催眠する人はヲタ?(^o^)

May 08 [Tue], 2012, 23:04
催眠を勉強している人はヲタです。
紛れもなくヲタなのです。
この世には色んな種類のヲタがいますが、その中でもマニアックでディープな部類でしょう。
けれど、他のヲタとは決定的に違うものがあります。
それこそが催眠ヲタの特徴なのです。
例えば、対人恐怖の催眠術師がいるでしょうか赤面恐怖症や吃音の催眠家がいるでしょうか特徴というのは、つまり、コミュニケーション能力が非常に高いということです。
コミュニケーション能力がなければ催眠を行うことができず、特に相手を観察できないと本当の意味で催眠をすることはできません。
そして相手の反応に応じて自分を変えて行くことなのです。
相手の動きに合わせてこちらも動き、知らず知らずのうちに相手をリードするスのようなものです。
決して、しろ、こうしろこうやってくれ、やってくれと相手に指示するものではないのです。
よく似たものに、芸事を観客に見せる種類の人がいます。
いくつかの芸を持ち、観客の反応を見ながら芸を披露する、これも催眠に通ずるものがある、という人もいますが、決してそうではありません。
催眠は自分を主張する場ではないし、相手の反応に応じて自分のネタを変えるものでもないのです。
ショー催眠でない限り相手の反応に応じて自分が変わるということを行うのです。
相手はどんな反応をするのか分かりません。
ですから、決められたネタを組み合わせて自分を見せたり自分を主張したりするものではなく、相手の反応に応じてやり方そのものを変えて行くのです。
古典催眠、最近はクラシック催眠と呼ばれているそうですが、一方的に色んな方法を試す、つまりは自分のネタを相手にさせるということを行い、それにより催眠現象が起きなければ被験者の被験性が悪いのだ自分のネタが足りないのだということにして催眠者は納得しようとしますが、これもまた芸事を相手に押しつけるのと変わりません。
催眠現象立てない、忘れる、好きになるなどみなさんが催眠と信じている現象を起こすことに躍起になり、相手が催眠者の言動により抵抗を起こそうがどうしようがお構いなしに押しつけて行くのは、コミュニケーションからはほど遠い上に、イソップ童話のすっぱいブドウのように、被験者や自分のネタのせいにしてしまうのは、上達ももはやそれまでのような気がします。
コミュニケーションの取れない催眠者が被験性が低いと相手を決めつけて切って捨てるのです。
ショー催眠は別ですよ催眠現象はその人の能力のようなもので、数学が嫌いな人に数学を直ちに好きなようにさせ、問題を解かせることに似ています。
ショーというものにこだわることがなければ、催眠はトランス状態に誘導し、被暗示性を高め、そこで療法を行うなり、メッセージを与えるなり、能力のある人に現象を起こさせるなりするわけですから、現象催眠でもないのです。
そして、トランスは誰でもが日常で何度も経験していることなのです。
ショー催眠でない限り、現象にこだわる必要なんてどこにもないですし、こだわったところで日常生活に利用できないではないですか。
往々にしてそのような催眠者はトランスにすら誘導できない人たちが多いのです。
相手の心理的な抵抗をかいくぐり、抵抗を利用し、そしてトランスに誘導するためには、催眠者は自らの信念や価値観、やり方にこだわる必要すらないのです。
全て相手の反応を利用しながら誘導するのですから、このような手段を用いると、こう現象が起こせることにこだわることすらないのです。
まさにエリクソン催眠やエリクソン催眠的な手法を用いて日常で応用するためにはこのようなことが必要なのです。
相手に気づかれずに、こちらが相手を誘導するためには、現象を起こすことは日常ではあまり意味がありません。
相手を観察し、相手の反応に応じて、自分自身の誘導そのものを変えて行くという方法こそ、コミュニケーション能力を発揮している催眠であり、これこそが日常で気づかれアダルトずに人を誘導する基本となるものなのです。
催眠ヲタの中には、よく観察するとこのようにコミュニケーション能力が欠落した、似て非なる人たちもいたりします。
あなたはスをする催眠ですか私私はヲタではなく、催眠研究者ですよ。
VooVふぉふぉふぉあっ、そうそう、今考え中のとてつもなく悪い企て応用編は心理的な手法によるマインドコントロール技術とエリクソン催眠的技術の融合となります。
具体的な会話の進め方、これをテーマとしたいです。
お楽しみに。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:c0pc1y4j78
読者になる
2012年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/c0pc1y4j78/index1_0.rdf