木崎のいく

April 28 [Fri], 2017, 12:18
全国での看護師年収は平均すると、437万円くらいです。



でも、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員勤務であるため、年収は平均して593万円ほどになります。


公務員看護師は給料のアップ率も民間病院よりも高く、福利厚生も充実しているのです。

準看護師の場合、看護師よりも平均年収が70万円くらい低いでしょう。看護士を志望する理由は本当にどんなことをきっかけにして看護師を目指すことになったのかを入れるとイメージが良くなるでしょう。
転職の場合、その理由はこれまでに培った経験を有効活用したいより誰かの役に立つ技術を身につけたいなど、ポジティブなイメージを持たせられるようにしてください。


これまでの職場に対するマイナスのことは言わないようにしましょう。
看護師の資格を得るためには、何通りかの道が挙げられます。



看護師の資格を取るためには、国家試験受験の必要があるのですが、いきなりは受験できません。試験を受けるためには看護専門学校(3年間)とか看護系の短大(3年間)でなければ、看護系の大学のいずれかで、看護に関して勉強するという条件があります。看護師が転職をするにあたっては、未来のことを考えて迅速に行動することが重要です。


さらに、何を重点的に考えるのかを決めておいた方が成功しやすいでしょう。将来の自分をはっきり想像して、そのビジョンに沿った転職先の情報を少しずつ収集してください。
給与額に職場環境、勤務形態など、自分にとって譲れない条件も数え上げておきましょう。
看護師となるための国家試験は、年に1度開催されます。看護師の人数の不足が問題となっているわが国のためには喜ばしいことに、直近数年の看護師資格の合格率はおよそ90%とかなり高い水準を示し続けています。看護師資格取得のための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定の水準以上であれば合格可能な試験です。



産業看護師は健康に働けるように従業員に保健の指導やうつ病防止のメンタルケアも行います。産業看護師の求人募集は一般に公開されないため、職業案内所で見つけるのは難しいでしょう。


興味がある人は看護師専用の転職HPを利用してください。

そういったサイトでは、産業看護師の求人もたくさん掲載されています。

修学旅行やツアーなどについていって、けがや病気の応急処置、病院の手配といったことをする看護師もいます。

結婚していて、子供がいたりする人は土日が休みになっていたり、夜勤がないという職場を希望しています。



病院以外のところで働くのであれば、その職場に適した専門の知識を備えている認定看護師や専門看護師の資格を取得していると、雇用への道が近づきます。産業看護師とは、一般の会社に勤務する看護師のことを指します。
看護師といったら病院やクリニックと結びつける人がほとんどですが、医務室が置かれている企業もあり、そういう場所に勤務している人もいます。仕事の内容や役目は勤務先ごとに違いますが、従業員の健康を守って、管理していくのは必ずすることだと思います。看護師国家試験に合格するよりも、看護学校を無事に卒業することの方が困難だと思う人も少なくありません。
看護学校は大変厳しく、レポートの提出がちょっとでも遅れたり、試験に落ちるなどのちょっとしたことで留年してしまうようです。そんなに厳しい学校をがんばって卒業し、国家試験もパスした方には、ぜひとも看護師の仕事についてほしいものですね。高校進学時点で衛生看護科に入学すると、他の方法よりも早く、国家試験の受験資格を与えられるので、最も早く看護師として、働けるようになるでしょう。

でも、在学中に進路を変更したくなっても進路を変えるのは簡単なことではありません。



また、試験を受けるまでには最短5年でいいのですが、期間が短いことが理由で勉強や実習に充てる絶対量が足りずに合格するのが難しいともいえます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:璃音
読者になる
2017年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/c7s5aepx6en8ew/index1_0.rdf