暑くなると、、

June 20 [Wed], 2018, 8:19
「夏」って感じるようになると、

水羊羹が必需品。
よく冷えてぐずっと崩れる優しい甘さと喉越しにちょっとホッとする。
日本の蒸し暑い夏ににはぴったりの食べ物だと思う。

これは「たねや」さんのお品物。

忙しい時のご褒美は、
いつだってあっという間になくなってしまう。

ピロシキ

June 17 [Sun], 2018, 10:59
ロシア料理を初めて食べたのはいつのことだったのか?
父が渋谷のロゴスキーに連れて行ってくれて、その時だったと思う。
ボルシチとピロシキを食べたような記憶がある。

父は国交がない時代の旧ソビエトに行っている。
ボルシチやピロシキ、そしてトロトロの酸っぱいヨーグルトの話を
小さい時に聞いた。
クレムリンや赤の広場の話もしてくれたけれど、食べ物の話は印象が強かったなぁ。


時々ふっと思い出しては食べたくなる。
ポンパドールのピロシキも久しぶり。
思い出の味とは違うけれど、生地とアンのバランスは
ちょっとセンチメンタルになりながら食べた。

その後何度か父や妹とロゴスキーには行ったけれど、母は一緒だったのか思いだせない。


一緒に買ったエスカルゴレーズンも食べちゃった。

今日は父の日のせいか、父と母の思い出がよみがえってくる。

食う寝る座る

June 13 [Wed], 2018, 9:29


「永平寺」はうちのお寺の大本山。
そのお寺に30歳にして飛び込んだ方の修行記を読みました。
一度は行ってみたいと思いながらまだ未踏の地の永平寺。
永平寺の除夜の鐘を聞くと、深い雪に埋もれた静謐な闇に
数百年の重みを感じます。


お山全部がお寺という大きな敷地。
アップダウンの激しい廊下を全速力で走っていくお坊さんたち。
そのお姿を今までもテレビなどで見聞きしたことはあったけれど、
この本を読んで「テレビで見たことはほぼ本当」と納得です。

「自己」とか「自我」とかを捨てる(捨てさせられる)ところから始まる修行。
箸の上げ下ろしからトイレの使い方まで、全部細かな決まりがある。
掛け布団2枚を寝袋のように紐でくくって、体の右を下に寝る
「立って半畳、寝て一畳」そのままの生活。
朝昼晩の座禅の足のしびれも精進料理のお粥のことも、長〜い廊下の雑巾掛けも、
草刈りや落ち葉掃きの重労働のことも書いてありました。
そして美しい星空のことも。

徹底的に自分と向き合わされ、人間の弱さ・醜さ・ずるさを自覚させられる日常なんですね。

物静かで温厚な方が1年後には新参者を大声で怒鳴って叱るというのも、
一つの進歩であり、成長であると捉えるようです。
それが禅の根本道場である永平寺という場所。
道元の説いた仏教は、「生きることすべてが修行」ということ。

厳しい日常は「感謝」と「利他」と「生きとし生けるもの」への
想いを生むのかもしれない。

心静かに穏やかに暮らしたいと思う、、、けれど、
手に入れるのは簡単ではない。

フロッケンザーネ

June 10 [Sun], 2018, 10:06
デパ地下を巡りながら、「ケーキ食べたい
どのお店にしようかしらと、グラマシーとかケーニッヒスクローネとか、
通り過ぎて、立ち止まったのが「ユーハイム」


クリームたっぷりのフロッケンザーネと大ぶりのシュークリーム。


板状に焼いたシュー生地でクリームをサンドして、三角形にしてあるケーキ。
とてもシンプルだけれど、味のアクセントはラズベリーのジャム。
周囲のクランブルは塩味が効いていてクリームの甘さとの対比がおいしいと思う。
記憶の中の味はもう少し弱めの塩味だけれど、
このしっかりした塩味で今は良いなぁと思う。


ビーンズ入りのカスタードクリームは滑らか。

本日中にお召し上がりくださいを無視してしまう。
2日間楽しみました。

ご褒美コロッケ

June 07 [Thu], 2018, 9:56
今週はよく頑張りましたなんて思う時、
どうしても食べたくなるおかずがあります。

「今半」さんのコロッケ。
美味しいのでーす。

揚げ物料理をあまり作らなくなっているので、コロッケは買うに限ると、、、。


すき焼きコロッケとメンチカツ。
ジューシーなメンチカツ〜。
ほくほくのコロッケ〜。

キャベツとトマトだけはちゃんと用意しようと買う前から決心して、
いざ夕飯


焼きそら豆、ひじきの煮物、カブの葉の炒め煮。
なんか30年くらい前の食卓だな〜と思いながら、美味しくいただきました
満足の夕食でした。

7月のランチ 和風バジリコ&タンドリーチキン

June 04 [Mon], 2018, 7:39
塩味とバターの量を決めて

出来上がった「和風バジリコ」
まだフレッシュのバジルがなかった大昔に、
これもまた新鮮だった茹で上げパスタのお店で食べたもの。

今はもうバジルも手軽に入手できるけれど、
なんかこの味が好きで家で再現したものです。
さっぱり塩味の香りの良いパスタ〜。
バジルはシソ科なので大葉と一緒。
シェフの工夫だったんだなぁと思います。


ママレードを使ったタレに漬け込む「タンドリーチキン」
暑くなってくるからカレー風味で食欲の出る味です。
鶏肉じゃなくても豚でも大丈夫の有用なタレ。
大人数の時はオーブンで焼いて、ドーンと盛り付けるのもあり

