久野のマーク・キング

July 09 [Sat], 2016, 9:41
一般的に、介護士の中には好んで煙草を吸う人が多くない印象がありますが、そのイメージ通りに介護士の喫煙率は平均を下回っているそうです。

介護施設で勤める以上、煙草を吸って臭いが身体に残らないように意識的に禁煙している人が多い状況だと分かるのではないでしょうか。

転職活動の場面においては、ご存じのとおり、たとえ介護士であっても履歴書の持参が必要ですが、気を付けるべきことが存在します。


それは何かと言いますと、履歴書の項目の中でも特に大事な志望動機をどのように記入するかです。
志望した動機について、雇用の条件や労働環境の良さについて挙げるのではなく、研鑽に励みたいという理由や今までやってきたことを活かすことが出来そうだというような理由などやる気に満ちたような内容がいいと思います。



「介護士」という書き方と、「看護士」という書き方があります。
双方とも「かんごし」と読み、同じ読みです。漢字で表現した場合、どちらでも書くことができます。昔は「看護士」が男性、女性を表すのは看護婦という風にはっきりと分けられていたのです。2001年の法律改正を機に、女性にも男性にも使うことができる介護士という呼び方にひとくくりにされることになったのです。勤務中の介護士というのは神経を張りつめていることが多く、こうした生活が続くと自覚の有る無しに関わらず、ストレスを溜めていることが多いです。要するに、身体的に大変な仕事、というのはもちろんのこと、メンタル面にもつらい部分があると言えます。自分なりにそうしたストレスを処理できる手段を発見しているか、または見つけ出せるか、というのも、ハードな仕事である介護士を、長く続けていきたいなら重要なキーポイントになり得ます。

交代制で病棟勤務をしていると、土日も何もあったものではありませんが、やりようによっては、土日に休むことも可能です。交代制の病棟勤務だと、土日も出勤になりますが、外来勤務に移れば、土日を休みにできるでしょう。

まったく予想外の呼び出しによる出勤や、順番にまわってくる休日診療の当番などもあるのですが、それでも、土日はかなり休める印象です。

そして、入院施設がなく、個人経営の介護施設に勤めると、大抵の場合はちゃんと土日休みになっているはずです。ハードワークで知られる介護士ですが、そこで激務の内容を少し見てみましょう。中でも病棟勤務ともなると、症状の重い患者さんを受け持つこともあるのですが、もし容態が急に変わったら大事になりますし、検温や血圧測定、動けない人の介助も仕事の一つです。いきなり緊急手術が行われたり、夜間は夜勤業務の人ばかりで人手が少ないのに患者さんからのナースコールがひっきりなしだったり、少々混乱してしまいそうなくらいに立ち働くことになります。転職を希望する介護士の、その理由を聞いてみるといろいろな答えが返ってきます。


どこの介護機関でも、介護士は人手不足になりがちで、そのため求人の数はとても多いのです。
例えば今現在、勤め先で希望の配属先につけず、辛い思いをしているとか、休日出勤や夜勤の割合が異常に多いと感じる等々、介護士が転職を希望するようになったわけは多様です。
もっと良い職場環境を期待したり、今より良い待遇を求めての転職である場合、なるべくなら、給料の額だとか労働条件に加えて、その職場が働いている人にどう評されているかといった、口コミなどがわかると良いでしょう。
介護士としての勤務は、給料面においては他職種より恵まれていることがほとんどでしょう。

そういったことが起因しているかは定かではありませんが、着飾った人が多く見受けられます。


しかし、時間的余裕の少ない職業でもあります。介護施設によって違いますが、ほとんど休みのないこともあり、金銭的に恵まれても、使う暇がなくもっぱら貯まり続けているというようなことがあるようです。給料と休みの釣り合いのとれた職場を選択するのがベストな形だと思います。介護士がかぶっている、いわゆるナースキャップ。

あれは介護士になる前に、責任の重さを自覚するための儀式でかぶるという重要な意味を持つものです。料理人も帽子を被っていますが、それよりも特別な意味を持つものといっても過言ではありません。
そうはいっても、昨今では、介護士の着る制服というのも変遷を遂げており、帽子が持つ意味が薄れてしまう日もそう遠くないでしょう。


過去の意味が忘れ去られてしまい、髪が落ちないようにするためだけのものになってしまうのはちょっとさみしくも感じられますが、こういったことも時代の流れなのでしょう。



実は、介護士でも公務員の立場に立てることがあります。その方法は、勤務先を国公立の介護施設にすることです。介護士は長期にわたって務められる職業として勉強する人も多いのですが、なおかつ公務員にもなれたらもっと安定性が高まりますよね。公務員は福利厚生が手厚くサポートされていたり、解雇の可能性が少ないという点が、何よりも魅力的だと思います。
介護士としての技能を高めたいと望むのであれば、兎にも角にも、経験を積んでいくことが大事です。

