つんくんと徳さん

May 31 [Tue], 2016, 12:07
介護士の働く職場では、人間関係が上手くいっている所は少ないといった話は、実によく耳に入ってきますけれども、これは、職場の大半の人材を女性が占めている、ということからきていると推測されます。
一般的な女性の傾向として、気の合う者同士でグループを形成しやすくあれこれと他人の噂話などを楽しむことがよくあり、どうやら女の人ばかりの仕事場では、そういったことは多いようです。
職場がそんな人間関係ばかりだといい加減、疲れてしまうかもしれません。でも、女性ばかりという環境ではそうなってしまい易い、ということを知っておくだけ知っておいて、一歩離れた所から対処する姿勢を保つのも手です。

様々な病気を患い心細い患者にとっては優しい言葉をかけてくれる介護士は、まさに「白衣の天使」のように見える事もあるでしょう。でも、その労働は過酷なものであることが多いのです。具体的には、覚える必要のある仕事や器具のチェックなど仕事は多岐に渡り、それが患者の命にかかわる事もある為に、酷くストレスを感じていると言えるでしょう。



そのため、うつ病を患う介護士も少なくないそうです。


中でも、真面目で責任感が強い性格の方や、ストレス発散方法がないという場合は要注意だと言えます。
どうしても、介護士という職業においては好んで煙草を吸う人があまり居ないというイメージですが、そのイメージ通りに国民の平均的な喫煙率よりも少ないことが分かっています。


介護士は病気の患者と接しますから、煙草を吸って、服や体に臭いがつかないように、注意している人が少なくない様子が理解できると思います。
入院できるような大きい介護施設の介護士の仕事内容は、外来勤務と病棟勤務で大きく違ってきます。
ですから、ずっと病棟勤務だった人の場合は、別の仕事先に移ったとしても、慣れている病棟勤務になりやすいようです。

または、何か得意な技能を持っているのであれば、それを採用面接で言っておくことで、得意なことを最も活かすことができる持ち場配置となり、働きやすくなるでしょう。
仮に、いつでも夜勤が歓迎である旨を伝えるとしますと、そういった人は少ないこともあり、確実に病棟勤務に就けるはずです。そうした仕事の中身により、給金の額も増減することを視野に入れつつ、きちんと自らの希望は伝えておくのが良いでしょう。
介護士になって最初に勤めた介護施設では、人間関係に悩むことになり、結局辞めてしまいました。その時、もういっそ、介護士を辞めてしまおうか、などと悩みました。

さんざん迷った後で、やっぱりこの道しかないという結論に達しまして、どうしても転職したい、と強く思ったのです。
決意をしたものの、履歴書をどう書いたらいいのか、よくわからなくて参りました。


スマホ片手にサイトを探したり、それらしい本を買ってきたり、こうかな、違うかな、などと考え考え書いたのですが、いい加減、社会人としての自覚を持って、何事にも決断を自分で下して、責任を果たしていかなければ、とわかったのです。
学校を卒業したばかりの新人ですとか、転職によって新しく働きだした介護士に、労働に見合うだけの残業手当がちゃんと払ってもらえないことがあるようです。

ただ働きで残業をさせるのは、勤続年数や経験などは関係せずはっきりと労基法に違反しているのです。勤務時間外の労働である残業も、仕事には違いがありませんので、せっかく働いたのならその時間分、手当として支払われなければなりません。給料についてですが、介護士の場合はどこで働いているかによって、大きく額が異なります。



個人介護施設、大学介護施設、公立介護施設など勤め先はいろいろあります。



介護士が退職時にもらえる手当、つまり退職金ですが、公的介護機関であれば、介護士は公務員、あるいは準公務員の扱いですから、しっかりと勤務した年数などから退職金が算出され、そうした規定に沿って支払われます。

他方で個人介護施設の状況を見てみますと、個々の介護施設によるものの、退職金については規定がない、ということもあり得ますし、介護施設のトップである、院長先生の判断に左右されるようです。公立介護施設に限っては、確実に規定額の退職金が出ます。
他はそうとも言えない、ということになるでしょう。皆さんご存知の通り、少子高齢化問題が叫ばれて久しいですが、それに伴って、介護施設などの介護の現場で働く人々がより必要性が高まると考えられています。したがって、現在も「介護士は売り手市場だ」といわれているのですが、これから先もその状況からは脱却できないと予想されます。
毎年多くの人が介護士資格に合格しているはずなのに、いまだに介護士不足が叫ばれているのは職場の環境や待遇の悪さによっておこる退職も要因となっています。
介護士試験合格に向けて学ぶ場所として大学あるいは専門学校があり、介護士を目指す場合、どちらかに入ることとなります。
大学の特徴を挙げると、最先端介護の知識など高度な技術に触れることができることや、一般教養科目によって、さらに幅広い見識を深められるという点にあります。他方、専門学校に関しては、実習が多いので実践的なことを学ぶ機会に恵まれており、実習を生かして、即戦力となれる場合が多いです。その他、学費に関しても専門学校の場合は大学の学費の十分の一ほどなので、とても安いです。
働く介護士の休日に関してですが、職場によってそれぞれ異なるようです。その中でも、3交代制での勤務形態の場合、シフトのスケジュールに沿って勤務しますから、休日勤務や平日休みになることが一般的です。

