【 更新情報 】

お知らせ

CADオペレーターの給料や時給

CADオペレーターの給料や時給は能力によってかなり変わってきますので、一概にいくらというのは難しいかもしれません。
未経験の場合、時給で1000円程度のところも多いですし、最初は決して給料が良いとはいえない職業ですね。
しかし、経験がありCAD利用技術者試験などの資格を持っている方の場合、時給が2000円程度まで上がる事も珍しくないそうなので、頑張ればその分結果がついてくる職種です。
CADオペレーターの平均時給は1500円程度になっているそうなので、自分の実力でかなり変化があるといえます。
ただ、地方に行くと給料はかなり変わってきて、未経験者の時給が700円なんてところもあるそうですし、経験者でも時給1300円程度のところも多いようです。
地域によってかなり差があるようなので、すこし通勤時間はかかっても給料の高い地域に行った方が良い場合もあるようですね。
現在では在宅で請け負っている方もいるようですので、いろいろ調べてみるのも良いかもしれませんね。
専門的な知識が必要とされるわりには給料は安いかもしれませんが、身につけた知識や技術はかなり役に立つと思いますので、CADオペレータは悪くない職業だと思います。

CADオペレーターの資格や試験

CADオペレーターの資格は複数あるのですが、一番有力な資格といえば「CAD利用技術者試験」ではないでしょうか。
「CAD利用技術者試験」は社団法人コンピューターソフトウェア協会(通称CSAJ)が主催する資格で、日本でも有数の技術系認定試験になっているそうです。
基礎・2級・1級と3段階にわかれており、1級の試験では実技試験もあるため建築か機械のどちらかの分野を選んで試験を受けることになります。
2級以下は筆記試験だけで受験制限もないのですが、1級は実技試験と筆記試験の両方があり、受験資格も2級有資格者か過去に1級を合格した人しか受験することができません。
かなり専門的な知識が必要とされますので、通信教育や資格スクールに通って勉強するのも良いかもしれませんね。
ほかのCADオペレーターの資格としては「Auto CADマスター試験」があり、これはオートデスク社のAutoCAD/AutoCAD LTを利用してCADオペレーターをしている方のための資格ですね。
AutoCAD/AutoCAD LTというCADソフトについての知識だけですので、他のCADソフトを利用している会社には全く評価されないですね。
CADオペレーターの資格はいろいろありますが、基本的には「CAD利用技術者試験」のみで良いと思いますので、CADオペレーターを目指している方は受験されてみてはいかがでしょうか。

CADオペレーターへの志望動機

CADオペレーターの面接を受けるときに志望動機でかなり悩む方も多くおられるのではないでしょうか。
ハローワークなどで求人を見つけ場合などはその会社について詳しくわからない事も多いと思いますし、未経験でもOKだったからというのが理由だったという方も多いかと思います。
志望動機については、「新しい仕事をすることでキャリアアップできると思ったから」などでも良いと思うのですが、どのような立場で面接を受けるのかで変わってきますのでなかなか難しいですよね。
転職情報サイトなどで見つけた方は、転職情報サイトにアドバイザーがいると思いますので、その方にアドバイスを受けると良いと思います。
インターネットで調べると志望動機について書かれているサイトも多くありますし、CADオペレーターについて書かれているサイトも多くあります。
CADオペレーターは専門的な知識が要求される職業ですから、新しい知識が得られる事をアピールするのも良いかもしれませんね。
CADオペレーターの求人を見つけたところで相談してみても良いと思いますので、いろいろ考えてみてください。
よっぽど酷い志望理由でない限りマイナスにはならないと思いますので、本音で書いてしまっても良いかと思います。

CADオペレーターは未経験でも大丈夫?

CADオペレーターの求人は結構数も多くありますし、未経験の方でも募集しているところはかなりあります。
もちろん、CADオペレーターに関する知識はもちろんですが、募集している分野に関して知識がないと結構厳しいと思います。
CADオペレーターは専門的な知識がそれなりに要求される職業ですので、経験よりも知識量が重要視されるようです。
エンジニア専門の転職サイト「オールエンジニア」では、未経験歓迎のCADオペレーターに関する求人が多くありますので、一度覗いてみると良いと思います。
ヒューマンリソシアやリクナビ派遣などでも多くのCADオペレーターの募集がありますので、未経験だからと諦める必要はないですね。
ただ、面接の時などに専門的な知識がどの程度あるか、パソコンの操作がどれくらいできるかなどをチェックされると思いますので、自信がない方は勉強してから行くと良いと思います。
もちろん簡単ではないでしょうが、そこまで深く知っていなくても採用してくれる会社はありますので、いろいろ当たってみると良いのではないでしょうか。
CADオペレーターの需要はかなり多いと思いますので、根気よく探してみることをオススメします。

CADオペレーターとは

CADはよく聞く名前だと思うのですが、これが一体何をするものか把握できている人はどれくらいいるでしょうか。
よく設計についてと書かれているため設計ソフトと思われている方も多いようですが、CADは設計ソフトではありません。
CADは簡単にいえば作図ソフトで、設計できる方が操作して図面を書くことはあっても、設計できない人が図面を書けるようになるものではありません。
よく求人募集されている「CADオペレ−ター」とは、図面の手直しやトレースなど、すでに出来上がった図面を編集したり直していく作業がほとんどです。
ただ、これにも多少の設計知識が必要で、建設系の図面なら建設知識が、機械系の図面なら機械知識が必要になってくると思います。
予備知識のない方がいきなりできるものではないと思いますので、CADオペレーターをやりたいという方は多少の勉強をしなければいけないでしょうね。
ただし、CADオペレーターをやっていても設計ができるようになることはありませんので、設計図を書きたいという方はCADオペレーターにならないほうがいいと思います。
とくにパソコンの操作が苦手という方にはまず無理だと思いますし、操作が多いので腱鞘炎になる方も多いようです。
CADオペレーターはある程度の専門知識がある方にオススメですので、すこし勉強してから応募するなりした方が良いかと思います。
P R
カテゴリアーカイブ