ビーマーな一日!。

July 08 [Fri], 2011, 19:59
この日曜日は第一なのでRSクラブの定例ツーに行ってきた。今回いもと違うのは誌の同行取材があることだった。取材の目的はもちろん我がでもないし、今や7台にもなったでもなく、クラブのネーミングの由来になっている二本サスである。その取材担当者はもちろんでの参加なのだが、今話題のニューカマーであるインライン6のでやっきた。6発のには興味があるがバカでかくて重いバイクには興味がない。写真で見るより間近で見るほうがもっとデカかったこの日の天気は事前の予報とは変わり雲の広がりは薄く明るかった、そのせいか集合場所の中央道石川PAには、午前8時にも関わらず大勢のツーリンググループが集まっていた。我々の反対側にはドカティ軍団が同じく178台集まり、次々集まるBMの我々を見てオヤジ達のツーリングかと見ているようだった。我々17台がそろそろ出発しようかと準備していたら、ドカ軍団がツインの爆音を響かせ次々と勢いよくPAを出て行った。待ってろよと思いながら我々も次々にスタートするが、本線に出た途端に全車全開に近い加速ですっ飛んで行く。セカンドグループから先頭に出ようと加速を強めた辺りで、先頭グループの7、8台が先発のドカ軍団を縫って次々に抜いていった。そんな抜き方したら追っかけられても知らんぞと思い、私も気付いたときにはすでにドカ軍団を全部抜いた後だった後の休憩地点で後方にいたメンバーに聞くと、何台かがキレたらしく追っかけてきたが直ぐに消えたそうだ。そりゃさうだおかしなジジイ達には絡むのを止めたのだろう。しかし、最終型でさえ年近く前の旧車であるをが取材するのも分かる。高速コーナーでのメーターが近いのに、その前を乾いた音を吐きながら、接地面積の僅かなか細いタイヤで軽くヨーイングしながらリーンしていくのである。僕ちんには怖くてできないかも高速バトルも小淵沢ICで終了し下道で今日のランチ場所である、八ヶ岳の麓にある小海リエックスとかいうスキー場に隣接したホテルに向かう。夏場の今はゴルフ客がまばらにいるだけだが、冬はさぞ盛況なのだろうか。しかし、小奇麗なゴルファーのオヤジ達と違い、小汚いライダーのオヤジ軍団は迷惑なのか、レストラン支配人の横柄な態度と上から目線を感じていた私。私を含め何人かがオムライスの大盛りと頼んだのを、支配人は黙ってメモしていたくせに運ばれてきたのは普通盛りで、誰かがウエイトレスに確認したら当店は大盛りはありませんだって。あの支配人を呼びけてアンタには大盛りは下品かも知らんが、こちとらスポーツしてきて腹減ってんだから、無視せず無いなら無いって答えんかいっ個人で来てたら間違いなく怒鳴ってる慇懃無礼な支配人だった。食後は駐車場で取材を受ける。一人一人バイクとのツーショットと、全員での集合写真を撮った。集合写真を後ろからパチリ帰りの佐久ICまでの山ん中では一雨降られたが、それ以外は休むまもなく2台のとバトルを続けたのは言うまでもない。お陰で今朝は上半身筋肉痛だった左側の3台だけで、なんと1200万円を越えるのだ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:c9jx0os4z0
読者になる
2011年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/c9jx0os4z0/index1_0.rdf