春山で柳沼

July 09 [Sat], 2016, 10:29
働きながら妊娠したら、介護士として特に注意するべきは、まず、胎児が放射線の影響を受けることがないようにする、ということです。CTや放射線治療、エックス線撮影など、被曝の危険は介護施設には多いですから、細心の注意を払ってほしいところです。同様に、薬にも身近に様々な薬品が、大量に存在する環境なのですから、注意するべきでしょう。立ち仕事や夜勤シフトなど、介護士の仕事はかなり身体に厳しい仕事で、残念な流産や、早産の危険がとても高いです。
ですから、必要十分な休憩をしっかりとって、なるべく安全な妊婦生活を送るようにしましょう。注射や採血は介護士が行う仕事の代表的なものです。

一般的に、注射が好きな人は稀なタイプだと思いますが、どうしても打たれなければならないなら、ベテラン介護士にしてもらいたいのが人情でしょう。


とは言っても、注射の技術は介護士の腕に左右されますから、注射が得意な人と不得意な人がいますから、上手でない介護士にあたる事も珍しいことでありません。
これは運でしかありませんから、上手な人に処置してもらえれば幸運と思うくらいがいいかもしれないです。ハードでありながらも、大きなやりがいを得られる介護士の仕事ですが、最もやりがいを覚えるのは患者さんが元気になって退院していくだけでも嬉しいのに更に、わざわざ改めて、介護施設まで足を運び、挨拶をしにきてくれた時でしょうか。それに、やはり患者さんの家族の方から感謝の気持ちを伝えてもらった時なども、しみじみとやりがいを感じられます。世間で言われているように、介護士の仕事はかなり辛いものです。
ですから、充実感とかやりがいを感じなくなったなら、きっと辞職しようと願ってしまうでしょう。
昔から「白衣の天使」と呼ばれるほど介護士は人気が高いと思うのですが、結婚できないのは、どのような訳があるのでしょう?実際のところ、介護士の結婚年齢は全体的に、早い人と遅い人の差が大きい事が分かりました。



結婚が遅い人に共通していることは、仕事の忙しさに追われて異性と出会うチャンスが無かったり、自分の出世を考えて婚期が遅れるようです。介護士の世界で通用する、業界専門用語の一つとして「今からエッセンです」などという風に使う言葉があります。
何のことか見当がつきますか?この言葉の意味は、食事休憩をとります、というものであり、働いている他の人にわかってもらう目的で日常的に使用されています。
ではこのエッセンというのは何かといえば、英語だとイート、つまり食べるという動詞で、ドイツ語だということです。

一昔前、介護の世界ではドイツ語が多く使用されていましたから、それが今まで細々と生き残って便利に多用されているようです。



一般的な介護施設に勤める介護士の多くは、業務上、患者やその家族と関わらねばならないため、不信感や不安を与えないために、髪形に配慮しなくてはなりません。

介護士として、自分が患者ならどう思うのかを考えつつ、まずは清潔感を重視した髪形にすることが大事です。

職場の環境によっては、ヘアスタイルの規則の厳しさが違う場合があることを覚えておいた方が良いと思います。実は、介護士でも公務員の立場に立てることがあります。その方法は、勤務先を国公立の介護施設にすることです。
もともと、介護士という職業が長期にわたって務められる職業として人気なのですが、さらに公務員の待遇が付加することでもっと安定性が高まりますよね。



手厚い福利厚生に安定した職場、きちんと整備された年金制度などは最大のメリットだと言えるでしょう。


気になる介護士資格の難易度ですが、どれ程のものなのでしょう。試験の合格率ですが、毎年90%前後のようです。試験内容も、専門学校や大学の講義をしっかりと勉強していれば難なく合格できるものですから、そこまで高難度な資格ではありません。一般的に見て、介護士の給料というものは良いですが、内実は夜勤の分の手当てによって給与が高くなるといえるでしょう。



ですから介護士としてより多く稼ぎたければ、どこで働くか考える時、日勤のみではなくて夜勤の時間帯にも働ける職場を選びましょう。夜勤帯に働くかどうかで給料の額は違ってきます。


他の一般的な職業と、介護士の収入などを比べたデータによると、年間を通した平均収入の額ですと介護士の方が上なのだそうです。
介護士不足に陥っている介護機関は少なくはなく一定数以上の需要が常に見込まれるので、社会情勢とは無関係に、安定した収入額が得られる見込みがあるなどの専門職らしい長所もあるのでした。


収入が良いのは事実ですが、その一方で、ただ働きであるサービス残業が蔓延している等、介護士の労働環境は、しっかり整っているとは言い難い状況です。



介護士として、毎日激務をこなしているうちに、大変な目にあったりもします。

そのうちに、どこが楽な病棟なのかについて頭の中で検討していても、おかしなことではないでしょう。
なかなか言い切るのは難しいのですが、比較的のんびりできると考えられている病棟は、残業や夜勤がないということから、皮膚科、眼科、精神科、整形外科などが挙げられます。

とはいっても、介護施設にもよりますし、重症度の高い患者さんの有無などの要因によっては、業務のハードさについては差があります。

介護士にとって当然のことですが、やめてしまいたくなることも少なくないでしょう。

重要な仕事で失敗してしまったり心ない患者さんの発した言葉に傷ついたりといろいろです。

そうはいっても、喜ばしいこと、介護士の仕事をやり続けたいという風に思う日も多いです。
時に先輩が掛けてくれる、ご指導の言葉や慰めの言葉によって周囲の方々に支えられて働けているんだということを日々痛感しています。


一般的に、介護士として勤務する人は女の人が多いので、一度、結婚や出産の時に退職するという人も多く、高い離職率の仕事であると言っていいでしょう。


それにプラスして、働く時間帯がイレギュラーであることや、労働環境の大変さによって離婚してしまう人も多いと言われています。


もし一人で子供を育てることになっても心配ないくらい収入があるというのも離婚へつながる一因とも考えられます。色々とある中で、介護士という資格の一番いい点を挙げるとすれば、やっぱり、介護士として勤務していない時間があっても、再度、介護士として雇ってもらえるということでしょう。

理由として、介護士が専門職だからということと人が足りていないことが深く関与しています。どこでどのように働くかにさほどこだわっていない人の場合は条件に合えば五十代でも復帰できます。
日本のみならず、海外で支援が必要な方々に、介護の立場から支援したいと考えている介護士の方も多いのではないでしょうか。



実際に、海外において日本の介護士を求める声も増えていて、豊富な知識と笑顔で患者を支えることの出来る介護士が求められているのです。



海外においては患者とやりとりをするうえで英会話ができる事が絶対条件になるでしょう。海外の機関で介護士として働きたいと思うのであれば、英語をしっかりと学ぶべきでしょう。

介護士個人の都合などによって、常勤や派遣といったように働き方を選べたりもしますが、大半の介護士は介護施設で働いています。もちろん、その他のところでも、多くの場所で、介護士資格を持つ人材は求められています。
例を挙げると、市町村の保健センター、保育園、企業内、介護施設などです。こうした職場で介護士として活躍する人もじわじわ増えています。
つまり介護士であれば、介護施設ではなくても介護士として仕事ができる場所はたくさん有ります。自身の生活が変わっていくのに合わせてより働きやすい環境を求めて転職する、といったことができます。

一般的な認識では介護士は給料が安定している仕事だと位置づけられていますからもし、ローンを組もうとすることがあったとしても、比較的審査が通りやすいと言えます。


とは言え、介護士の中でも非常勤の場合など、多少安定していないというケースでは注意する必要も出てくるでしょう。
簡単にローンを組めるのは非常勤でなく、正職員として働いているような安定している介護士に限って言えることであり、非常勤で働いている介護士に関しては、ローンの面では不利と言えるかもしれません。

朝出勤して夕方帰るという仕事とは全く違い、介護士は夜勤を交代制でつとめることになります。もちろん休みはとることができますが、不規則さを辛く感じる向きは多いようで、結婚したり子供ができたことで、きっぱりと辞めていく人も大勢いる、というのが現実です。結婚はともかく、出産を経て子育てスタート、となった時、いつでも託児を引き受けてくれる場所がないと夜勤業務などは、できなくなってしまいます。



しかしながら近年、子供が充分に育ったことにより復職を希望する人の例が少しずつ増え始めています。

一般的に、介護士の休みは、職場によって各自違うようです。



中でも3交代勤務の職場においては、シフトを組んで働きますので、休日や出勤日が変則的なことも珍しくありません。
むしろ、環境が許せばご自分の予定に合わせたシフトを組むことが出来るので、上手く活用して、平日に旅行に行く人もいるようです。

介護士がかぶっている、いわゆるナースキャップ。

あれは介護士を目指す学生が意識を高めるための式の一場面でつけられる帽子です。


よく料理人が帽子を被っていますが、それ以上に意味を持つものといえるかもしれません。
そうはいっても、ここ数年の間に少しずつ介護士の制服も変化してきており、この帽子が特別ではなくなってしまう時が来るのも間もなくかもしれないのです。

