JR福知山線脱線事故 前社長認否まで進まず 第2回公判前整理手続き(産経新聞)

April 24 [Sat], 2010, 3:37
 JR福知山線脱線事故で、業務上過失致死傷罪で起訴されたJR西日本前社長、山崎正夫被告(66)の第2回公判前整理手続きが22日、神戸地裁(岡田信裁判長)で非公開で行われた。関係者によると、起訴状の認否までは進まなかったとみられる。

 今年3月に第1回公判前整理が行われ、地検は証明予定事実を提出。これまでに弁護側と検察の間で、起訴状についての説明を求める「求釈明」や、回答が数回されている。

【関連記事】
JR脱線、立証へ高いハードル 「市民感覚」過剰制裁の危険性も
JR福知山線・神戸線で信号故障、20万人超す影響
地検の前社長起訴を鉄道事業者はどう考えたか JR福知山線脱線事故
ATS整備状況は? JR福知山線脱線事故
加害企業と遺族との関係 JR福知山線脱線事故
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

<普天間問題>徳之島で18日に移設反対1万人集会(毎日新聞)
「竹島、韓国不法占拠」新年で言及しない意固地外相 国会追及、宗男氏も参戦(産経新聞)
「韓米大統領選がある2012年の戦作権移譲は不適切」…ハンナラ党代表
<被爆マリア像>欧米の巡回展示へ…長崎を出発(毎日新聞)
日韓関係「良い」日本57%、韓国24%(読売新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/c4kvpk4i/archive/49
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。