消費増税「早期に超党派協議」=民主参院選公約が判明(時事通信) 

June 18 [Fri], 2010, 21:39
 民主党の参院選マニフェスト(政権公約)が17日、明らかになった。財政再建に関して「早期に、消費税を含む税制の抜本改革に関する協議を超党派で開始する」と明記。2011年度の新規国債発行額は「10年度発行額(44.3兆円)を上回らないよう全力を挙げる」とし、財政健全化を目指す方針を鮮明にした。参院選公約は同日夕、菅直人首相が記者会見して発表する。
 財政健全化については、15年度までに国と地方の基礎的財政収支(プライマリーバランス)の赤字幅を10年度の半分以下にするとともに、20年度までに黒字化するとの目標を掲げた。また、20年までに年平均で名目で3%、実質で2%の経済成長を実現する目標を設定。財政健全化と経済成長の両立を目指す姿勢を示した。
 参院選公約は、「行政刷新」「政治改革」「外交・安保」など10項目で構成。昨年の衆院選公約に盛り込まれていた「子ども手当の満額支給(1人当たり月額2万6000円)」の実施は見送り、既に支給されている月額1万3000円の上積み分は、地域の実情に応じて現物サービスにも代えられるようにした。 

【関連ニュース】
【特集】菅直人内閣閣僚名簿
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
〔写真特集〕タレント、議員そして大臣へ 蓮舫氏
衆院解散「念頭にない」=菅首相
今国会の成果強調=子ども手当などアピール

オールドでも乗り心地はいいわよ 吉野山ロープウエー(産経新聞)
布川事件、再審初公判は7月9日=3者協議で決定―水戸地裁支部(時事通信)
司法修習生の給与維持訴え=日弁連などが集会―東京(時事通信)
「心の病」で労災234人=申請者数は過去最多―厚労省(時事通信)
南アフリカに声援送る、W杯日本代表中村俊輔選手の父母/横浜(カナロコ)