肌がカサカサの場合

May 10 [Sun], 2015, 12:58
新生児(約九割が全身が黄色くなる新生児黄疸を経験します)の乾燥肌の時、肌の手入れが非常に大切になります。誤ったスキンケアは症状を悪くさせるので、適切な方法をわかっておきましょう。まず、洗いすぎはタブーです。皮脂のことがひっかかるからといって1日に幾度も幾度も顔を洗ってしまうと肌が水分を失ってしまいます。逆に皮脂の分泌物の量が多くなってしますので、朝と夜の2回で足ります。赤ちゃんの肌のカサカサが気になる場合には、セラミドを補充してくださいね。

セラミドとは角質層の細胞に挟まれて水分、油分を含んでいる「細胞間脂質」です。
というのも、角質層には複数層の角質細胞が折り重なっていて、このセラミドが細胞間を糊のように結合しています。それが、表皮の健康を保つ防護壁のような機能もあるため、十分な量が存在しないと肌荒れしてしまうのです。乳児のカサカサ肌に最も大切なのは正しい手順で洗顔をおこなうことです。
してはいけない洗顔方法とはお肌を傷つける原因となり潤いを保てなくなってしまう、要因になる理由ですね。可能な限り、優しく包むように洗う丁寧に漱ぐ、というふうに意識をして顔や全身を洗いましょう。

肌がかさつく人は、低刺激の洗顔料をチョイスしてちゃんと泡立てて、肌を強くこすらないようにしてくださいね。力を込めて洗うと肌に良くないので、優しく洗うことが注意点です。


また、洗顔を行った後は欠かさず保湿するのが良いでしょう。
化粧水だけに限らず、乳液や美容液、保湿クリームなどもシチュエーションに応じて使用するようにしてくださいね。



冬になると空気が乾いてくるので、肌の水分も奪われがちです。


肌が乾燥してしまうと肌にトラブルを起こす要因となるので”乾燥している”と自覚し、注意することが必要です。

水分が足りない肌のトラブルを予防するためにも保湿・保水といったケアを普段よりしっかりとおこなうようにしてくださいね。寒い時期のスキンケアのコツは乾燥から肌を守ることが大切です。水分を保つ力が低下すると肌トラブルが頻繁に起きやすくなってしまうので、警戒してくださいね。では、保水力をもっと高めるには、どのような美肌の秘訣をすれば良いのでしょうか?保水能力向上にオススメのスキンケア方法は、血行を促進する、美肌効果の高い成分でできた化粧品を試してみる、洗顔の仕方に気をつけるという3方法です。

赤ちゃんの湿疹にはこれが効く
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:c7c29xljp9
読者になる
2015年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/c7c29xljp9/index1_0.rdf