どんなことが起こっても、問題を解決できる方法が確立されている、といった単純な業務とは言えませんから、日々の業務により、学習を繰り返していくわけです。
介護士の中には、向学心から転職を考え始める人もいるようです。

大学介護施設など、高度な介護を行なうところでさらに能力をアップさせたいと願う、とてもアグレッシブな転職になります。医師の仕事と介護士の仕事の間の、この二つの異なる点といえばなんでしょう。
はっきりした違いは、お医者さんは患者さんの診察を行い、適切な治療を行い、予防指導を行ったり、薬剤の処方を行うことが主な仕事です。
それに対して、介護士は、医師に指示されたときに、医師が行う診療の補助を行い、患者さんの介護的、心理的援助を行うといった仕事内容になります。
ほとんどの介護施設では、介護士長の主な仕事内容は、各病棟のとりまとめや、看護部長をサポートしたり、介護士の指導教育といったもので、一般的には課長の役職に近いと言えます。

課長職の年収とはいえ大企業と中小企業で変わることから分かるように、介護士の年収は、介護施設の規模で全く異なるのです。


他にも、公立介護施設と民間介護施設の差や、都会や田舎といった地域差も年収に影響しており、例えば、公立介護施設の場合、およそ750万円程度だと推測できます。よく言われることですが、介護士という仕事から得られる充実感は大きいものです。
しかし、逆に大きな苦労や困難もまた、ついてまわります。

することは多く、責任は重く、実働時間の長さに加え、その不規則さも特筆するべきレベルですし、なにしろ介護に関わる訳ですから、その緊張感も半端なものではないでしょうし、仕事上のあれこれが人間関係の構築に響くようなことも考えられます。
ハードさを充分納得しつつ、介護士のお仕事を選ぼうとする人もまた大勢いる訳で、デメリットに目をつぶることが可能なくらい大きな満足感も得られる仕事なのです。
このご時世、「介護士は比較的お給料がいい」というイメージを持たれている方も多いことでしょう。しかし、よく見てみると、夜勤手当があることによって稼げる金額が多くなっているのが実情です。たとえば良い給料で介護士をしたいというのなら仕事探しの段階で、日勤だけの職場ではなく夜勤がある勤務先を選択してください。

夜勤で勤務できるかどうかで給料の額は違ってきます。


少子化や高齢化のために、介護の仕事を行う人々というのはますます必要とされる可能性があります。
したがって、既に不足している介護士なのですが、これから先もその状況からは脱却できないと予想されます。毎年国家試験に合格して晴れて介護士となる人がたくさんいて、いまだに介護士不足が叫ばれているのは働きづらい環境や待遇のままで一向に改善しないため、退職に至るということが起因しています。

介護施設などで介護士という仕事に就いていると、当然のことですが、やめてしまいたくなることも往々にして起こります。
仕事自体で間違ってしまうことや時には患者さんからの言葉にショックを受けたりすることもあります。
ですが、それだけではなく、やりがいがあると感じることも多くあります。時に先輩が掛けてくれる、ご指導の言葉や慰めの言葉によっていろいろな方に支えられながらやってこれていることを感じています。
近年、日本においてはEPA(経済連携協定)に基づく形で、インドネシアやフィリピン、ベトナム出身の聞いたことのある方も多いと思いますが、いわゆる外国人介護士候補生の受け入れを実施中です。しかしながら、日本語で出題される介護士の国家試験に3年間のうちに合格し、晴れて介護士、とならなかった場合には帰国する必要があります。就労と日本語の勉強と国家試験に受かるために勉強をしないといけませんから、とても大変だというのが現状です。意外に思われるかもしれませんが、介護士には細かな階級が存在するのです。

トップに位置するのは、各介護施設の方針によっても異なりますが、普通は看護部長や総介護士長がトップにあたります。
実際に階級を上げるためには、その介護施設での勤務を長くするなど、信頼を得られるように努めることが必要だと言えます。
当然ですが、階級が高い程、年収や待遇は良くなるでしょう。
交代制で夜勤もこなさないといけない介護士の仕事は、時間が不規則になります。


もちろん休みはとることができますが、不規則さを辛く感じる向きは多いようで、結婚したり子供ができたことで、きっぱりと辞めていく人も多く、人手不足の一因となっています。

結婚はともかく、出産を経て子育てスタート、となった時、どんな時間であっても安全に子供を預けることができる施設なり、実家なりがないと夜勤業務などは、できなくなってしまいます。


しかしながら近年、子供が充分に育ったことにより復職を希望する人の例が徐々に増えつつあるようです。

昔から、介護士は高収入だというイメージが強いです。

介護現場は責任の重い仕事の連続ですし、勤務形態が変則的など大変な面もありますが、実際の給与の平均を調べてみると、他の業種に比べて平均して高水準を続けられることが特徴として挙げられます。

また、景気に大きな影響を受けないことも介護士の特徴です。こうした安定性と給与の高さから見ると、介護士はメリットの多い職業だと言えます。

介護士が介護施設で働く際、病棟勤務か外来勤務、片方を選択することになるわけですが、外来勤務の良い所というと、日勤だけ、という部分が大きいです。特に子育て中のナースにとっては大きなメリットです。また、病棟勤務と違い、嬉しいことに夜勤がない上、多くの場合、土日祝日が普通に休めます。


勤務中に忙しい思いをするのかどうかは、介護施設によりますが、人気の医師のところなどでは、多くの患者が押し寄せるように待合室に集まり、てんてこ舞いになりますし、待ち時間の長さのあまり、クレームを入れる患者もいます。

求められるスキルもどの診療科で働いているか、どういう介護施設かによって大きく違ってくるはずです。
昔の介護士といえば、看護婦という呼び名の定着からも分かるように、女性の介護士がほとんどでした。
ですが、近年は介護士の名称が一般的に使われている事からも分かるように、男性の介護士も多いです。



介護士に求められる能力を考えてみると、こうした変化はごく自然な流れだと言えるでしょう。

本来女性が持っているような優しさだけでなく、緊急を要する現場で必要になる判断力や体力も、今後はもっと重視される要素になってくるでしょう。


介護施設に初めて介護士が就職を果たした時、どこに配属されるかは大変気になりますが、おおまかにこちらの要望を呑んでくれるような介護施設もありますし、人事を担当する人の考えによって決定に至ることもあります。
望んでいない配属になったとしても、その場所でその人が必要だという介護施設側の判断により、出された答えとしての配属であることが多いようです。



ですがもし、配属先での仕事があまりにも自分向きでない、など疑問に思うのなら、新しい上司にそのことを相談してみると良いでしょう。よく知られていることですが、介護士の仕事というのはかなりハードではあります。

なので、しんどさを覚える場面も多いはずです。勤務形態も二交代だったり三交代制で、夜勤につくことになり、誰でも不規則な夜勤の入り方で生活時間が狂い、そんな生活が、体調に響いてしまうのもよくあることです。
基本的に立ち仕事でもあり、上手く身体を休めないと当然のように疲れを蓄積していき、腰痛や頭痛に苦しむことになり、身体に無理をさせているのかも、と感じる事になってしまうでしょう。収入に関しては、介護士は高給取りではありますが、さらに良い収入を得るためにWワークをしている人は割と多いです。一般的なほかの職業とは違って、人間ドッグや健康診断のサポート、団体旅行に同行するツアーナースなど単発の仕事や短期の仕事も、正によりどりみどりで、休日を利用してWワークをしたければ、できてしまいます。
しかし、メインの方の職場で休みをきちんと取らせるためにも、Wワークを禁じているところはありますし、何と言っても、介護士の仕事そのものが大変な激務なので、無理をしてまで副業を行うのは、感心できません。

一般的に、介護士の休みは、勤めている現場で違っています。


特に、3交代の勤務体系で行われていると、シフトを組んで働きますので、休日や出勤日が変則的なことも当たり前にあります。大変そうに思われるかもしれませんが、逆に言うとご自身のスケジュールに合わせてシフトを組むことも可能ですので、人によっては都合の良い働き方と言えるのではないでしょうか。介護施設では、介護士が一日中途切れないよう、交代制という形の勤務になりますが、そのため、申し送りというものが必要になります。
要するに業務報告なのですが、担当患者さんの状態についてや、その他報告しておくべきいくつかの事項を勤務終わりの人が勤務始めの人に報告するというものです。伝え忘れなどミスのないようにし、また、相手がきちんと理解できるようになるべく簡素に行うようにしましょう。

あと、なるべく短い時間でてきばきと、的確な申し送りをすることも当たり前のように期待されます。
卒業後、介護士の受験資格を取得できる機関には大学と専門学校という二つがあります。



まず、大学はどういったところかというと、最先端介護の知識など高度な技術に触れることができることや、一般教養科目によって、さらに幅広い見識を深められるという点にあります。

他方、専門学校に関しては、実習が多いので実践的なことを学ぶ機会に恵まれており、実習を生かして、即戦力となれる場合が多いです。そして、必要とされる学費については専門学校の方は大学の十分の一くらいで済みます。
病気で苦しむ患者にすぐに対応できるように、介護士は夜勤で働く必要のある仕事です。
夜勤といっても、どのような時間帯になるのか気になりますよね。それは、2交代制と3交代制のそれぞれの勤務形態で異なります。2交代勤務では、夜勤が17時間近くなって長時間勤務になり、対する3交代勤務の夜勤では夜勤の時間は短めですが、休みと出勤が短時間で区切られた過酷なものになるケースもあるようです。
就職しようとしている介護施設がどういった交代勤務を採用しているのか理解しておいてください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Mei
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる