオレンジ色のバイクに心奪われ一台奮起して乗り換えを決意する。その名は「橙丸」。俗に言うカワサキW650であった。

橙丸との出会いにより旅は広がりを見せたかのように思えたが…。
つづきはブログ記事でどうぞ★
更新強化月間のため、ランキング始めました。1クリックが気合につながるのでお手を拝借したい次第です。 にほんブログ村 バイクブログへ
2015年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30