曽我の軒@豊川稲荷

October 17 [Mon], 2016, 16:27
曽我の軒@豊川稲荷
うな重(上)
どて煮豚モツの赤味噌煮込み
蓬莱泉 清酒 燗と冷







研修にて伊勢を巡った次の日に豊川稲荷さまに寄らせていただきました

工程表に組み込まれていた此方

稲荷様のすぐ近くなんですね

鰻は我が地元の 江戸屋 が一番と譲れない私ですが

此方も鰻の本場ですから非常に楽しみです

何でも注文を受けてから捌き始めるんだとかで少し時間がかかる様です

となれば 地のもので一杯やりたいものですね

という訳で どて煮 を

それと お勧めされた 蓬莱泉 の燗と冷

どて煮はこちら特有の八丁味噌の様です

甘みが強く深い濃くを味わえますね

蓬莱泉が すいっすい入っちゃいます(笑)







お待ちかねの うな重

元々関西焼の好きな私ですが

本場の関西焼は初めてです

しかも捌き立ての焼きたて

蓋を外すと香ばしい良い香りが放たれます

堪らず一口頬張れば 

表面はカリッとサクサク 中はしっとりふわふわの食感で

メイラード反応を纏った非常に香ばしい鰻臭が 口内から鼻孔に抜ける

舌に広がる鰻と甘辛タレの旨味

これは・・・・・ 天国の様な味わいでございます

あっさりと暫定1位に躍り出たことは内緒にしておきましょうか(汗)

旅のいい思い出になりました

鰻の食べ歩きでもはじめましょうかね?

御馳走様でした

大満足です

支那そば いしはら@西荻

October 17 [Mon], 2016, 13:02
支那そば いしはら@西荻
ワンタンメン ミックス







ラーメン愛好家にとって どこのラーメン店が一番かと考えた時に

一番なんて決められない

そんな風に皆さん考えると思います

気分や体調 

若い時代と現在でも違うと思いますね

豚骨スープと鶏ガラスープなんて ハッキリ言って別の料理にも感じますし

一番なんて決めなくても良いです

だけど

なんだかんだ言っても 心の中のベスト10

あると思います

支那そばいしはら さん

初めて伺いましたが 私の最も愛する一杯の源流の様なお店です

源流がなければ そのお店は無い訳で 

感慨深いですね

お店はカウンターのみの小ぢんまりとしたつくり

待ち客が一組いましたが

然程待たされずに腰を下ろしました

店主石原さんが居りますね

感動です

ゆっくりと作業されている様に見えますが 

ストレスはありません

丁度茹で湯鍋の目の前でしたが

沸騰させないんですね〜

ワンタンの注文が多いからなんでしょうか

話す機会などないので疑問は解決しませんが

なにか自分なりに考えるのが楽しいです

お味の方は想像以上に全体的に濃いめですね

旨みも強いです

東池袋大勝軒や永福町大勝軒、たんたん亭系

中華の素材はほぼほぼ同じようなもので

あとは組み立て次第なんじゃないかなと よく思います

鰹節を初めて入れたのは丸長さんらしいのですが

動物系と魚介系+α

やはり紙一重だなぁと思いました

ただ

その紙が薄い紙の様で 実はしっかりとした紙なのは言うまでもないですね

ワンタンも焼豚もすごく美味しかったです

海老ワンタンが特に好みでした

御馳走様です

次はどこのタンタン系に行きましょうか



べんてん@成増

October 17 [Mon], 2016, 11:33
中華そば べんてん@成増
塩ラーメン中
味玉







2014年6月に暖簾を下ろした此方 べんてん

何故あの人気店べんてんが閉店?と誰もが思ったことでしょう

風の噂によると 建物の老朽化に伴い・・・などと言う話も聞きました

ならば復活が約束されているのだろうと 個人的には安心していた次第です

満を持して今年2016年9月に復活した べんてん

少し落ち着いたころにと予定していましたが 

急遽のチャンス到来でした

大行列が予想されたので 開店前の早めの時間にと考えていましたが

中々うまくいかないもで

開店20分前くらいでしょうか

お店についた時にはすでに20人以上が連なっておりました

流石ですよね

ラーメンにありつけたのは 12時少し前あたり



さて

べんてん といえば「つけ麺」という人も多いと思いますが

私個人としては「ラーメン」の魅力に惹き込まれておりますので

ここは迷わずラーメンを

更に

塩の方が好みです

誰になんと言われようが 自分の食べたい一杯を食べるのが一番です

誰かに塩を否定されている訳ではありませんが(笑)

店内には助手様お一人と あの店主様が確かに居られます

感動

低姿勢で出迎えてくれました

帰り際もご丁寧にお言葉を頂いて

やはり名店は素晴らしい店主様が多いと改めて感じます

お味の方は 旧べんてん より美味しく感じます

勿論 日によってブレはあると思います

移転すると味が落ちた

昔の方が旨かった等良く聞く言葉ですが

厨房変われば何とやら

水やガスや厨房機器によって確実に味は変化すると思います

昔を美化してはいけない

しかし

個人的に好みの方向に味わえて良かった

本当に良かった

一つ心残りは 

味玉が半熟の今風になっていた事

あのハードボイルドのショッパイあいつが好きだった

また伺います

大変美味しゅうございました





丸長荻窪本店

October 06 [Thu], 2016, 16:22
丸長荻窪本店
チャーシューつけそば













荻窪という街には恥ずかしながら これで3回目

ラーメン愛好家にとって荻窪周辺は聖地の様に思えるのは私だけでしょうか

歴史のあるお店が密集していますね

高みのある新しいお店も良いけれど

私は老舗に惹かれてしまいます

さて此方丸長荻窪本店

言わずと知れた一大勢力の源流となる訳ですが

現在は2代目の5男様が指揮をとっているとの事

勝田台丸長さんの弟さんになるそうです

レジェンドブラザーズ

「つけ麺」が東池袋系だの「つけそば」が丸長系だの どっちが先だの色々あるようですが

お客としては、其れを生んでくれて有難うと素直に言いたい

お店に到着すると行列が3名 普段より少なめなのだろうか

なにしろ時間がかかるとの事で心に余裕が必要の様です

然程予習せずに来てしまいましたが なんとなく順番通りカウンター席に着きました

ラッキーな事に店主の目の前

ん〜 高齢なのに頑張っていらっしゃる

頭が下がります

麺茹で鍋は1ロットごとに水を入れ替え

チャーシューやメンマの仕込みの同時進行でこなしております

ややスローモーションに見える振る舞いですが

確実にこなしております

つけ汁は 中華屋でチャーハンに付いてくるスープの入れ物程の大きさ

そこに多めの醤油ダレ、砂糖らしきものが大量、旨味調味料らしきものが少々、

お酢が大量、胡椒大量、謎の黒いペースト油?少々

器の2/5くらい?調味料郡で埋め尽くされ かなり毒々しい(笑)

細切れのチャーシュー、ネギが追加され トッピングの短冊チャーシューが足され 我がつけ汁完成

麺は若手助手が手際よく〆られ盛り付けされてました

お酢の量からして 経験上むせ返しそうなので 慎重に

胡椒、お酢の炸裂する破壊力満点なつけ汁 半端ないですね

しかし

これが実に纏まりが有り美味しい

麺は加水高めなプリプリ餅餅食感

これも美味しいですね〜

ふと周りを見渡すと 謎の動きをしているお客様

チラホラ見受けられます

スープ割りを貰いに厨房まで自らの足で

しかも麺皿の上につけ汁の器を置いて・・・・・

予習情報の記憶の奥の方にそんな事があったような

カウンター席の人はそのまま貰ってる人もいれば

皿の上に置いてる人もいる

きっと割スープを注ぐ際に こぼしても良いように皿の上に置いているのではないか?

皿の上に置いた時は割スープの合図ではないか?



