松森のマスタードラゴン

December 26 [Mon], 2016, 15:42
看護師は病棟の仕事仲間と飲みに行くことがあります。

急患が来ることも多い職場なので、全員集合はレアですが、予定を合わせてナース飲み会に参加します。

病院での出来事など共通の話題や共感することが多く、ストレスが解消されて飲み会はとても盛り上がります。

ナースの年収は高いと思われている方もいるでしょう。

そうは言っても、看護師は夜の勤務がない場合、それほど稼ぐことができず、もらえる月給が不十分ということがあります。

それで、独身時代は夜の業務がある病院で働いて稼ぎ、成婚後は夜勤のないクリニックに再就職する人も多数見られます。

看護師が転職をしたいならしっかりと履歴書を書く必要性があります。

履歴書を書く際には、大事な要点がいくつかあります。

まず使用する写真は、過去三ヶ月以内に撮った新しいのを貼ってください。

それから、住所、それに、氏名のような記入項目は正確に美しい字でわかりやすく慎重に書くことが大切なことなのです。

看護師の立場でだと育児と仕事の両立は容易ではない問題といえるでしょう。

可能な限り、病院で働きたくても、育児をしつつ、看護師の職責を果たそうとすると、様々な困難が発生してしまいます。

看護師と育児をどちらもこなすのは個人が抱える問題よいうよりやはり、医療全ての課題として取り組むことが必要になってきます。

病院へ行くと次から次に患者の人がくるので、看護師の方はいつも忙しそうにしています。

テキパキとしていたり、大きい声で名前を言ったり、患者の方に説明したりなどと、性格的にしっかりしていないと勤まらないとても大変な職種だと思います。

だけど、その分、やりがいがある仕事だと思いました。

基本的に、看護師は医師の指示で医療行為をする事が多いのですが、簡単な医療行為であれば、医師による指示がなくてもすることができます。

であるから、老人ホームなどという福祉施設に看護師がいる時は、心強いと言えるのです。

知人の看護師が退職するかしないかで迷っていると相談されました。

彼女はちょっと前に結婚したのですが休日出勤があって、土日休みの夫と休日が合わず、一緒にいられない生活が続く傾向があるようです。

出産や育児もしたいし、とは言うものの、今の仕事は続けたいと考え込んでいました。

私が看護師という職業に就きたいと憧れるようになったきっかけは、病院内であらゆる病気、怪我、体調不良などと戦っている患者さんの支援を行う、働きがいを感じたためです。

実際、私自身も以前入院中に、看護師さんに病院で大変助けてもらい、私が看護師として、患者の手助けをしようと思っています。

すぐに、退職をする看護師はけっこうたくさんいます。

女性がたくさんいるので、対人関係でもめやすく、看護師だといつでも再就職可能なので、我慢する必要がありません。

別の仕事と比較したらやっぱり、看護師は再就職がカンタンなので、希望労働条件と著しく違う場合、退職し、違う病院などに転職する人も多いのです。

日本は長寿化が進み今となっては超高齢化社会となりました。

そういう状況で、需要が見込まれる職業が介護士に医師、看護師です。

全て専門知識、特殊な技術が必要な仕事で、簡単な仕事というわけではありません。

この3つの職業人を増やすことについて国は今よりも真剣に考えてもいい頃だと思います。

医療機関には、看護師は欠くことのできない貴重なスタッフでしょう。

でも、看護師の仕事に対する待遇はそれほど良いものとはいえません。

夜勤をする必要があったり、反対に、休みが多くないといった過酷な労働環境が多いにもかかわらず、給料の金額はそんなに高くありません。

看護婦の離職率が、他の職業よりも高いのも、当然の帰結なのかもしれません。

日本全国の病院や様々な医療機関の現場では、長い期間ずっとナースが不足している状況が継続中です。

そのため、就職、転職に関して人材として重要な看護師は、明確な売り手市場だと説明できます。

看護師資格を保有していれば、希望条件を満たす最適な職場を比較的簡単に選択することが可能です。

急な交通事故で、救急搬送された際に、医師の見落とした鎖骨の骨折に気が付いて処置してくれたのはまだ若手の看護師さんでした。

後になって、知りましたが、かなりお若いのに看護師長の地位でした。

きっと能力評価が正当に行われた結果でしょうね。

知人が入院している病院に見舞いをした時に、看護師が患者の対応に追われている姿をよく目にしました。

患者の中には、しょっちゅうナースコールで助けを求める人も珍しくありません。

看護師さんの日々の作業は、お見舞い客が短時間だけみても、いつも重労働ですね。

看護師は医療機関が勤務先ですが、医療行為だけしていればいいわけではないのです。

看護師は病気やケガが原因で動くことができない患者さんの身の回りの世話も重要な仕事なので、医療関連の施設の中でも忙しく作業しているのです。

キツイ仕事の割には、給料が低く、精神的苦痛が原因で体を壊してしまうこともあるらしいのです。

どんな仕事でも、業界用語があるものです。

仕事を円滑にこなしていくためといった理由でいろいろな業界用語が使用されています。

看護士でも同じように業界特有の言葉が利用されています。

例を挙げると、心マは心臓のマッサージを指し、ギネが女性専用の科、乳の癌はマンマ、入院はアドミッションなど、たくさんのその業界でしか使えない言葉を使用しているのです。

いわずもがなかもしれませんが、医療現場では、看護師の仕事というものは大事な職務です。

一年中、毎日、厳しい現場で業務を行っていると、強すぎるストレスに陥る場合もあるのです。

常々、命に関係する仕事を行っているため、非常に強い緊張感にかられることも多く、精神的な負担を適度に発散させる努力も重要です。

看護師は治療に関することばかりでなく身辺のお世話まで、行っています。

病院で、看護師さんほど忙しい担当者はありえないと思います。

そんなナースの仕事内容にあった処遇にしてあげてほしいですね。

看護師って病院での仕事で堅実な職業というイメージですが、相当、ハードな仕事の割には賃金はそれほどたいしたことはないです。

婦長クラスにまでいったらともかく、多くの人は大変な割にはいまひとつって感じの額なのです。

割に合わない低賃金に嫌気がさして辞職してしまう看護師も稀ではありません。

看護師の業務に従事しながら金銭面の余裕が欲しいと考えた時に行う副業にサイドビジネスがあります。

休みの日を利用して他の仕事をする看護師は年ごとに増加する傾向がみられます。

Wワークの長所は、何もしていない時間を効果的に活用することができて別の仕事をすることでストレスの解消にもつながる事です。

看護師が足りていないという病院も思ったより多いので、再就職は素晴らしいと思います。

とはいえ、ブランクが長いとなんだか不安でしょう。

そんなときは、再就職のネット相談所などを最大限に利用して不安な時に、相談にのってもらえるネットワークを役立てましょう。

看護師にとって負担が少ない病棟としては、採血室が代表的です。

透析、採血、献血など、特殊な仕事のみを行う配属先といえます。

献血センターなども当てはまります。

基本的には、同じ作業の繰り返しで採血が上手になりますし、人命にかかわるようなこともあまりありません。

どの科でも採血を行う場合が多いので、どの科に配属されても役に立ちます。

看護師さんは、肉体的にも厳しい業務が多いです。

過労死を予防するために体調を管理したほうがいいでしょう。

待遇に不満があるなら、別の病院への職場を変えることを考えてみてください。

重大な病気になれば、思いっきり仕事をすることも不可能になります。

結局、自分の体は他の誰も守れません。

看護師の平均賃金は、激務にもかかわらず、あまり高額ではないのが実態のようです。

いつもよりよい月収を支払ってくれる職場を求めて転職のために活動している人がいるのです。

賃金が高い病院は、とても人気がありあまり枠があかないため、転職希望者によっては、看護師専門の転職サイトなどを駆使して、転職活動をしている人もいるようです。

看護師が希望の病院、医療機関に転職する際に、重要なのが面接といえます。

看護師が面接時に聞かれやすい質問は以前の病院での業務内容について、辞めた理由、就職したら、この病院で何をしたいか、自分の看護の価値観といったことです。

特によくきかれる、こうした質問にスムーズに応答できるように面接の前に準備しておいてください。

これまでは男の看護士に限って、士という漢字が、用いられていました。

しかし、今は男でも女でも、看護師の仕事をしていれば、師と言う漢字を使うことになっています。

看護師と看護士の二つを使用していると、トラブルが発生する場合も考えられるので、統一されたと思われます。

看護師が病院や医療施設などで勤務する時、配属先がとても重要な要素です。

同じ病院の中で勤務する場合でも割り当てられる診療科によって、仕事の内容が大きく異なります。

もし、自分のやりたいことができる配属先なら何もトラブルは発生しませんが、得意ではないと感じている配属先だと配属先の仕事をこなせないケースもあり得ます。

もともと看護師は、病院やいろんな医療機関ですごく重要な役割を担っているのです。

ですけど、病院や医療施設の多くではそんな看護師が不足していることに悩んでいるのが現状なのです。

医療現場では、深刻な看護師不足の問題を解決できていません。

この先は、わずかでも早くこのような問題を解決する必要があるでしょう。

友人の看護師が、つい先日、転職をしました。

仕事の楽そうな職場だったのに、なぜ転職したの?とそのわけを問うと、「あまり忙しくなかった。

というわけでした。

なるべくなら、仕事をしたくないと思っている人が多い中で、知人のような人もいるんですね。

私の叔母が、離婚をすることになって地元に帰ってくることになりました。

久方ぶりに会った叔母は想像していたよりも元気そうで、「看護師の資格があるのだから、どこへ行ったとしても仕事には困らない。

あんな男の世話になんかならなくても十分生活できるわ」とスッキリとした顔で笑っていました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Souta
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/c2ddifr3abiaof/index1_0.rdf