妻から病腎移植の男性死亡 宇和島徳洲会病院で3月手術(産経新聞)

May 20 [Thu], 2010, 1:35
 愛媛県宇和島市の宇和島徳洲会病院は17日、3月に腎がん患者の妻から透析患者の夫に対し実施された病腎(修復腎)移植の臨床研究2例目の手術で、移植を受けた50代の夫が16日朝、入院中の同病院で死亡したと発表した。死因は不整脈を原因とする心不全とみられるという。

 徳洲会関係者によると、夫の腎機能の状態を示す男性の尿中のクレアチニンの濃度は正常範囲を示していたといい、移植を受けた修復腎は正常に機能していたとみられる。手術と死亡の因果関係は薄いとみている。

 手術は3月3日、親族間では初めての臨床研究として万波誠医師の執刀で行われた。夫婦は2月、摘出した腎臓を、人工透析を受けている夫に移植できないか徳洲会に相談していた。

 病腎移植は、腎臓がんなどの患者から摘出した腎臓を使った移植。宇和島徳洲会病院の万波医師を中心とするグループが手掛け「生体腎、死体腎移植に続く第3の道」と正当性を主張している。日本移植学会などは医学的妥当性を否定。厚生労働省も平成19年に原則禁止したが、徳洲会は臨床研究として21年12月に再開。万波医師らは今年4月までに4例実施した。

【関連記事】
妻から夫へ病腎移植、摘出手術始まる 宇和島徳洲会病院
病腎移植4例目実施 宇和島徳洲会病院で臨床研究 愛媛
病腎移植3例目、術後は安定 愛媛・宇和島徳洲会病院
「理解してもらいたい」病腎移植で万波医師
73歳女性、病腎移植めぐり市を提訴
少子化を止めろ!

<覚せい剤所持>京大生に有罪判決 大阪地裁(毎日新聞)
<パンダ>来年3月に上野動物園で一般公開 東京都が見通し(毎日新聞)
化学工場元所長ら書類送検=業務上過失致死容疑−4人死亡の爆発事故・大阪府警(時事通信)
あおぞら銀元行員、インサイダー取引の不正利益1000万円超に(産経新聞)
神奈川県庁、水曜日と給料日は19時閉庁(読売新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/c4kvpk4i/archive/53
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。