自分も店主の目の前に麺の皿を置き

つけ汁の器を置いた瞬間

・・・・・店主がこちらを向きました

すげ〜洞察力

多分置いた際に「カチッ」って音が鳴ったので

それで察したのか

もしくはテレパシー

何れにしても すげ〜

黙々と働きながら

すかさずスープ割をしてくれました



このお店 源流とは言え 天狗になってないし

むしろお客様を大事にしている

「はつね」 もそうでしたが

商売とは何ぞや

ラーメンとは何ぞや



言葉ではなく 肌で感じました

今回の荻窪行脚

私にとって忘れられない日になったことは言うまでもありません

両店とも大変美味しゅうございました

御馳走様です

また荻窪という街に刺激を求めて戻ってきます

はつね@西荻

October 05 [Wed], 2016, 16:49
はつね@西荻
タンメン











行きたくとも中々御縁がないお店ってありますね

日々の生活の中で時間の相性が合わない

距離が微妙に遠い等

平日昼営業のみのお店は本当に難しい

年に数回運の良い日が訪れると 宿題消化に努力します

無理やり運の良い日を作る場合もありますが・・・



こちら西荻の「はつね」さん

マニアの間では有名なお店ですね

私の友人も大勢食されております

此方の看板商品は何といっても「タンメン」の様ですが

醤油ラーメンやワンタンメン等も愛されている様です

さて

勢いあまって開店40分前に到着するも

なんと先客1名

流石ですね

後に並び 店内を見てみますと 店主様が忙しそうに手際よく仕込みをされています

代名詞タンメンの材料ですね

店内 店外 狭く古い建物の様ですが 綺麗にされていて味が有ります

店主様を含め哀愁が漂っています 

もう この時点でノックアウトな私です

定刻には10数名の行列ができておりました

順々にバラバラに着席する形となってしまいましたが

きちんと順番通りオーダーを暗記し お水を直々に頂き 調理に入りました

この狭い店内で隙の無い動き

そして非常に丁寧

チャーシューには隠し包丁を入れ ワンタンはその都度作る

実直な姿勢を目の当たりにして もはや味などどうでも良くなってしまいましたね

丁寧に作られた我がタンメン

丁寧に配膳して頂きました

熱々のスープにシャキシャキのお野菜

茹で加減ドンピシャな草むら麺

ううう

完璧なタンメンです

タンメン以上でも以下でもない 完璧なタンメン

珍々軒のタンメンもタンメン

華丸のタンメンもタンメン

はつねのタンメンもタンメン

タンメンと言う括りの中で

どのお店もお店の雰囲気を含め最高な味わいを提供してくれます

やはり味はお店そのもの

店主の全てを感じました

感動しました

会計も非常に丁寧で 客に対する感謝の気持ちを感じました

良いお店に巡り合い本当に幸せです



P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:りば
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1973年
  • アイコン画像 現住所:千葉県
読者になる
以前に他で書いてましたが、こちらの方が扱い易いので引越ししました。
2016年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像賀状
» 曽我の軒@豊川稲荷 (2017年01月04日)
アイコン画像りば
» 曽我の軒@豊川稲荷 (2016年12月28日)
アイコン画像The Noodles & Saloon Kiriya
» 曽我の軒@豊川稲荷 (2016年12月10日)
アイコン画像りば
» 支那そば いしはら@西荻 (2016年10月18日)
アイコン画像りば
» べんてん@成増 (2016年10月18日)
アイコン画像
» べんてん@成増 (2016年10月18日)
アイコン画像
» 支那そば いしはら@西荻 (2016年10月18日)
アイコン画像りば
» 丸長荻窪本店 (2016年10月11日)
アイコン画像
» 丸長荻窪本店 (2016年10月09日)
アイコン画像りば
» さくらミニ@千葉県流山市江戸川台 (2016年05月11日)
http://yaplog.jp/cadis-999/index1_0.rdf
カテゴリアーカイブ
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村