定められていることを忘れてはいけない

December 04 [Fri], 2015, 14:35
2007年に設立された株式会社ゆうちょ銀行のゆうちょ銀行による一般的なサービスは郵便貯金法(2007年廃止)に基づいた「郵便貯金」としては扱わず、民営化後適用された銀行法に定められた「預貯金」に基づく扱いの商品なのだ。
例外を除いて上場している企業の場合は、企業の活動を行っていく上で必要になることから、株式の上場のほかに社債も発行するのが普通になっている。株式と社債の最大の違いは、返済義務と言える。
【重要】株式の知識。出資証券(有価証券)なので、出資を受けた企業は株式を手に入れた株主に対して出資金等の返済に関する義務は負わないということ。またさらに、株式は売却によってのみ換金するものである。
紹介のあった、第二種金融商品取引業者(第一種業者も当然だが)がファンド(投資信託などの形態で、投資家から 委託を受けた資金の運用を投資顧問会社等の機関投資家が代行する金融商品)を作り、それを適正に運営するためには、目がくらむような量の「やるべきこと」、業者が「やってはいけないこと」が法律等により定められていることを忘れてはいけない。
【解説】金融機関の(信用)格付けって何?格付機関によって金融機関、さらには国債を発行している政府や、社債などの発行企業に関する、信用力や支払能力などを一定の基準に基づいて評価・公表するのです。
MMF:公社債(国債、社債など)や短期金融資産での運用をする投資信託という仕組み。万が一、取得から日をおかず(30日未満)に解約の場合、その手数料には罰金が課せられることになる。
いわゆるバブル(泡)経済とは何か?不動産、株式などの時価資産が市場で取引される価格が行き過ぎた投機により成長(実体経済の)を超過してもなお高騰し続け、当然の結果として投機によって持ちこたえることができなくなるまでの経済状態を指す言葉。
北海道拓殖銀行が営業終了した1998年12月、旧総理府の外局として国務大臣を組織の委員長と定められた新しい組織、金融再生委員会を設置し、不祥事を受けて設置された金融監督庁は2001年に内閣府の外局となるまで金融再生委員会の管轄下に3年弱整理されたことが多い。
きちんと知っておきたい用語。保険は、予測できない事故により発生した財産上の損失の対応のために、同じような複数の者が一定の保険料を掛け金として納め、集まった資金によって想定外に発生する事故が発生した者に保険料に応じた保険金を給付する仕組みなのだ。
よく聞くコトバ、デリバティブって何?これまでの伝統的な金融取引であったり実物商品・債権取引の相場変動が原因のリスクを避けるために実用化された金融商品全体であって、とくに金融派生商品ともいうのだ。
紹介しよう「銀行の運営の行く末はその銀行に信頼があって繁盛するか、そうでなければ融資する値打ちがあるとは言えない銀行だと見立てられたことでうまくいかなくなるか、どちらかだ」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン氏の言葉を引用)
金融庁が所管する保険業法の定めに基づき、保険を販売する企業は生保を扱う生命保険会社か損保を扱う損害保険会社、2つのうちどちらかに分かれ、いずれの形態であっても免許(内閣総理大臣による)を受けた者を除いて販売してはいけないと規制されている。
巷で言われる「重大な違反」になるかそうでないかは、金融庁が判定するもの。大方の場合、ちんけな違反が多数あり、その関係で、「重大な違反」判定するものです。
Y2Kともいわれた平成12年7月、大蔵省(省庁再編後財務省)からさらに金融制度の企画立案事務を新たに移管し約2年前に生まれた金融監督庁を金融再生委員会の管理下にある金融庁として再組織した。翌平成13年1月、ここに金融再生委員会を廃止し、内閣府直属の外局の「新」金融庁となったのです。
平成7年に公布された保険業法の規定により、保険の取り扱いを行う会社は生命保険会社あるいは損害保険会社に分かれて、2つとも内閣総理大臣による免許(監督および規制は金融庁)を受けた者しか行ってはいけないということ。

ベルタ葉酸サプリ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:c9lcm434598
読者になる
2015年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/c9lcm434598/index1_0.rdf