リウマチ 脳梗塞

January 25 [Thu], 2018, 22:16
慢性関節リウマチの治療方法は、基礎療法、薬物療法、リハビリテーション療法、手術療法と大幅に4つに分類される。
4つの治療法の中で、土台となるのが基礎療法に成る。
患者(クランケ)自身が毎日の生活をどう送るべきかと云う基本的な療法である。

ここにあるリウマトイド因子が陽性、と云う事はつまり血液検査によるリウマチ反応が陽性、と云う事に成る。
「リウマチ反応が出た」と云う言葉に敏感になる人もいるかとおもうが、健康な人や、関節リウマチ以外の病気をもった人に陽性反応がでる事も有る。

以上のような効果から、温泉療法はリハビリテーションの一つとして実行される。
これは薬物療法や手術療法と同じように、リウマチ自体を治せる訳でもなく、対症療法の一つであるためす。

自立支援法により、障害レベル区分(支援の必要度合い)に応じた公平なサービス提供や、活用者本位のサービス体系への再編等が実行されるようになった。
しかしながら、福祉サービスを活用した際の食費等の実費負担や、活用したサービスの量等に応じた活用者負担(1割)が求められる為、現実には生活がし易くなったとは云えない人もいるようである。
負担額の上限の設定や、低所得者に対する負担低減制度も有る為、福祉担当窓口と対話する等して、今あるサービスを上手に使用できるとよいとおもう。



2018年01月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログランキング





P R
カテゴリアーカイブ