野菜嫌いの人の腸の働きが悪くなる理由って?

March 17 [Fri], 2017, 16:50



人参やピーマン、タマネギなど野菜嫌いの人が多くいます。そういった人は太りやすかったり、便秘になりやすかったりと腸の働きが悪い人が多いのですが、その理由とは一体何なのでしょう?


それは野菜に含まれている『食物繊維』が関係しています。



便を押し出す
食物繊維は体内で消化されにくく、便を押し出す力や柔らかくする作用があるのですが、食物繊維が不足していると便が溜まり易い体質となり便秘やポッコリとしたお腹になりやすくなります。



善玉菌のエサとなる
また、食物繊維は腸に入ることでお腹の調子を整える善玉菌のエサとなるのですが、野菜嫌いですと食物繊維が少ないので、腸内環境を悪化しやすく、腸の働きが悪くなります。



野菜嫌いの人の解決法
一番は野菜を摂ることが望ましいのですが、解決するなら【サプリ】から上手に補うという方法です。

サプリには食物繊維がたっぷりと含まれているものもあるので、そういったものを選んで賢く野菜を補うと良いでしょう。



⇒野菜嫌いでも安心!食物繊維たっぷりのジュレサプリ







Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。