琉球王朝祭りに思う

May 23 [Thu], 2013, 13:08
琉球王朝時代に政治の中枢であり、華やかな都の中心であった首里。沖縄の首里城はその面影を忘れることなく、将来に渡って、王朝時代の伝統文化
を、継承してゆくことを目指し、開催されるのが琉球王朝祭りです。

琉球王朝時代は、中国との交易も盛んに行われ、中国の使者・冊封使を迎えて、国交の親善を図っていた。その頃の、光景をできる
限り詳しく再現し、舞踏や旗頭などのパレードが行われる。

また、当時の琉球国王は、王国の安泰を祈願して、三つの寺を参拝した。その際の、初行幸の儀式である「国王御三ケ寺参詣行列」が
再現されます。
この日は、現代の沖縄を忘れ、琉球王朝絵巻が繰り広げられて、琉球王国時代の文化一色となる。

祭りの日だけは、基地問題などの、現代の悩ましい社会事情は、少し横において、伝統文化の儀式を楽しみ、将来の平和を祈りたい
ものです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:琉ニ球ライカナイ
読者になる
2013年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/c6a1x48t/index1_0.rdf