キャリアコンサルタントに合格 

December 29 [Sat], 2007, 15:14

キャリアコンサルタント試験結果は、幸い、OKでした。

 ちなみに、日本産業カウンセラー協会のホームページから、つぎのような合格者数でした。

 〇平成19年度キャリア・コンサルタント(CC)試験結果

平成19年度キャリア・コンサルタント試験合格者と合格率は下記のとおりです。
受験者数 : 1,524名
総合合格者数 : 997名 (総合合格率:65.42%)

 まあ、3人のうちの2人にはいれたわけです。

CC の講習では、面接実技でいろんな学びがありました。
自分自身のキャリアの「蔵出し」もしました。
自分の職業生活を真剣に振り返ったのは初めてでした。
自分の強み、弱みを知ることが就職面接に大切なのがよくわかりました。


 これから、就職活動する息子に、いろんなアドバイスをしてあげられそうです。

  ・・・・・

                平成19年12月29日 小松にて

キャリア・コンサルタント講習会、終了しました 

May 22 [Tue], 2007, 21:44
4月から金沢に行って、キャリアコンサルタントの講習会をうけていました。5月20日に実技講習も終わりました。8月25日土曜日に駅西の労済会館で学科試験があります。

 キャリア・コンサルタントというのは、ニート、フリーター、はたまた中高年の転職者・失業者を主たる対象とする、ライフキャリアの相談を受ける専門家のことです。

専門家といえども、単に試験で資格をとった人もいるので、最近は再教育を重視しています。また、受験者に対しては、実技をしっかりさせた内容になっています。

 実習では、まず、ラポール形成(クライエントとコンサルタントの間で信頼)の段階へ。ついで、自己理解、職業理解へと進みます。 受講生のほとんどは、産業カウンセラー合格者なので、ロールプレイのセッションなども比較的スムースに進めれた印象です。

 資格だけでは飯は食えなさそうですが、これからのライフプランのお手伝いというのは、いろんな切り口で活躍できそうです。 8月25日の試験に向け、いまから、じわりじわり勉強していこうと思います。 

小松空港に着陸する旅客機 ・・・・ 

May 06 [Sun], 2007, 9:59
小松空港はJR小松駅からバスで10分、至極街中から便利な立地です。

そして、民家の上を旅客機が飛びます。地上から結構間近に見えるのです。デジカメで写真をとってみました。  写真をとったのは、梯川の土手の道を散歩しているとき。 ちょうど、4,5百メートルぐらいにせまったときに爆音というか、ゴーゥという音がして近づいてきたんですね。 

それで、まあ、ちょうど、頭の上をとおりそうなので、わがデジカメ(FinePix F810)で最高の光学4倍で手ぶれしないように構えました。 通過するとき、一回のシャッターチャンスです。 構えて、息を整え、ガシャッ。 それば添付の写真。 結構、おおきく見えます。実際に200メートルぐらいの高度ではないかと思います。

いま、小松市内は、田植えの最終段階。 きっと、飛行機から地上を見ると、うすい緑の絨毯が田園地帯にひろがっている様子でしょう。 この感じは、以前、フィリピンのマニラ空港におりたつときや、バンコクの空港におりたつときに、機内から見た あわい緑の絨毯とよく似ています。米作りはいっしょだと納得したものです。

 5・6

キャリア・コンサルタント講習 20070505 

May 06 [Sun], 2007, 9:03
 昨年度、日本産業カウセンラー協会北陸支部主催の産業カウンセラー講習を受講した。

 およそ70人の方が受講、福井、石川、そして富山の3県から。60歳台から20歳台まで男女3:7ぐらい。その多くが今年1月の試験を受け、6割ぐらいが合格。そして、さらにキャリア・コンサルタント資格をめざし、講習をうけているひとが15人ぐらいかなあ?

