超音波で胎児治療 不要な血管ふさぐ 母子負担軽減、昭和大 

May 14 [Mon], 2012, 11:00
共同通信社 5月14日(月) 配信
 子宮内の胎児の心臓から自分の体以外にも血液が送られ、心臓に負荷がかかる重い病気に対し、母親の腹の外から強い超音波を当てて不要な血管をふさぐ方法で治療することに成功したと、昭和大の岡井崇(おかい・たかし)教授(産婦人科)らのチームが14日、明らかにした。世界初という。

 従来は母親に全身麻酔をし、腹に刺した針に電流を流して血管をふさぐなどしていたが、流産や早産、感染症の危険があった。今回の方法は母子への負担が軽いという。岡井教授は「腫瘍のある胎児から患部を取り除くなど、さまざまなケースで応用が期待できる」と話している。

 治療したのは、一卵性双生児の片方にしか心臓がなく、一つの心臓が双方に血液を送る「無心体双胎」。心臓がない胎児は生存できず、健康な胎児も心臓がない胎児への血流を止めないと6割程度は心不全で死亡するとされる。

 岡井教授らは、通常の超音波検査で使う100万倍のエネルギーの超音波を直径約1ミリの範囲に集中的に当て、高熱を発生させる装置を開発。

 4〜5月に、妊娠16週の女性(32)の腹の外から、心臓がない胎児のへそ付近にこの装置で超音波を当て、血流の停止を確認。健康な胎児は順調に成長しているという。

 この病気は、日本では年間約30例あると推定されている。

赤ちゃんポスト5年「必要とする母親いる」 

May 09 [Wed], 2012, 11:51
読売新聞 5月9日(水) 配信
慈恵病院 相談体制整備求める

 親が養育できない子供を匿名で託せる慈恵病院(熊本市)の「こうのとりのゆりかご」(赤ちゃんポスト)。運用開始から5年の節目を前に8日、記者会見した同病院の蓮田太二理事長と田尻由貴子看護部長は改めてゆりかごの必要性を強調し、悩みを抱える母親のよりどころとなる相談体制の整備などを求めた。主な一問一答は次の通り。(手嶋由梨)

 --5年を経過してゆりかごの必要性をどう思うか。

 「経済困窮や若年者の妊娠、配偶者の暴力など、ゆりかごを必要とする様々な事情があることが分かった」

 --安易な理由で預けているという指摘もある。

 「母親は自分の親に言えないなど様々な事情を抱えている。悲痛な叫びを我々が受け止めないといけない」

 --預けられた子供の処遇をどう考える。

 「なるべく早く家庭で実子として育てられるよう特別養子縁組の推進を働きかけている。5年間で800人以上の養子縁組の希望が寄せられている。子供を育てたいという人は多い」

 --匿名性については賛否がある。

 「必要だと思う。人に知られたくないという思いの強い母親が、匿名だからこそ預けることができる」

 --匿名性と子供が出自を知る権利との関係をどう考える。

 「子供は誰から生まれたのではなくて、誰に育てられたかが重要だ。養子に対する偏見のない社会ができあがったときに、(誰から生まれたのかという)出自の問題はなくなるのではないか」

 --悩みを抱える母親の相談体制は十分だろうか。

 「経済的に貧しければ遠方から熊本まで来ることは難しい。全国に相談拠点が必要。今夏から愛知県のNPO法人と協力し現地で相談を行うことになった。こういったネットワークが広がっていくよう主導していきたいし、行政にも協力してほしい」

 --ゆりかごが社会に与えた影響は。

 「全国の産婦人科が相談に応じるようになったり、学校から(慈恵病院に)性教育や保護者に対する講演の依頼があったりしている。少しずつ関心が高まってきていると感じている」

女性のがん「勇気出して受診を」 MBS第4回セミナー 

May 08 [Tue], 2012, 11:53
毎日新聞社 5月8日(火) 配信
がん:女性のがん「勇気出して受診を」−−MBS第4回セミナー

 毎日放送(MBS)のキャンペーン「もっと知ってほしい“がんのこと”2012」の第4回セミナーが4月24日、「女性のがん」をテーマに大阪市北区の同社で開かれた。大阪大医学部の榎本隆之教授が「子宮頸(けい)がんは早期発見で100%治り、出産も可能」と講演。57人が熱心に聴き入った。

 榎本教授は、子宮頸がん検診の受診率が米国では8割を超す一方、日本は約2割にとどまっていることを指摘。予防接種の重要性にも触れ、「ワクチンで6、7割は予防できる」と語った。一方、卵巣がんは早期発見が難しく、定期健診のほか、腹囲の増加などの症状があったらすぐに受診することを呼びかけた。

 パネルディスカッションでは、卵巣がんの治療をした安井美智子さんが「最初は太っただけかと思ったが、勇気を出して受診して良かった」と振り返った。

 セミナーは毎月第4火曜日午後7時〜8時半。参加無料。申し込みはファクス06・6886・3387(氏名、年齢、電話番号、参加希望回を記入)か、ホームページ(HP)=http://www.mbs.jp/joc/=で。次回(22日)のテーマは「がんと恋愛・結婚」。

 またMBSなどはキャンペーンの一環として、冊子「もっと知ってほしい」シリーズを作製した。「卵巣がん」「子宮体がん」「大切な人ががんになったとき」の3冊があり、HPからダウンロードできる。【関雄輔】

不妊治療 兵庫・養父市が助成金 体外受精など最高10万円 

May 08 [Tue], 2012, 11:50
毎日新聞社 5月8日(火) 配信
不妊治療:養父市が助成金 体外受精など最高10万円 /兵庫

 養父市は体外受精などの不妊治療をした市民への助成を始めた。1回上限10万円を支給する。既存の県の助成(上限1回15万円)に上乗せして支給する。体外受精の医療費負担が大きく軽減される。

 対象となるのは、4月以降に県の助成を受ける市内の夫婦。支給資格や回数なども県に準じている。

 養父市健康課は「多額の費用が掛かるため、不妊治療をできずにいる市民を支援し、少子化対策にもつなげたい」と説明している。

 問い合わせは市健康課(079・662・3167)。【皆木成実】

卵子提供での出産ルール、議員立法で…厚労相 

May 08 [Tue], 2012, 11:48
読売新聞 5月8日(火) 配信
 国内外で第三者から卵子提供を受けた女性が多数の子供を出産していることについて、小宮山厚生労働相は8日の閣議後記者会見で、「超党派の議員立法でやっていく方向がいいのではないか」と述べ、国会主導でのルール作りに期待する考えを示した。

 卵子提供による出産については、国内外で提供を受けて生まれた子供が200人以上にのぼっていることが読売新聞の取材で判明している。小宮山厚労相は「生まれた子供の人権、地位を安定させるために、私も野党議員の時に超党派で検討してきた。取り組まないといけない問題だ」と語った。ただ、どういう範囲で卵子提供を認めるかとの前提を確定することが難しいとし、「国会の動きを注視したい」と述べた。