合成ポリマーは無添加コスメにも含まれているのはなぜ?

July 14 [Sat], 2012, 12:28

まず、合成ポリマーとは何なのか?
ということから説明します。
合成ポリマーは多くの化粧品に含まれるものです。
化粧品を使ったと、肌は潤います。
これは合成ポリマーのお陰!?
こういう言い方をすると、合成ポリマーは
良い物質のように思えますね


確かに合成ポリマーは水分を肌の内部に
閉じ込める肌のフタのような役割をするものです。
いえば、サランラップでフタをするようなもの。


しかし合成ポリマーは肌の表面に残りやすく、
これを完全に落とすためには強力なクレンジングが
必要となります。


このような日々を繰り返しているうちに、
肌は刺激を受け、傷んでしまうのです。


このような物質がなぜ無添加化粧品にも含まれるのか?
それは安価であるため、低コストで化粧品が作れること。
だから多くの化粧品に含まれているのです。


もちろん、合成ポリマーを使っていない
化粧品も存在します。
肌にダメージを与えないためにも、
できれば合成ポリマーを含まない化粧品選びを
オススメします。