神山とヒメアマツバメ

March 06 [Sun], 2016, 14:12
看護師の職場といえば、病院と考えるのがオーソドックスでしょう。しかしながら、看護師の資格を活かせる職場は、病院以外にも多々あります。保健所では、保健師と連携し、地域にお住いの方の健康上の様々なケアをするのも看護師の役割です。また、福祉施設の中には医師が常駐しているところは少なく、ほとんどの医療に関わる行為を看護師が行います。
現代は高齢化が進んで、福祉施設でも看護師のニーズは拡大してきているのです。それに、大手の会社になると医務室等にも看護師がいて、健康に関する相談や健康診断、ストレスといった精神面でのケアを実施しています。こういった場合には、社員としてその会社や企業に入社することもあることでしょう。
修学旅行やツアーなどに連れ添って、怪我や病気の応急処置、何かあったときの病院の手配をする看護師もいます。結婚して子持ちの人は土日が休みだったり、夜勤がないという職場を望んでいます。病院以外の場所で働くのであれば、そこに適した専門の知識を保有している認定看護師や専門看護師の資格があれば、採用されやすい傾向があります。
日本全国の看護師の年収は平均すると、437万円ほどです。ただ、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員勤務のため、年収は平均して593万円ほどになります。公務員看護師は給料の上昇する率も民間より高く、福利厚生も充実しているのです。準看護師だと、看護師に比べて、平均年収が70万円程度低くなります。
看護師の転職を成功させるには、将来のことを思い描いて早めに行動することが重要です。さらに、何を重点的に考えるのかを決定しておいた方がいいでしょう。将来の自分の姿をはっきりと思い描いて、そのビジョンに沿った転職先の情報をちょっとずつ収集してください。年収はもちろん、職場環境、勤務形態など、自分にとって大事な条件も挙げておきましょう。
看護師の求人情報は豊富にありますが、望んでいる条件の求人があるとは言えません。看護師の資格を持っている方で就職できればいいと思っている方は少数でしょう。可能な限り高い給料で、職場環境が良く、夜勤がない病院などに勤務したいと思う人が多いはずです。求める条件に合う転職先で働くためには、たくさんの情報を収集することが大切です。
看護師となるための国家試験は、年に1度開催されます。看護師不足が問題となっているわが国のためには喜ばしいことに、直近数年において看護師資格の合格率はおよそ90%とかなり高い水準を推移しています。看護師の資格のための国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験とは異なり、一定のラインを超過できれば合格を勝ち取ることのできる試験です。
看護師になりたい動機は何がきっかけで実際に看護師を志望するようになったのかを交えるようにすると、イメージが良くなるものです。転職の場合の志望動機はこれまでに培った経験を有効活用したいもっと誰かの役に立つスキルを身につけたいなど、いい印象を与えられるものにしましょう。以前の職場への批判などは口にしないことが大事です。
産業看護師とは、企業に勤務する看護師のことを指します。看護師といえば病院やクリニックをイメージする人が多いですが、医務室が置かれている企業もあり、そういう場所に勤務している人もいます。仕事の中身や役割は働く会社により、様々ですが、従業員の健康を守り、管理することは必ずすることだと思います。
産業看護師とは、従業員が健康に仕事に従事できるように保健指導とかうつ病防止のためのメンタルケアもします。産業看護師の求人というのは、一般に公開されていないので、ハローワーク等で見つけるのは不可能だと思います。興味がある人は看護師専用の転職サイトをチェックしてみてください。転職サイトでは産業看護師の募集も頻繁に載っているでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:望愛
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/c41hhltoneyact/index1_0.rdf