髪の毛が落ちないようにするためのものという、これまでのような深い意味を持った存在ではなくなってしまうのは悲しい気もしますが、これも世の中の傾向なのでしょうね。
慢性的な人手不足を訴える介護機関も少なくない程、介護士の需要は高いため、転職がとても容易です。希望の転職先に履歴書を送って、書類選考をパスしたら、雇用する側との面接になるでしょう。その場で、これまでの経歴や志望の理由について質疑応答を織り交ぜつつ、話すことになるでしょう。しかし、そういった話の内容のほかに、仕事仲間として適格な人材かどうか、人間性もテストされていると思ってください。人間的な良さを知ってもらうことができるかどうかは、とても重要なポイントになります。
病気になって気落ちしていると頼りになる介護士の存在は気持ちを前向きにしてくれるものですが、実際の勤務状況は過酷で辛いものも多く、覚える必要のあるいくつもの作業や器具のチェックなど仕事は多岐に渡り、それが患者の命にかかわる事もある為に、優しい言動とは裏腹に、ひどく緊張しストレスを感じている場合もあります。
こうした仕事のストレスから、介護士の中にはうつ病になっている方も珍しくないのです。責任感が強く、真面目で頑張りすぎる方や趣味がなくストレス発散が苦手というタイプは、注意が必要です。入院設備のある介護施設に介護士として勤務するときには、基本的に夜勤は必ず付いてきますので、育児との両立を目指す介護士にとってかなりの悩みどころとなっている場合が多いです。

ある程度の年齢までなら24時間保育を行っている保育所の利用や託児室を完備している介護施設に勤務する場合はそちらに預けるなどの方法もありますが、小学生になると預け先がぐっと減ってしまうという問題が浮上します。そういう理由でパートとして働くことにシフトするという介護士も多数存在するようです。


看護の仕事を行なう上で、特に大事で外せない業務として、多くの介護施設では、申し送りを行っています。患者さんに行なわれた処置についてや、投薬量の変化といった情報、介護士が把握しておくべきことについての諸々を口頭で直接、次の人に報告するというものです。

大事な情報が含まれますから、相手が理解できるよう報告しなければなりません。あと、なるべく短い時間でてきばきと、的確な申し送りをすることも当たり前のように期待されます。



多くの介護士は介護施設で働いていますが、介護施設といっても総合介護施設から地域の診療所まで、規模が随分違います。意外なところでは、介護施設や保育園も介護士の職場です。


給料は勤めている会社によって違うものですが、介護士も同様でしょう。総合介護施設と町医者とでは年収にも差が出てきます。
ですから、平均的な介護士の年収がいくらだと言うのも、難しいものだと思います。治療の補助や患者の各種ケアなど、介護士の業務は多岐に渡り、必要とされる度合いがとても高いですし、とても働きがいのある仕事であることは、間違いありません。入院患者のいる介護施設ではもちろん24時間稼働しますし、介護士も24時間、介護施設に滞在することになります。


そこで、業務は日勤と夜勤という形にシフトを組んで交代でこなしていきます。夜勤のある仕事ではどうしても、自然な生体リズムに逆らう生活をすることになり、うまくコントロールしないと睡眠不足が続いて心身の健康に響くかもしれません。介護士は比較的稼ぎの良いイメージがつきものです。
場合によっては人の一生を左右する責任の重い仕事ですし、夜勤等、大変な仕事ですが、別の業種の給料と比較してみると平均的に高水準を維持できることが分かっています。



景気に左右されないのも強みでしょう。

こうした安定性と給与の高さから見ると、介護士は他にないくらい優秀な職業だと言えます。女の子が憧れることが多い介護士になるためには、広く知られているとは思いますが、学べる場所として、看護専門学校と看護大学という二種類があるのです。そこで学ぶことの中身自体はあまり変わりはないのですが、大卒の場合、キャリアを上げるのに有利な要素となり、専門学校に行った場合より、少し高い給料をもらえることが多いです。
対する介護士の専門学校の利点を挙げると、大学に通うより学費の負担が軽減できて、実習に多くの時間を割き、働き始めた時点である程度の戦力になることが出来るということです。免許が必要な専門職である介護士は介護や介護など、様々な場面で求められています。


その為、再就職などもかなりスムーズにいくことが考えられますし、少し念入りに求職活動を試みれば、自分の希望に沿う仕事先も、発見できるかもしれません。
近年においては、ウェブ上のサービスとして介護士の転職をサポートする専門の求人サイトなどが思った以上に多数存在しますし、そういうサイトを巡ったり、会員登録をしてみたりして優良な職場を探してみてはいかがでしょうか。少子高齢化が進んでいることも影響しているのですが、介護施設などの介護の現場で働く人々がますます必要とされる可能性があります。

したがって、現在も「介護士は売り手市場だ」といわれているのですが、しばらくの間はこの状態のままだろうと予想がつきます。


年々多くの介護士が輩出されているのに、いまだに介護士不足が叫ばれているのは職場の環境や待遇の悪さによっておこる退職も起因しています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Tatsuo
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる