運動すれば血糖値は下がるの?

June 11 [Sat], 2016, 17:14
血糖値(血液中のブドウ糖濃度のことをいいます)を下げるのに有効だといわれるのが運動(好き嫌いには個人差がありますが、好きな人の方が健康的でいいスタイルを維持できていることが多いものです)です。

運動をする事により血糖値(食後は急上昇しますが、次第に下がってくるというのが一般的です)を下げる事ができます。

加えて、肥満(極端なダイエットはリバウンドや拒食症、過食症の原因になりかねません)の解消やストレス(うつ病やPTSDの原因にもなります)の軽減、体力促進と言う効果も期待できるため、今からでも始めるようにしましょう。

血糖値(空腹時に80〜100mg/dlくらいというのが正常な範囲です)を下げるのにお勧めなのは、有酸素運動(適度にしないと、肥満になってしまったり、体力が?えてしまったりします)運動(自分にとって楽しい、負担にならないものをみつけられるといいですね)です。

有酸素運動とは、体内に酸素をとりいれてながら体をうごかす運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)の事をいいます。

無酸素運動(始めは嫌々でも実際に体を動かすことで、前向きな気分になれる効果があるでしょう)よりも効率良くカロリーを消費できますし、インスリン(糖質、タンパク質、脂質の代謝を促進するといわれています)の働きを活発に可能だから、体を動かすなら有酸素運動(始めは嫌々でも実際に体を動かすことで、前向きな気分になれる効果があるでしょう)にした方がいいのです。

具体的にいうと、ウォーキング(イベントや同好会などに参加すれね、一緒に歩く仲間ができるかもしれません)やサイクリング(ポタリング、ファースト・ラン、ツーリングなどに分けることができます)、ジョギング(一般的には、会話ができるくらいのペースで赭ることを指します)、水泳という運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)が有酸素運動(好き嫌いには個人差がありますが、好きな人の方が健康的でいいスタイルを維持できていることが多いものです)に該当します。

酸素を?おおく取り込むことが重要ですから、激しく体をうごかす必要はないはずです。

体力的に不安(時には解消する方法がみつけられないこともあるかもしれません)を感じる方は、ウォーキングがオススメです。

ウォーキング(健康の促進や体力の増強を目的として歩くことをいいます)であれば、体力がない人でも長時間続けることができますし、辛くないため毎日可能なのです。

一日一時間くらい度を目安にウォーキング(最も手軽で健康への効果が高い有酸素運動でしょう)を行えね、血糖値(食後には上昇します。なるべく上昇させないことが大切だと考えられています)が少しずつに下がっていくかも知れません
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Jou
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/c0t5izelidmiep/index1_0.rdf