社民党は原発推進派を応援してました

November 30 [Fri], 2012, 15:05
渡部恒三氏の後継擁立を断念mediaid2fromdiaryjsessionidFBE4945FFC50797B9FA135DDC8A97CECDISPLAYIDDIRECTNEXTDISPLAYIDU000004CONTENTSID10083よりかつて、前福島県知事佐藤栄佐久さんは原発の安全性について問題提起したが、収賄事件をでっちあげられて失脚した。
彼の後に福島県知事に当選したのは、渡部恒三の甥っ子で恒三の秘書だった佐藤雄平。
つまり、福島に原発を誘致したのは、民主党の渡部恒三とその一族だ。
大事な所福島のプルサーマル原発は佐藤雄平知事の下で先日稼働を始めたばかり。
福島弁丸出しを売りにする渡部恒三という国会議員は原発を作って県民は長生きと発言したことがある。
補助金がないと駄目な萩ニだけの福島と言いたかったのだ。
この人は厚生大臣時代にタバコを吸うと健康に良いとトンデモ発言で騒がれたことがあり、福島の選挙区にはタバコを作っている秤ニがたくさんあって、自分に投票してくれるからと認めていた。
福島県知事佐藤雄平氏、略歴叔父でもある渡部恒三元衆議院副議長の秘書を長く務めた1998年の第18回参議院議員通常選挙で、福島選挙区から無所属で出馬し初当選2004年の第20回参議院議員通常選挙で、民主党公認で再選佐藤栄佐久前知事の辞職に伴い実施された2006年11月12日投開票の福島県知事選挙に女子高生 動画民主党、社民党の推薦を受け出馬、当選ここ大事2010年8月6日東京電力が福島第1原子力発電所3号機大熊町で計画していたプルサーマル導入について、受け入れを決定したプルサーマル受け入れにより核燃料サイクル交付金として計60億円が交付された2010年10月31日投開票の知事選に再選を目指し出馬日本共産党公認で立った対立候補佐藤克朗に大差をつけて再選を果たした
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:c3ezcblhq4
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/c3ezcblhq4/index1_0.rdf