【 更新情報 】

スポンサード リンク

ビタミンCの欠乏症と過剰症

ビタミン不足・・・
特に外食の多い人やお酒を飲む人、タバコを吸う人にはよく言われることですが、ビタミンCが不足するとおきるビタミンCの欠乏とは。
ビタミンCには病気やストレスに対し抵抗力を強める働きや、鉄の吸収を助ける働きがあるため、ビタミンCが不足すると抵抗力が下がるため、免疫力が落ち風邪を引きやすくなったり病気にかかりやすくなったりします。またタバコを吸う人やストレスが沢山かかっている人などはビタミンCの消費が多くなるそうなので積極的にビタミンCを摂取した方がよいようです。またビタミンCはコラーゲンの生成にも関係しており、ビタミンCが不足することで細胞の間のコラーゲンが減り、血管や歯茎などが弱くなり、各所から出血しやすくなる壊血病という病気にもかかりやすくなります。
ビタミンCはビタミンM(葉酸)などと同じ水溶性のビタミンなので大量に摂取してもそのほとんどが尿と一緒に排出されるので、過剰摂取による過剰症はあまりないといわれていますが、まれに嘔吐や下痢などの症状が現われることが分かっています。

ビタミンCの美白・美容効果

ビタミンCを摂ると色が白くなるといわれているがこれについて。
ビタミンCは紫外線によって作られるメラニンの異常生成を抑える効果があり、黒く沈着したメラニンを元の無色に戻してくれる事がわかっています。シミやそばかすはメラニンの沈着が原因なのでビタミンCは美白効果が期待されます。肌のたるみの原因はコラーゲンの減少によるもの。ビタミンCはコラーゲンの合成を助けるためビタミンCが不足するとハリ、弾力が失われていくことになります。
タバコを1本吸うと25mg〜100mgのビタミンCが失われていくといわれています。タバコ喫煙者は肌の老化を早めていることになりますのでビタミンCのサプリメントを積極的に摂る事が好ましいといわれています。
またアルコールを分解するときには肝臓でビタミンCが大量に消費されるため、ビタミンCが不足していると二日酔いの原因にもなるそうです。
ビタミンCが不足すると壊血病や肌の老化、精神的不安を引き起こすといわれています。
精神的不安(ストレス)などがあると体内で抗ストレスホルモンを生成しますがこれにもまたビタミンCが不可欠です。ビタミンCは人間にとって上手に摂り続けなくてはならない栄養素です。

ビタミンCのサプリメント

ビタミンCを効率よく摂取するためにサプリメントを利用すると良いといわれている。
食事だけでは摂りきれない栄養素を補助食品サプリメントで摂取することができる。
ビタミンCは風邪やインフルエンザの予防にも役立つといわれており、アレルギーを軽減するとも言われている。
食品などでよく「レモン○個分のビタミンC」といわれているがレモン1個分のビタミンCは20mgといわれている。成人1日に必要なビタミンCの量は100mgといわれているためレモンに換算すると5個食べなければならないことになる。またビタミンCを含む多くの食品はレモンをはじめグレープフルーツ・キウイ・アセロラなど柑橘系に多く含まれる。ビタミンCは酸性である。
ビタミンCはバイオフラボノイドと一緒に摂ると吸収率が上がるといわれている。バイオフラボノイドがビタミンCの吸収を助けてくれるのである。バイオフラボノイドはローズヒップに多く含まれているといわれている。
またビタミンCには制癌作用があり、癌治療に高濃度ビタミンCが点滴により使われる。

ビタミンCとは

ビタミンCとは水溶性ビタミンの一種で体にとってなくてはならない成分です。
しかし、人間はこのビタミンCを自分で作り出すことが出来ないため食事またはサプリメントなどから摂取する必要があります。多くの動物はビタミンを生成する事が出来るため人間のように食事などから摂る必要はないそうです。
ビタミンCはコラーゲンの生成にも必要とされホルモンの分泌やL-カルニチンを合成させたり大切な役割を果たしています。ビタミンCの役割は多く、傷を治したり出血を止めたり免疫力を上げるといわれています。そのためビタミンCの不足を防ぐために、食品から摂りきれない場合が多くサプリメントなどから摂取したほうが良いといわれている。
またビタミンCは食物の種類にもよるが摂取してから約2〜3時間で体外に排出されるといわれているため、一度に沢山摂るのではなく成人1日あたりの摂取推奨量100mgを毎日摂る事が大切である。また一度に沢山摂りすぎると下痢をしたりするといわれている。
タバコを吸っている人はビタミンCが崩壊されやすく、ピルを飲んでいる人などもビタミンCのサプリメントなどを積極的に摂った方が良いといわれている。