むしろ、環境が許せばご自分の予定に合わせたシフトを組むことが出来るので、そういう意味では働きやすいと言えますね。

気になる介護士資格の難易度ですが、どのくらいだと思いますか?試験の合格率ですが、毎年90%前後ですから、決して低くありません。


試験内容自体が、学校で普通に勉強していた人だったらそれほど苦労なく合格できるものですから、これといって介護士の資格を取るのがものすごくキツイということもないみたいです。介護士長の役割とは、各病棟を取りまとめる以外に介護士たちを指導教育したり、上司にあたる看護部長をサポートするなどが主な仕事で、一般的には課長の役職に近いと言えます。普通に課長職といっても、その年収が中小企業と大企業では全く違うのと同様に、介護士の年収は、介護施設の規模で全く異なるのです。



または、公立と民間、地域によっても差があって、稼ぎの良い公立介護施設に勤めるケースでは約750万円と見られています。


「介護士」という書き方と、「看護士」という書き方があります。双方とも「かんごし」と読み、同じ読みです。

漢字で書いてみるとどちらかで書き表されます。昔は男性のことを表すのは看護士、そして、女性を指す際には看護婦と、わかりやすく区別されていました。



でも、2001年に法律が変わったことを契機として、男性を指す時も、また女性を指す時も使用可能な「介護士」として一元化しました。国外で介護的な支援を求めている人々に、日本の介護を提供できたらと考えている介護士の方も多いのではないでしょうか。



実際に、海外において日本の介護士を求める声も増えていて、豊富な知識と笑顔で患者を支えることの出来る介護士が求められているのです。
海外で介護士になる場合、意思疎通をはかるためにも、医学的な英会話ができる事が最低条件になります。



本気で介護士として海外で働くことを夢見るのならば、しっかりと英語を学ぶ事をお勧めします。
多くの方々と出会うことが出来る街コンですが介護士の中でこちらに参加をする人というのは多くいます。

同僚の大多数が女性、ということも多く、どうにも男性に出会うことが難しく、結婚したいと思っている介護士をはじめとして、街コンへの参加は珍しくありません。



介護士という仕事は、街コン参加者の中でも人気の高い職業だと言えます。とは言え、たとえカップルが成立しても勤務形態が不規則なせいで、駄目になってしまうこともあるようです。
一般的に、介護士が持つ悩みとして代表的なものは3交代制などの不規則な勤務形態ですよね。カレンダー通りの休みが取れる事はまずありませんから、休日に誰とも都合が合わないといった悩みを抱えている方も多いようです。

他にも、介護士が不足している職場においては、忙しくて休みが取れないケースもあります。
こうした状態を変えたいのであれば、例えば、日勤だけの職場を探してみるなどして、転職を視野に入れて行動するのもおススメします。

初めて介護士の就職先を探してみても見つからずに失敗が続くという場合、もしかしたら年齢制限によって弾かれている可能性があります。
実際の求人には年齢制限の記載がない場合がほとんどですが、介護施設側の事情で何歳以下だけを採用すると決めている場合があります。中でも、30歳以上で未経験の場合、かなり大変ですので、相当な努力をしなくてはいません。介護士という仕事が激務であることには異論の余地がありません。
中でも病棟勤務ともなると、症状の重い患者さんを受け持つこともあるのですが、急に容態が変化してその処置に大わらわになったりしますし、必要な人には、身の回りの世話や手伝いといったことも仕事の一つです。
いきなり緊急手術が行われたり、スタッフの数が少ない夜間にナースコールの数が多く、対応にかかりきりになってしまったり等、めまぐるしくゴタゴタする夜を過ごすこともあります。前に勤めたことのある職場に再就職し、働いている介護士は多いですし、増えてもいます。



とはいえ、出戻ってこれるのかどうかはどういった事情で職場を辞めたかによって変わるでしょう。

よくあるのは転居や結婚を理由に辞めたり、出産を機に辞めた、といったような場合だと、簡単に出戻って復職しやすいかもしれません。
こうしたケースは、実際にとても多いようです。


様々な事情により夜勤はできないとして、昼間だけのパート介護士として出戻り就職をする人も少なくありません。多くの介護士に共通する悩みのタネと言えば、勤めている職場の人間関係の問題や不規則な勤務形態です。