 ゴールデンウィーク真っ只中の5月5日、金沢で講習会があった。今回は実技である。既に学科は終わっている。

 クライアント役、カウンセラー役、そして、オブザーバー役と三人一組で2つのケースをロールプレイ。20分の相談時間、5分の評価レポート、そして、10分の振り返り。
 
 一つ目は、52歳の男性が相談者。繊維関係のメーカーで営業職を30年。不況のため、早期勧奨退職に応じて退職。現在は再就職活動中。年齢も50歳を越し、なかなかみつからないであせっている。 もうひとつは、大学4回生の男性。経済学部。4回生になって就職活動を開始。幾分出遅れ。在学中は勉学に勤しみ、3年でほぼ卒業予定単位は取得。サークル活動、アルバイトなどの活動はせず、どちらかというと内向型、少々、不安定気味。

 このふたつを女性(30台、40代)、男性(50代)が演じ、他のふたりがカウンセラーとオブザーバー役。自分と境遇やらなんやらかんやらが違う役を演じるのは難しい。自分の地肌が極力でないようにする。なかなか難しい。
また、クライアントの情報は6、7行の紹介文のみ。背景などは想像するしかない。20分の時間をその役を演じるのはひと苦労である。

 キャリアカウンセリングなので、就職を主眼とした相談。クライアントの長所や希望条件を十分、自己理解してもらうこと、また、職業理解も進め、両方から、職業のマッチングを進める。ことばは簡単であるが、そのなかで失業やら家族関係やらのメンタルな部分も、また青年の発達課題の問題も。 様々な社会状況の理解と説明もいる。 人間としての総合力を試されるのが、カウンセラーだと思った。 やりがいとともに重い任務を感じる仕事だとつくづく思った。  5・6

うぐいすの鳴き声 

May 02 [Wed], 2007, 13:44
連休中、新潟のほうへでかけました。
義父の家は上越から車で30分の田舎らしい、土地です。

家の周囲には適度に杉の木やなんやらかんやら
植わってます。

そこでうぐいすがホーホケキョ、あるいは、ケッキョ・ケッキョとばかりに
春の声をはじけさせています。

うぐいすも、山に入ると、ほんとによく鳴いています。
そういえば、先日、江戸家子猫さんがテレビで動物の
鳴き声をまねていました。

うぐいすもありました。
でも、あまりに、迫力ありすぎて、うそっぽいと感じました。

ほんものは、もっと、やわらかに澄んだ音色です。
まあ、人間の模倣なんだから、本物にはかないませんよね。

さて、わたしの住む町の5月は、にぎやかです。

子供歌舞伎があるんです。

興味あるかなあ?!!

http://www.kyy.co.jp/otabi/

子供役者配役も見れるよ!!!

 http://www.kyy.co.jp/otabi/story.html



真っ白な牡丹が咲きました 

April 27 [Fri], 2007, 14:11
毎年、4月下旬から5月中旬にかけて、我が家の庭に、とっても素敵で立派な純白の牡丹が咲きます。

そう、ことしも咲きました。

とってもうれしいです。
手入れらといえば、冬の肥料、
花がおわったあとの処理、
花芽の選抜と芽かき、
あとは秋の終わりに葉を切り落とす
・・・・そんなぐらいです。

あと何年ぐらい咲いてくれるのか?

楽しみです。

 4/27

2007/04/26 本日、初ブログです・・・(嬉) 

April 26 [Thu], 2007, 16:52
本日、ブログ初日。

実は、風邪でお休みしているんです。
オペラ歌手臼木愛さんのブログの読者なんですが、
いつもかわいい、食欲もりもりの彼女のページを
ご覧になっている方も多いと思います。
彼女のように、魅力的な情報発信は難しい。

わたしのブログの動機は、まず、自分を振り返る時間を持ち、
自分の日常の足跡をあとで知ること。 そして、のちのち、
自分の子供たちがわたしの考えたことを読み、
ああ、お父さんはこんな風に暮らしていたんだあ、と
わかってくれるといいなあ。

まあ、そんな動機です。

親業は、死ぬまで続くのでしょう。

いい人生を親が送っていたと知ってくれれば、
子供たちも嬉しく思うことでしょう。

それでは本日からいつまで続くかわからないけど、
ブログにつづっていきます。

 平成19年4月26日

  石川県より

      yuhchan
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:c-yuhchan
読者になる
2007年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる