アイリッシュ・セターの兼田

April 01 [Fri], 2016, 0:14
肌は状態を見てスキンケアのやり方を使い分けることが必要です。

日々同じやり方で、「おなじでもきっと大丈夫」とスキンケアをしていればいいワケではありません。

乾燥気味のお肌が求めているのはさっぱりしたケアよりしっとりとした保湿だったり、刺激の大きいケアは生理前などの体にも影響がありそうなときは使わないというようにお肌にとって大切なことなのです。


春夏秋冬でお肌の状態も変化していきますから方法を使い分けることもお肌のためなのです。
スキンケアで一番大事なことは洗うと言った作業です。


きちんとメイクを落とすことで肌の状態を清潔に保たないと肌が荒れる原因になってしまいます。

でも、ごしごしと洗っていると、いらない分の皮脂を取るだけにとどまらず、必要な分の皮脂まで取り除いてしまうことになって、肌の潤いが無くなってしまいます。



それに、洗うと言った作業は何と無くでおこなうものではなく、正しい方法で、クレンジングを実践して下さい。肌のスキンケアにも順番というものがあります。きちんと順番通りに使わないと、せっかくの効果も半減してしまいます。
洗顔の後は、まず化粧水。
肌に水分を与えることが出来ます。美容液を使う場合は化粧水の後。
つづいて、乳液、クリームと続きますが、これで肌にしっかりと水分を与えてから油分で肌が乾燥するのを防ぐのです。

オイルをスキンケアに取り入れる女性も最近多くなってきています。スキンケアのステップにホホバオイルやアルガンオイルなどを取り入れることで、保湿力アップを期待できます。オイルの種類を変えることによってもいろいろと効果が変わってきますので、自分の肌に合った適度なオイルを使ってみるといいでしょう。
質が重要ですので、オイルを選ぶ際は、古いものは使わず、新鮮なものを使うようにしてください。肌のお手入れでは、十分に肌を保湿したり、適度なマッサージ(上手な施術者はゴットハンドなんて呼ばれたりもします)をすると言う事も大切です。ですが、お肌に内側からケアをすると言う事もそれ以上に大切と言えるのではないでしょうか。不規則なご飯や睡眠、喫煙などが重なると、高価な化粧品の効果を台無しにしてしまい、充分に活かすことができません。


まずは生活習慣を見直すことが、スキンケアに体の内側からはたらきかけることが出来ます。



お肌の基礎手入れにオリーブオイルを使用する人もいます。



メイクを落とすのにオリーブオイルを使ったり、マスクのように包み込んでみたり、よく小鼻に溜まりやすい皮脂の汚れをきれいに落としたりと、各種のやり方で使われているようです。とはいえ、上質のオリーブオイルを用いなければ、肌が困った状態になる事もあるためす。そして、何か起こった時にもただちに肌に塗るのをとりやめて下さい。

スキンケア化粧品を選択するときに迷ったら、肌に刺激を与えるような成分をできるだけ含まれていないことが一番のポイントです。
保存料などが入っていると肌に刺激を与えやすくてかゆみ・赤みなどの肌トラブルを引き起こしがちなので、成分表示を、しっかり確認することが大切なのです。CMや値段に惑わされず自分の肌にあったものを選びましょう。



スキンケアの基本として、まず初めに汚れを落とすこと、また肌の湿度を一定に保つことです。肌に汚れが残っていると肌に問題が発生します。
また、肌の潤いが失われてしまうことも外部の刺激から肌を守る機能を低下させることにつながるので、絶対に保湿を行って頂戴。



しかし、保湿しすぎるのもいいことではありません。エステティシャンのハンドマッサージ(上手な施術者はゴットハンドなんて呼ばれたりもします)や普段自分では使えないような機器などで毛穴の汚れを取り去り肌の血行不良も改善されますから乾燥肌の方でスキンケアで忘れてはならないことは常に保湿を意識することです。


さらに、肌にのこす皮脂を気にしすぎないというのも大切なことです。


高価なクレンジングや洗顔料を使うときはもったいなさが先に出て少量で強くこすってしまうと必要な皮脂まで落としてしまって肌はますます乾燥します。



アト、洗顔のときのお湯についてですが熱すぎるとかえって肌に負担をかけます。


それに、保湿だけに留まらず、自分の洗顔方法をチェックしてみて頂戴。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:遥
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/c9wefdnecrutmh/index1_0.rdf