一般的に介護士の多くが女性なので、モラハラや職場いじめがあったりと、ドロドロした人間関係がつくられているような職場もよくあります。また、シフト制の職場は夜勤が避けられませんから、ストレスも多いのです。問題が改善されそうにない職場には、早いうちに見切りをつけ、人間関係も良く日勤で働ける職場を探すのも良いと思います。

介護士に階級があるのをご存知ですか?トップに位置するのは、各介護施設の方針によっても異なりますが、普通は看護部長、総介護士長といわれる階級です。具体的に、どのように階級が上がるのかというと、同じ介護施設に長期間勤務して実績を積むなど、信頼を得られるように努めることが重要でしょう。階級が高くなるほどに高収入になる事は間違いないでしょう。
看護のスペシャリストであり、様々な役割を期待される介護士は慢性的に人手不足のところが多く、常に求められています。
そんな訳で、もしも職場を変えたい等を望むなら、それはかなり容易なはずで、そういった際に少々念を入れて就職活動をしてみると、とても良い条件の仕事先を発見することもできます。幸い、ネット上を少し見てみると介護士を対象とした転職、求人を扱うサイトなどもたくさんありますから、上手にそういうものも使って優良な職場を探してみてはいかがでしょうか。介護士の中でも国家試験をパスした正介護士になるには、看護の専門学校や大学等を卒業することが必須になります。看護課程を卒業すること自体が受験資格なので、避けようがありませんね。

しかし、専門学校や大学は倍率が高く狭き門になっています。

ですから看護学校受験のための予備校に通って受験対策をする人もいるようです。


正介護士の資格が欲しいけれど、いま既に働いているという方は、看護学校の通信課程もありますから、働きながら勉強することが出来ます。



小さい頃から介護士として働きたいと思っていましたが、事情があって就職を選んでしばらくOLとして会社に勤めていました。


でも、夢を諦められませんでした。無資格でも看護関係の仕事に就くという事も選択肢の一つでしたが、ちゃんとした資格を取得して介護士として働きたいという気持ちもあり、迷っていたところ、介護の現場で看護助手としての仕事をしながら資格を取ることが出来る事を知りました。

子供のころからの夢を叶えるために、頑張りたいと思います。
未婚の友人の中でも介護士をしている人が結構います。
異性から好かれる要素の多い介護士でも、独身の女性も多いです。


実際に、介護士が結婚した年齢を調査してみると両極端だという事が判明しました。結婚が遅い人に共通していることは、出会いが無かったり、地位を上げるために結婚が遅くなるという事も珍しいことではありません。
介護士でも公務員になれることをご存知ですか?それは勤務先を国公立の介護施設にすることです。

本来、職業としての介護士が長期にわたって務められる仕事だということで高い人気がありますが、なおかつ公務員にもなれたらこれ以上の安定性はないですよね。



手厚い福利厚生に安定した職場、きちんと整備された年金制度などは魅力的ですよね。

介護士というものは普通とはちょっと違う職業だと認識されていますが、そうは言っても、労働組合がないと下手をすれば不適切な雇用条件で勤務することになるなど、患者にも悪影響となる場合もあるかもしれません。

ストライキを起こそうにも介護士という仕事では難しいため、雇う側の立場の人間が、しっかりと気を配るということが大事だというのは当然の事実です。

介護士の仕事を選択する、重要な理由の一つにお給料を多くもらえるということがあると思います。初任給で考えても、同じくらいの歳の新入社員よりも収入が高めだといえるはずです。

しかし、給料を多くもらうということは、その分、自分自身も精進に励み、日々、患者さんへ還元していく必要があるのです。介護施設という場所で働く介護士は片時も気を抜くことはできないでしょうし、そうしたことにより多くの介護士はストレスに悩まされます。ですから、身体に負担がかかる仕事である上に、さらに精神的なダメージも蓄積するわけです。そうして溜めこんだストレスを解消させるメソッドを持っているということは大きな利点であり、この先も長く続けたい場合は重要なキーポイントになり得ます。交代制で夜勤もこなさないといけない介護士の仕事は、時間が不規則になります。


規定通りの休みをとることはもちろんできるのですが、身体的に辛いということもあって、結婚、出産を理由に退職に至る人はかなり多い、というのが問題となっています。


結婚はともかく、出産を経て子育てスタート、となった時、それこそ24時間保育可能な預け先を見つけ出せないとそもそも夜勤などはできないものです。しかし最近になって、子育てが済んだということで再び介護士として働きだすようになる人もいて、そんな例が増えてきており、大きな戦力となっています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:美空
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/caimxehwntisyi/index1_0.rdf