今月は和食

「鯛と梅干しの混ぜご飯」「鯛の潮汁」

7月の試作 2

June 01 [Fri], 2018, 9:28
今日は朝からカラッとした良いお天気
週末は元気な太陽と共に過ごせそうな予報で、ちょっと嬉しい

フィナンシエを作って1週間。
しっかりとした味になりました。


小舟のようなバトー型の紙製の物で焼きましょう。
デロンギオーブンに入るちょうど良い型がないのです
8個出来上がります。
材料もつくり方もとてもシンプル
日持ちもする


生地を型に流す時に少し注意深くします。
そこが持ち上がってしまう恐れがあります。


ダックワーズも8個できます。
お好みの形に絞ってください。


サンドするのはカシスのジャム。
手作りには時間不足なるの👡フォーの物を使いました。


7月のレッスンはこの3種類のお菓子で〜す。

今月はヘッダーのポルカ。
基本の生地を組み合わせた楽しいお菓子です。

7月レッスンの試作

May 30 [Wed], 2018, 8:38
そろそろ梅雨入りが近いです。
お天気がコロコロ変わって、家事も試作も


7月のレッスンは「ギモーブ」「フィナンシエ」「ダックワーズ」の
3種類〜。
作りやすい量と手に入れやすい材料で、まずは美味しいマシュマロをと試作

ちなみに「ギモーブ」と「マシュマロ」の違いをなんとなくわかっていたつもりでしたが、
もう一度調べてみました。
アメリカ風の「マシュマロ」は、イタリアンメレンゲに香料や着色料を入れて作ります。
フランスの「ギモーブ」は、果実のピュレを使って卵白は使わない。
といったあたりが大きさ違いになるようです。


砂糖を煮詰めて作るお菓子は、ある程度の量あったほうが失敗がなく作りやすい。
でもあまりのたくさんできてしまうのは、消費するのが大変〜〜。

3cm角×高さ1.5cmくらいにカットして、25個くらいできるように落ち着きました。
フランボアーズのピュレ、グラニュー糖、ゼラチン、水飴で作ります。

カットしながらちょっといたずらごころが出て、結んだりして。
フィナンシエとダックワーズもとりあえずの試作は終わっているけれど、
よりきれいにできるようになんて思うと、配合と手順の脳内再生です(笑)


小なすの砂糖漬け

May 25 [Fri], 2018, 9:35
とても珍しいお菓子をいただきました
小なすの砂糖漬けです。


辛子漬けや塩漬けはよく見るけれど、砂糖

枝(?)の部分までしっかり砂糖が染み込んでいて柔らかいです。

なるほど〜。茄子のコンフィね〜。
全体が飴色になるまでしっかり砂糖を浸透させるのは結構時間がかかるかしら。


包装紙には「里みやげ」とありました。

少し背中の曲がったおばあちゃん、縁側で日向ぼっこをしながら渋茶をすすって
小茄子をちょっとつまむなんて景色が頭の中に。

T.K.さん、本当に珍しいものをありがとうございました
初めての味に、日本は奥深いと感じたティータイムでした。

ドーナッツ

May 22 [Tue], 2018, 9:15
1ヶ月前ほどからドーナッツが食べたくて、、、。
作るととてもたくさんできてしまうし、、、。

帰り道で出会ってしまって、「食べたい気分」に負けました



とりあえず二つ。
カスタードは新商品。


これを食べて、食べたい気分は落ち着きました。
チョコレートは明日にして。

私の味覚が変化しているのか、時代の流れでドーナッツの味が変わったのか、
ちょっと満足感が少なめ

最近は私にとってのそんな食べ物が増えてしまって、寂しい限り。
お菓子もパンも自分で作った方がおいしいなんて、がんこになってきてるかな
自分で作るば慣れ親しんだ味にできるとか、安心して食べられるとか、自分好みの味に作れるとか、
きっとそんなことが原因だよねと、言い聞かせてしまいます。

食を作る立場の者としては、傲慢になってはいけないって思います。
たくさんの方がおいしいと感じてくださるもの、安全・安心して召し上がっていただけるものを
作り出さねば
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:ヨーコ
  • 性別:女性
  • 誕生日:11月28日
  • 血液型:O型
  • 現住所:神奈川県
  • 職業:専門職
  • 趣味:
    ・演劇-ミュージカルが好きです
    ・ガーデニング-小さな庭で、ちょっとだけ
    ・読書-最近分厚い本が読めない
読者になる
★ホームページはこちら
Salon de YOKO
◎通信販売始めました!
○ケーキ教室のご案内
○プロフィール


2018年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヨーコ
» 漬け込みフルーツ作り (2018年02月10日)
bright_peach
» 漬け込みフルーツ作り (2018年02月10日)
こうこ♪
» グッバイマイダーリン (2017年03月18日)
ヨーコ
» オイルサーディン?? (2016年01月22日)
tm
» オイルサーディン?? (2016年01月22日)
ヨーコ
» オイルサーディン?? (2016年01月21日)
tm
» オイルサーディン?? (2016年01月19日)
ヨーコ
» 12月のケーキ フォレ ノワール (2015年11月09日)
yone☆
» 12月のケーキ フォレ ノワール (2015年11月08日)
yone☆
» 7月のケーキ マンゴーレアチーズケーキ (2015年07月19日)
料理教室検索クスパ ドリーミアクラブ
P R
http://yaplog.jp/cakeland/index1_0.rdf
人気blogランキング参加中!
月別アーカイブ