→pia-no-jaC← First Light Tour 2012@東京国際フォーラム

June 30 [Sat], 2012, 18:12
ツアーファイナル、国際フォーラムCホール。
ここは1500人収容で3階まで客席がある。
ステージから見たsoldoutの景色は格別だろうなぁ。
HIROクンの影アナは沢田研二のTOKIO若い皆様、ご存知かしら苦笑の熱唱から笑TOKIOが空を飛ぶカホンも空を飛ぶ飛ばへんわと一人リツッコミおいおい、イジョブ本日はDVD用と思われるカメラもしっかり入ってました一曲目眞、渾身のcajonの一撃が国際フォーラムCホールに鳴り響く。
響く音、吸収される音のバランスが気持ちよい。
Paradisoはストロボフラッシュと足下から響くカホンの振動で気持ちの高まりが増幅されるよう。
早くも汗だくHAYATOクン。
時々斜め右虚空を見ながら弾いているのは、降りてくる音を捕まえているHAYATOクンの最初のご挨拶からFantasista、残月、イナマイトと続く。
イナマイトは互いにメインパートをバトルしているみたいに聞こえる。
HAYATOクンのソロに煽られHIROクンのソロも激しく、しかし正確にリズムは刻み応戦。
そしてMC。
今回のファイナルも約半分がお初参戦の方。
MCはグつきたくないと頑張る中、テーマはツアーの振り返り。
中でもHIROクンの不幸話で盛り上がる。
北海道忘れ物事件高松イオンで購入した10万円超のスーツケース、一週間で壊れる事件愛媛モンバス告知フライング事件富山値段の書いてない店でHIROクン主宰の食事会事件、そして台風接近時、窓を開けてスタジオに行き、帰宅したらベッドとPCがお亡くなりしてた事件事件ばかりのHIROクンですが、このファイナルでも本番中に事件、いや事故がoま、それは後ほど笑そして次の曲に移る前の本日の意気込みを東京国際フォーラムとかけましてツアーファイナルとときますとHAYATOクンから振られたHIROクンは人差し指を口に当てシーCな場面から、えAな場面まで様々なステージがあるでしょうと返し、決まったーと思ったら、HAYATOクンからDホールもあるでと言われ、一瞬ヘコむもデー丈夫と江戸っ子な切り返しからFairyDolceへ笑今日のFairyDolceのツボは、HIROクンの小物。
中盤、HAYATOクンがいつもより長く弾いたため、タンバリンのタイミングを一回躊躇するHIROクン笑更にその後の高いさえずりの鳴き声を出す小物がいつもと違う。
急いで双眼鏡、ロックオン笑透明なアヒルみたいな容器で中に水が張ってある。
しっぽ部分がストロー状になっていて、そこから息を入れて音を出すんだけど、最初、水量に対し息の量が多く、音は出るものの容器から水がこぼれてますがおまけに光るし笑会場、思わず拍手。
前に使ってたのはどーしたんだろそしてボレロ新世界へと続く。
新世界ではイントロで肩をクイクイ回すHAYATOクンに悩殺されました後半のアドリブもこのツアーで自分が聴いた中では一番スタイリッシュでカッコ良かったかなooo最後のお題を引いて即興演奏、19回目のリクエスト回収ボックス、カモンってそれ俺のカホンやないかいを終え笑、引いたのは結婚できそうなやつと失恋した気持ちを癒してくれそうな曲。
お題が良かったのか、カメラが入っているせいか、HAYATOクンいつもよりサクサク取り掛かる。
毎回思うけど、HAYATOクンは日本調の曲を紡ぎだすのがホント上手い。
途中まで流れるように弾いていたのに、キーボードから身体を乗りだしHIROクンと相談開始笑マイクが会話の断片を拾ってるから面白い笑曲がマイナーコードになり演奏が止まったらえマジでちょっと待って話合おうとHIROクンのセリフ。
リアルすぎて笑えないっつーのその後先程FairyDolceで使用したあひる登場。
使う前に後ろ向いて水を追加してるHIROクンにツボる笑そしてやっぱお前でないとあかんねんとHIROクンが叫び、明るくアップテンポな曲調でフィニッシュ希望を言うならHIROクンのセリフにはエコー掛けて欲しかったなぁ笑島Dさんへのムチャ振り。
毎回弾き終えると、途端に明るくなるHAYATOクンので、今日はどやったに反し、毎回表情が引きつっていくHIROクン爆結婚だけにけっこういいカンジでしたを後半噛んだHIROクン。
もちろん暗転せず、その後暗転後、ステージからはあー良かったと安堵の叫びそして幻想即興曲から獅子奮迅。
文字通り奮い立つ獅子の如く頭を振ってのHIROクン、サングラスが飛びましたひゃあV撮り入っているのに既に私の中ではDVDはwaiwa.jpHAYATOクンのアップ、引きでステージ全体の映像しか浮かばない苦笑或いはHIROクンアップはモザイク掛け笑続くJackの冒頭で拾って掛けるも終盤、またズレる爆これで終わらないHIROクンの不幸はアンコールに続く笑リリの後の雪月花はグランドピアでの演奏。
音の盾轤ゥさがキーボードとは違う。
演奏後のHAYATOクンMCは、いつもと入りが違うなと思ったら、同じ事2回言ってました笑編集でカットだな笑本編ラストのPEACEはいつもより長いソロパートのHAYATOクンでした。
アンコール、暗闇の中笛の音と共に現れたのはブラックラビット緑のライトに浮かび上がるウサギの顔はキツネにも見える。
LEDの懐中電灯で客席を照らす妖しい姿は見馴れると、幻想的で面白い。
もちろん曲はうさぎDASH赤鍵立ちバージョン終了後、明るくなるステージにはTシャツ姿の二人の姿。
んちょっと待って、HIROクン、Tシャツとジーンズの間に違う色。
もしやと思った瞬間、HAYATOクンがHIRO、チャック開いてるで爆本日、事故連発のHIROクン。
どこまでも不幸なツアーいや、ファイナルだけに全て出し切ったのか笑DVDでは当然カットだろうな曲は結婚行進曲それでも猫は追いかける、HAYATOクンの右肩回し、左肩回し、両面ウインク等々、悩殺技全てを盛り込んだHAPPYで終了。
上から降ってくるような歓声はどうでしたか皆で繋いだ手の波はどう見えましたか幸せな時間、幸せな音楽をどうもありがとう。
楽しいツアーでした。
次回はサミットに参加して参ります。
サミットなので、コミュニティでは告知するつもりはないですが、昨年のサミット同様、レポートは残すつもりです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:c7j6ngx2a3
読者になる
2012年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/c7j6ngx2a3/index1_0.rdf