(無題) 

2008年10月17日(金) 2時48分
テストゥー

you and me 

2007年04月11日(水) 0時52分
月みたいな終わりを告げた
星が揺れる
僕が揺れる
君が揺れる
ゆらりゆらり 回り続くは風車

君が泣いた
うつむいた横顔 そっとそっと
何か告げたい?
空模様

何も癒えない終わりを見せた
星が燃える
僕が走る
君が飛ぶ
ふわりふわり 調べは終電のベル

抱き上げた君
涙を忘れた
雨模様

癒えることない終わりを告げた
星と月
僕と君
ゆらりゆらり 吹き続けるは変わり目の、風

love from rain 

2007年04月11日(水) 0時35分
雨が降って思い出して
傘を返して
神様返して

明日を蹴った
何もいらないのに

間違ってるかな
悪い夢すら見れないなんて
みれないの、

雨が降って振り返って
靴を返して
神様返して

愛すら語れないの
いい気になって

雨が降って思い出して
愛を返して
神様返して

forty-five 

2007年04月11日(水) 0時30分
気付かなかった
斜め四十五度 別世界
利き目は右目 やけに頭がくらくらする

 左斜め 別世界
 首を傾げて思い出したあの人は
 今日もきちんと笑ってる

知らなかった
斜め四十五度 同じ世界
あの人と同じ 首の傾げ方あたしもしてる

 右斜め 見慣れた世界
 喉を詰まらせつぶやいた名前は
 去年と何もかわらない

 左斜め 別世界
 首を痛めるほど何度も何度でも 
 涙がでるほど 
 思い出したあの人は… 
 

pure 

2007年04月11日(水) 0時30分
結び合わせるように昨日と明日
繋いでくれた電話と指輪
何も言うことはなくとも
かならず言う言葉 重ねた年月

目覚めたら隣を見る癖は相変わらずだね、と


微笑み合うは暖かい朝の真ん中
悔しいけれど私もつられて笑う
明日もちゃんとそばにいてね


まぶしい夜明かり繋ぎとめる昨日と明日
境目に立ち尽くす
抱きしめることは出来ないから
言葉を何度も 重ねた年月

目覚めたら重ねる頬はいつもやさしいね、と


哀しい朝も真夜中の微笑みも
染まる頬に寄せたさくらいろ
明日もちゃんとそばにいてね

where are you? 

2007年04月11日(水) 0時29分
ちょうど雨が降ったんだ あの雲と黒い間
君の言葉もあたしの棘も 同じように降ったんだ
煮え切らない 捨てきれない


何も知らない街は 君がいない街
音符は滲んでしまったのだから
紡げるものはただひとつ この指だけだと
信じていいよ


ちょうど雨が降り止んだんだ 君とあたしの間
言葉に刺抜きひとつ 足りない気持ちもあるけど
小さな石 誓った言葉


知らない振り出来るのは 君がいない街
楽譜は消えてしまったのだから
信じるものはただひとつ その手のひら
繋いでいて


知らない街並み 怖くはないでしょう
君がいる街 いない街
紡ぐもの 信じるものはただひとつ
信じていいよ

信じていいよ

blue string 

2007年04月11日(水) 0時28分
ひいては寄せる 海辺は渦を巻く
並んだ二足のスニーカー
手首の約束 青い糸


頭が割れるほど思い出した
喉が熱くなっても
呼び続けた名前
青い糸はいつまでたっても
切れてくれないんだ


はじける重なる シャボン玉
干しっぱなしのスニーカー
手首の約束 青い糸


忘れるとなると頭が痛む
君の名前を呼ぶと
喉が焼けてしまうほど
青い糸は僕をずっとずっと
笑うんだろうな


頭が割れるほど思い出した
喉が熱くなるほど
何度でも
君の名前を呼んだんだ
手首の約束 青い糸

songs 

2007年04月11日(水) 0時28分
まっすぐ笑えるほどきれいな空を
見ながら君は何を思うのか

君の伸びた背筋を
曲げてしまう意地悪が
これからも訪れませんように…


*零れる光ほどではないけれど
届けばいいなと唄います
救いのあるものではないけれど
この歌を唄います


むせかえるほど青い風に
飲み込まれながら君は何を思うのか

君の透き通る声を
枯らせるものが
これからも訪れませんように…


*うずくまるほど困ってしまっても
涙を下にこぼさないように
届くようにと思いながら
この歌を唄います


伸びた背筋に
透き通る声に
悪魔が住み着かない様にと…


*零れる光ほどではないけれど
届けばいいなと唄います
救いのあるものではないけれど
この歌を唄います
届くようにと この歌を唄います

to the love 

2007年04月11日(水) 0時27分
蒼よりくすんだ世界で
明日を掴み損ねた てのひら
いい具合の晴れ心地
古びた幸せを愛しく思って
春の坂を転げ降りて
明日の風を
甘く感じる

Laundry 

2007年04月11日(水) 0時26分
今日は天気がいいから朝から洗濯機をまわす
二人分の洗濯物 大した量じゃない
袖が絡まる まるで昨日のあなたとあたし

くるくるまわる洗濯機
ほろほろ落ちるは今日の涙
昨日と今日を繋ぐもの
指ではじいた涙
それでも昨日ははじけない

あっという間に干し終わる洗濯物
二人分のシャツ 皺を伸ばす
真っ白な雲 まるでシャツとおそろい

ゆらゆらゆれる洗濯物
ほろほろ落ちるは今日の涙
夜と朝をつなぐ指先
ぬぐったしずく
それでも昨日はぬぐえない
2008年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:蒼
読者になる
無断転送禁止。
Yapme!一覧
読者になる