もっとある!水虫の予防法あれこれ

October 03 [Thu], 2013, 10:00
いったん水虫になってしまうと、完治するのにけっこう根気が必要。



水虫を寄せつけないように、ふだんから予防策をいろいろ講じたいものです。



水虫の菌は、湿度と温度が高く、通気性の悪いところを好みます。



靴の中は、水虫菌にとってまさに天国のようなところ。



湿った靴はひと晩では乾かないので、毎日同じ靴をはくのはご法度。



帰宅したら風通しのいいところで保管し、同じ靴は3日に1回くらいのペースではくのがおすすめです。



また、水虫菌の寿命はだいたい24時間といわれています。



だから、毎日足をきちんと洗っていれば、まず大丈夫。



恵比寿 マッサージのようにアロマバスにしたり、どうしてもシャワーしか浴びられないときは足湯をするなど、清潔を心がけることもポイント。



水虫の人とバスタオルを共有しないなど、菌に近寄らないように注意しましょう。

殺菌効果のあるエッセンシャルオイルを利用

September 17 [Tue], 2013, 10:00
足のジメジメを放っておくと、真菌が繁殖してやがて水虫に。



いったん水虫がひどくなってしまうとなかなか治らないので、軽いうちに予防するのがとても重要です。



おすすめの方法は、殺菌効果やデオドラント効果のあるエッセンシャルオイルを利用した足浴。



毎日帰宅したら、10分から15分くらい足浴しましょう。



足を清潔にして水虫を予防することができます。



はじめはめんどうに思うかもしれませんが、たった10分程度のことで、疲れた気分をリフレッシュできて元気が出てくるし、足のむくみや冷えにも効果的です。



毎日同じ靴をはいている人、ブーツばかりはいている人は特に要注意。



水虫なんてできたら、恥ずかしくてサンダルがはけませんし、恵比寿 マッサージなんて行けませんよ!

エッセンシャルオイルで雑菌をふき取る

September 03 [Tue], 2013, 10:00
足の裏が臭うのは、汗に雑菌が繁殖したせいです。



高温多湿になる靴の中は、雑菌にとってまさに天国。



通気性のいい靴をはく、汗をまめにふき取るなど、靴の中を乾燥させて雑菌を繁殖させないように気をつけましょう。



それでもダメなら、殺菌効果のあるエッセンシャルオイルを利用してみて。



ガーゼやタオルにつけて足の裏をふき取るだけなので、外出先でも気軽にケアできるのがメリット。



しかも、ニオイを消すだけでなく、殺菌成分が長持ちして雑菌を寄せつけません。



汗かきの人や夏場はもちろん、冬でも毎日ブーツをはくような人、恵比寿 マッサージなど靴を脱ぐ予定のある人は、ぜひ利用してみてください。

フットスプレーを利用して足を乾燥させる

August 17 [Sat], 2013, 10:00
足の裏には汗腺が集中していて、たっぷり汗をかきます。



そんな足を、ナイロンのストッキングでぴっちりカバーしたり窮屈な靴で密閉したりしてしまっては、ジメジメしてくるのも無理はありません。



理想は、通気性や吸湿性のいいコットンのソックスに運動靴ですが、仕事をする女性はそうもいかない場合も。



汗を吸着するパウダー入りのフットスプレーをバッグに忍ばせて、お昼休みなどにシュッとひと吹きするとよいでしょう。



最近では、乾燥効果と同時にクールな感触で足の疲れにも効くものや、ストッキングの上から使えるもの、足にも靴にもOKというような、便利なタイプが多く売られています。



自分の好みに合った商品を選んで賢く使いこなしましょう。



会社帰りに恵比寿 マッサージへ行くのであれば、スパなどで軽く体を洗ってから行くのもマナーというもの。

ウオノメ薬やクッションを利用する

August 02 [Fri], 2013, 10:00
小指の横や親指のつけ根の横、かかとなどにできやすいウオノメ。



これができると、靴がはけないほど痛いですよね。



できてしまうとデートや恵比寿 マッサージに行くことすら難しくなるウオノメ。



いつも同じところにできるのなら、靴が足に合っていない証拠。



靴を買い替えることをおすすめします。



とりあえず、今できているウオノメをなんとかしたいというのなら、市販のウオノメ薬にたよるのが一番の近道。



サリチル酸などの薬剤がウオノメ部分の肌をやわらげ、何日かするとウオノメがすっぽり取れるというものです。



また、ウオノメ部分が靴にあたらないようにする、小さなクッションも市販されています。



いろいろな大きさや形があるので、ウオノメができた部分に合うタイプを選びましょう。