竹田であやの

October 06 [Thu], 2016, 14:06
便秘にいい食べ物を毎食摂っています。


どういうものかといえば、バナナとヨーグルトでなんですね。
来る日も朝食べています。


ずっと、頂いているうちに、最近、便秘が良くなってきました。



ひどかった便秘が消失できてお薬を飲むことも消えうせました現在ではポッコリしていたお腹も、ひっこんできていて幸いです。私が便秘になったのはなぜかというと、運動不足のせいなのでしょう。

会社への毎日車で通勤しているので、歩いたり、運動したりもあまりありません。


犬を飼っているわけでもないので、散歩に行くこともありません。そういった理由で、私は便秘なのだと考えています。


まず、便秘解消のためにも、ウォーキングをすることにしました。

インフルエンザは風邪と比べて別のものという説があります。

その症状は1日から5日ばかりの潜伏期間を経て、急に高熱にまで達し、3日から7日は最低それが続きます。種類によって、筋肉や関節の痛み、腹痛や下痢等症状に少しのが見られます。
しかし、肺炎をおこしたり、更に脳炎や心不全を起こすケースもあることにより、甘くは見ることはできない感染症です。

アトピーだと大変にきびしい症状になります。



暑い寒いに関わらず一年中耐え難いかゆみとの闘いになります。

夏はどうしても汗をかくのでかゆみが増し、空気の乾燥する冬場も痒みが増します。また、アレルギーがあることも多く、間違って食べてしまうと、かゆみだけで終わらず腫れたり、呼吸が困難になってしまうこともあります。
乳酸菌を取り入れると様々な効果があります。まず、腸内にいる善玉菌の数を増やして悪玉菌の数を抑え、いい方向へと働きかけます。結果、免疫力が上がり、たくさんの健康効果を得ることが出来ます。



例えば、アトピーに対しても改善効果があったり、感染症を予防する働きかけがあります。
乳酸菌はからだの健康をより良い状態にする効果が高いとされています。

運動量が足りていないと筋肉が衰えていくだけではなく、体の不調も起こってきます。


中でも女性に多く症状が見られるのは便が何日も出ないことです。

運動不足を解消しようと、通勤時にエレベーターを使わず階段を上ったり、食事の時に食物繊維が多いものを増やしたりするのが推薦します。
可能ならば、便秘にならないためにも、週に1、2回は歩いたり、自分に合った運動をして体を動かした方がいいです。

便秘に効くツボで有名なのは、おへそから両側に指に2本分程度離れたところにある天枢(てんすう)であります。

また、おへその下5cm程度のところにある腹結(ふっけつ)というツボも効くと言われています。手の近くには支溝(しこう)と外関(がいかん)と、いうツボがあります。便秘の種類によっても、効果的なツボは違うので、時分のタイプに合ったツボを押すと改善につながるでしょう。


元々、便秘に悩んでいたのですが、今ではだんだん改善されてきています。効果があった方法は、毎日ヨーグルトを食べるという方法でした。

友人がこの方法で、見事便秘を克服したという話を聞いて私も真似してみようとヨーグルトを買いこんでとにかく食べることにしました。

毎日食べているうちに、だんだん治ってきて、便秘の苦しみから解放されました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:大晟
読者になる
2016年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/cairrrclyteany/index1_0.rdf