オオソリハシシギが深津

November 05 [Sat], 2016, 14:14
オシャレ染めなどはけっこう簡単ですが、短期間に何度も自宅でカラーリングすることは危険です。濡れた髪の毛をブラッシングすることは、絶対にやめた方がいい行為です。乾いていない頭髪は刺激に弱くなっていますから、髪を引っ張る行為やこする行為は最も危険です。乾いていない毛髪はダメージに弱いといわれていますが、乾かし過ぎは逆にダメなんです。しっかりした毛髪は、タンパク質の部分で適切な水分量を保っています。雨が降る日に髪をしっとりと整えるには、きっちりドライにすることと、頭髪の水分を保持することです。ヘアダイなどでダメージや負担がヘアにあると、ダメージに水分が入り、髪の毛がうねってきます。髪の毛の傷みをなくすためには、水分量を保つようなケアをすると、髪の毛に優しくケアできます。雨の日にはヘアスタイルがびしっとしません。雨の日は、頑張って朝からキレイにしても、決めたヘアスタイルがあっと言う間に台無しになるのが現実です。どうして雨の日にはくせ毛のように横に広がるのかな?なぜなら戸外の湿気が多いので毛髪の内部の水分の割合が増加するからです。髪の毛の中にある水気が増えると髪は広がりやすくなります。水分量の多い髪のためには、いつでも使えるヘアトリートメントがあります。はんがわき時や、完全に乾いた状態の時の2回トリートメントを使います。ヘアドライヤーで乾燥させるときには、根元を先に乾かしていくのがコツです。髪の乾燥機を使用するときは、ある程度乾いて来たら冷風にして髪の毛にあてるのが大切です。さっそく今日から始めましょう。髪や頭皮が紫外線の影響で傷んでしまうと、ごわごわの乾燥した髪の毛になってしまいます。ダメージの強い紫外線によって、頭皮と髪の栄養が抜けたり、静電気を帯びたりします。頭髪のケアとしていつも、エッセンスなどを忘れないようにしましょう。髪の毛は濡れた状態では、刺激に弱いと考えられます。濡れている状態の髪は枕とこすれ合ったりして、刺激でキューティクルがダメになったりします。雨が降ると髪の毛がうねるのを防ぎたいなら、髪の毛全体にオイルトリートメントをつけるといいです。サラッとしたタイプのオイルを選んで、髪の毛の外側と内側につけます。キューティクルが傷んでいる部分が髪にあると、傷んだところから水分が入りその部分が膨らみます。膨張したところが徐々に広がり、髪の毛が全体的にうねってしまいます。多くの毛髪にうねりが出てしまうと、髪の毛が膨張してぼさぼさの頭になってしまします。また、髪の毛が直毛の人はあまり湿気に影響されませんが、くせ毛の人は湿気に敏感です。くせのある髪質の人は、頭髪の内部の繊維質が均等ではなく、クルクル巻くのだと思われています。くせ毛の人が湿気の多いところに行くと、1本1本違う吸水量になってしまします。雨の日でないとそんなに髪が乱れないので、特に気にしていない人も多いですが、天気のいい時ほどヘアケアが必要です。頻繁に髪のセットをヘアアイロンでしていると、髪の毛にダメージを与えてしまいます。毛髪が乾ききっていると、髪のたんぱく質が弾力を失ってしまうからです。シャンプー時のお湯の温度は、人肌の38度くらいがおすすめです。高い温度でシャンプーすると、髪の毛が膨らんで爆発した感じになります。熱いお湯でシャンプーをしていると、せっかく染めた色が落ちやすくなってしまします。髪の毛のダメージを最小限にすれば、梅雨の時期の髪の膨張を避ける事が出来ます。冬場は湿度が低いですが春から高くなり、湿気が多くなる梅雨になります。湿度も雨も多い梅雨になると、紫外線まで強くなってきます。毛髪が紫外線によって痛めつけられ、キューティクルが酸化していくのです。髪の毛のUV対策を早めにすると、雨降りの時にも、爆発しないヘアになります。髪の毛が濡れたまま寝ると、髪や頭皮にバイ菌が繁殖するので気をつけましょう。必死に頭髪をとかし続けている人は、やり過ぎが髪によくありません。力ずくで髪の毛をブラッシングすると、摩擦でキューティクルが剥がれたり傷ついたりします。美容室に行かずにおしゃれ染めなどをすると、頭髪にダメージがある場合もあります。ヘアカラー剤を購入する時には、ジアミン系の染料が入っていないものを選びましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:輝
読者になる
2016年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/c1anmonwedem4d/index1_0.rdf