俺は見返りを求めない 

December 20 [Thu], 2007, 22:39
俺は見返りを求めない。 
 
自分のすべての行為に於いて。 
 
俺は見返りを求めない。 
 
見返りを求める姿は恥である。 
 
本当の思いやりから発露する仁をもって、 
 
俺は行動をしていく。 
 
俺は弱い心の人間だ。 
 
常に見返りを求めてきた。 
 
だが、そんな人生からはオサラバする。 
 
そう、俺は見返りを求めない。 
 
決して見返りを求めない。 
 

行動が自信を生み出す 

December 18 [Tue], 2007, 22:02
日々、人に恥じない行動をしているか? 
 
誰も見ていないからと、 
 
世間から信用を失うような行動はしていないか? 
 
人間は自身の行動の積み重ねから、 
 
自信を会得する。 
 
たとえ誰も見ていない時でも、 
 
己の行動には責任をもたなければならない。 
 
中々難しいことではあるが、 
 
常に意識する事で、そこから自信が生まれ、 
 
やがで立派な人間になれるはずだ。 
 
自らを律して生きて行こう。

心と体 

December 16 [Sun], 2007, 21:29
風邪が完治したのでジムへ行った。 
 
一週間近く動いていなかったので、 
 
張り切ってランニングマシンをやったら、 
 
十分後異変が。 
  
膝が痛い。 
 
だが動いていなかった分、 
 
気持ちが止めるのを許さない。 
 
後一分、後一分と続け二十五分走って終了。 
 
走り終わり、 
 
ランニングマシンから降りた時は膝痛もたいした事がなかったので、
 
そのまま調子にのって筋トレをしてジムワークを終えた。 
 
着替えて、車に向かう途中、猛烈な膝痛が襲ってきた。 
 
かなり痛い。 
 
やはり一週間動いていなかったのに無茶をしすぎたようだ。 
 
心と体のバランスはとても大事である。 
 
動きたい気持ちと、まだ風邪が完治したばかりのなまった体。 
 
今日は気持ちを抑えて、軽めの運動にすればよかったのだ。 
 
反省である。 
 
こんな無茶をしてまた風邪を拗らしたらそれこそ馬鹿だ。 
 
うがい手洗い、そして早めの就寝で、体のケアをしよう。

神経質とうつ病 

December 15 [Sat], 2007, 21:37
神経質で完璧主義な人ほど、 
 
うつ病になりやすいらしい。 
 
私は完璧主義ではないが神経質である。 
 
胃の調子はすこぶる悪いし、吹き出物もよくできる。 
 
円形脱毛症になったこともある。 
 
こうなってくると次はうつ病になるのではと内心ビクビクしている。 
 
胃の痛みや脱毛症は人の迷惑にはならないが、 
 
うつ病となると話が違う。 
 
もっと気楽に生きてもいいのかもしれない。 
 
そう思う一方でもっとど真剣に生きていたい気持ちもある。 
 
人生の課題だ。 
 
最近、顔の左側に違和感がある。 
 
顔面麻痺の兆候か。 
 
もう苦笑いである。

政治家という病 

December 14 [Fri], 2007, 20:36
政治家の失言が問題になっている。 
 
しかし、政治家の発言のいい加減なことなど、 
 
今や常識である。 
 
誰も政治家が清廉潔白だなんて思ってない。 
 
情けない限りだ。 
 
政治家は国民の代表者であるわけだから、 
 
もっと己の人格を高めるべきである。 
 
トップに立つ人、あるいはリーダになる人に無くてはならないのは、 
 
高潔な人格であって、知識や能力ではない。 
 
自分の発言に責任を持てない人は、トップに立ってはならない。 
 
私心をもたない本物の人物が現れてほしいものである。 
 

風邪をひく  

December 13 [Thu], 2007, 17:32
久しぶりに風邪をひいた。 
 
熱と体のだるさと軽い頭痛。 
 
ひたすら寝るしかなかった。 
 
なぜか熱をだすと小学生や中学生だったころを思い出す。 
 
熱は辛いんだけど、 
 
学校に行かなくても許されるという開放感。 
 
徐々に治りかけてくると、 
 
もう一日だけ休みたいと強く思った。 
 
そんな学校嫌いだった小中学生時代を思い出すのだ。 
 
今回は布団の中、 
 
モヤモヤの頭で自分の死生観について考えた。 
 
人間はいつまでも健康でいられるわけではない。 
 
いつかは病気になり、やがて死ぬ。 
 
それは今日かもしれないし、何十年後かもしれない。 
 
しかし確実に死ぬ。 
 
死を恐れても仕方がないが、 
 
まったく意識しないのも如何なものか。 
 
それでは突然襲ってくる死に対して、対処ができない。 
 
やはりどうしても考えざるを得ない、人生の大問題なのだ。 
 
もっと自分の死生観を深く掘り下げていきたいと思った。 
 
死を自覚して、生を謳歌すべし。である。 
 

プレゼントをあげよう 

December 08 [Sat], 2007, 14:58
もうすぐクリスマスである。 
 
と、いうことで、プレゼントを買いに行ったわけだが、 
 
なかなかプレゼントを選ぶのは難しい。 
 
相手に喜んでもらえる物をあげたい、そう考えていると結構迷うものだ。 
 
ああでもない、こうでもない。 
 
しかし、肝心なのは気持ちの問題だと思う。 
 
相手を喜ばせてあげようという気持ちさえ伝われば、 
 
案外、プレゼントの中身など気にしないもの。 
 
プレゼントするという行為にこそ価値があるのだ。 
 
なんて事を考えて、不安な気持ちを打ち消すしかない。 
 
唯プレゼントを渡す相手がいるだけ幸せだ。 
 
何事も一人では為す事ができない。 
 
皆、連帯して生きているのだ。 
 
クリスマスに皆に感謝の気持ちを伝えよう。

夜回り先生 

December 06 [Thu], 2007, 22:51
夜回り先生こと水谷修さんの講演に行ってきた。 
 
その衝撃は半端ではない。 
 
やはり信念で生きている人から発せられる言葉には、 
 
魂が宿っている。 
 
本物の人という感じがした。 
 
聴いていて気分が悪くなるほどに、 
 
その話しはリアルである。 
 
真実は現実の真っ只中にある。 
 
作り物でない、人生の話しは私の心にも深く刺さった。 
 
今の日本の闇を、今日はとても考えたし、 
 
今後も考えなければいけない。 
 
日本人の一人一人がもっと思いやりを持つことが必須であろう。 
 
利己主義が蔓延る世の中で、 
 
もっと他人のために生きても良い。 
 
自分の家族や友達や恋人のためなら、尚の事である。 
 
とにかく愛を。 
 
真心を。 
 
優しさを。 
 
温もりを。 
 
もっと皆が持つ必要がある。 
 
とにかく今日は衝撃であった。 
 
夜回り先生、ありがとう。

信念よ!我が心に!  

December 04 [Tue], 2007, 21:23
人間は信念を心に宿して生きるべきである。 
 
最近、その事を痛感しているのだ。 
 
格好をつけているわけじゃない、 
 
むしろ逆なのだ。 
 
弱く脆い生き物である私は、 
 
信念をもって生きていた方が楽に生きれる。 
 
人生は辛い事の連続でなりたっている。 
 
辛い出来事に遭遇し、挫けそうな時、 
 
救ってくれるのは、
 
家族でもなく、 
 
友達でもなく、 
 
恋人でもなく、 
 
まして神様でもない。 
 
私自身である。 
 
私自身の心である。 
 
つまりは信念である。 
 
やはりまずは自分の生き方を確立すること。 
 
これが大事なんだろう。 
 
真剣に生きる。 
 
そうすれば自ずと自分の生き方に魂が宿り、 
 
信念をもって生きることになるのだ。

睡魔  

December 03 [Mon], 2007, 23:03
眠い。 
 
猛烈に眠い。 
 
なので寝ます。 
 
おやすみ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:cafe-midnight
読者になる
2007年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像ヨシオ
» 俺は見返りを求めない (2008年10月18日)
アイコン画像真那斗
» 俺は見返りを求めない (2008年10月16日)
アイコン画像猫男爵
» 俺は見返りを求めない (2008年10月11日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» 俺は見返りを求めない (2008年10月08日)
アイコン画像はにまる
» 俺は見返りを求めない (2008年10月03日)
アイコン画像きりひと
» 俺は見返りを求めない (2008年10月03日)
アイコン画像ikumi
» 俺は見返りを求めない (2008年09月26日)
アイコン画像MASA
» 俺は見返りを求めない (2008年09月19日)
アイコン画像火星の後継者
» 俺は見返りを求めない (2008年09月14日)
アイコン画像名前
» 俺は見返りを求めない (2008年08月01日)
Yapme!一覧
読者になる