らいばる。 

2005年05月16日(月) 1時13分

アメリカは、基本的に『米国は英国の枝分かれではない』とことあるごとに主張します。
それは、英語についてもよく現れています。

『アメリカはアメリカの言葉を話す!』

古きよき伝統を守る保守的なイギリスとは対照的に、ある意味意地になっているのではないかと思うほどに(笑)アメリカは開放的・開拓的です。
単語ひとつをとっても、もはや違う言葉です。

イギリスにしてみると、アメリカはライバルなんてものでは全然なくって、な〜んにも意識していません。

「意識なんかするものか!」って、意識してるのかしら?(笑)

英語と米語での違い。
日常にもよ〜〜く見かけます。

日本語    英語      米語
映画     cinema     movies
サッカー   football     soccer
持ち帰り  take away   take out

なんて具合です。
でもさ、アメリカ人の皆さんよ。
ボス、英語じゃないの。

しかも、すんごくキレーな!(笑)

すたーと! 

2005年05月12日(木) 2時50分
start という単語、意味はご存知「始まる」ですよね。
例えば。

When does school start in Japan?
日本の学校はいつ始まりますか?

とか。
「始まる」が、スタートのイチバンポピュラーな意味です。

が。
実はこの単語、「生じる」「発生する」なんて意味でも使えてしまうのです。

Where did the rumor start?
その噂はどこから出たの?

また、

start trouble 面倒をおこす

という使い方もできます。


他には、

at the start of summer 初夏に

なんていう便利な使いまわしもあります。

イギリス英語でよく使う表現に、

Don't you start!
いいかげんにして!

というセンテンスもこの start を使います。
「始まる」ばかりじゃないんですね。


よく来たね! 

2005年05月11日(水) 18時04分
先日、小トリップ中に(笑)、要するにお出かけ中ってこと?

ある看板を見つけました。

Welcome 、これは「ようこそ」に代表される、「喜んで迎える」という意味の動詞です。

Welcome to Kyoto.  ようこそ、京都へ。

Welcome back! おかえりなさい!

なんていう、歓迎感を表す場合に使います。

日常で、彼女が家に来た場合などに「Welcome!」なんて言うと、

「ようこそようこそ!いらっしゃい!!」のような、ちょっとオオゲサ・・・

「なんかやましいことでも?」みたいなニュアンスになってしまいますので。

普段、「よく来たね」って言いたいときは

I'm glad you come. (よく来たねぇ)

ぐらいにとどめておく方が無難です。

特に、なにやら嗅ぎ出されてはまずいことなんかを隠し持ってる場合はネ(笑)


この、Welcome .

先日見た看板にはこんなふうに書いてありました。

WELL−COME!

Well(よく) come(来た)・・・ってこと?


・・・ちょっと強引!

ごみ。 

2005年04月26日(火) 3時52分
ゴミ問題。
先進国なら、どこへ行っても深刻な問題ですねぇ。

イギリス英語では、【ゴミ】は rubbish といいます。
ゴミは、だいたいこの rubbish で表せてしまえるので、生ゴミでもガラクタでも、これひとつでOK。

また、「このボケ!」のように言うときにも rubbish を使ったりします。
日本でも「クソ」とか言ったりするそうではありませんか?
ちか宮は言いませんが!!
それと同じですね。
いえ、レディはそんなキチャナイ言葉は使ってはいけません。

また、「しょうもない!」なんて言いたい時にも使えます。

では、【ゴミ】ではなく、「ゴミ箱」は?

イギリスでは【dustbin 】が一般的な、ゴミ箱です。
う〜〜ん、聞きなれませんね。
アメリカ英語の【trash box】の方が聞き覚えがありますよね。

ちなみに、アメリカではゴミは
garbage 】。
やっぱり、こっちがなじみ深いです。

ネボー。 

2005年04月22日(金) 3時50分
突然ですが、ネボーってみなさんどれっくらいされますか?
やっぱり冬のほうが頻度は高いのかな。
ちか宮はも〜〜〜んのすごく寝るのが好きなので、も〜〜〜んのすごくネボーします。
なので、寝坊という単語はとっても近いイメージ。
(そんなんでいいのか)

ねぼう=oversleptです。

sleptとは、sleepの過去分詞ですね。
over っていうのは「超える」っていう意味です。

仲間の単語に、
overeat(食べ過ぎ)というのもいます。

また、too
を使うことによって、おんなじような意味にもなったりします。

too sleep(寝すぎ)
too eat(食べ過ぎ)

ケッコン。 

2005年04月18日(月) 3時46分
will」という単語といえば・・・

Will you〜? で始まる、「〜しませんか?」ですよね。
「Will」という名詞の意味は、「意思」です。

要するに、
あなたには〜する意思がありますか?
ってことなんですね。

Will you have tea with me?
一緒にお茶しませんか?

これは、
Shall we have a tea?

でも同じ意味になります。

人生最大のヤマ場(といってもいい?)、プロポーズ も、このwill で言えちゃうわけです。

Will you marry me?
「結婚してくれませんか?」


Will you be my wife?
「僕の妻になってくれない?」


上の表現の方が
「僕と結婚してくれませんか?」って感じがダイレクトに伝わってきて宮は好ましいと思います。
下の表現だとなんだか、
「嫁に来ないか」みたいで(笑)

ちなみに、will(原形)をwould(過去形) にした方が、より丁寧な表現になります。

It's up to you. 

2005年04月14日(木) 3時33分
とのとちか宮は、二つ違いです。
なので宮は意識的にとのより3歩下がるようにしています。

古き善き日本の慣習、亭主関白推奨派なのです。
ちか宮は、女が男にえらそうに言うのなんてだいきらい!
でも偉ぶった男がすきなのかといえばそうでもなくって、レディーファーストなじぇんとるまんしか男とは見れません。
つまりは、お互い譲り合えってことなんでしょうか??(笑)

そんなちか宮の大事なとのは、決して偉そうにいわないタイプ。
どんなときでもこちらの都合を気にかけ、優先して動いてくれる、優しい男です。

なので、ごはんを食べに行くときなんかはなっかなか行き先が決まらない!(むき〜)

「どこ行こう?」
「どこでもいいよ?」

の繰り返し(笑)。

こんなときに便利なのが(やっと英語が)、この表現!

It's up to you.
「まかせるね。」


このフレーズ、男性が使うとレディファーストなジェントルマンに、女性が使うと奥ゆかしい大和撫子に早がわり!
な〜んて便利な言葉なんざんしょ。

Which do you like?
「どっちがいい?」
where should we go for dinner?
「ディナーはどこに行きたい?」


のように、いくつかから選んでという問いや、決めてという質問にもどちらにも対応できます。

It's up to you.
あなた好みに染めて

ってか。

ちゃんきゅう。 

2005年04月11日(月) 3時26分
イギリス人は、

Thank youの代わりに、 Cheers!を使います。

アメリカ英語にはまったくない表現ですが、(アメリカ人はThanks!だもんね)なかなか聞き慣れると、お〜ぶりてぃっしゅ〜!(゚□゚)な感じがします。

もともとの cheerの意味というのが、おなじみチアリーディングの『ちあ』、応援するというものなんですよね。

この単語ひとつで、かなりブリティッシュな雰囲気が漂います。
あ、ありがと!という時にさらっと出てくれば、あなたも立派に英国人!!

OH!ジョージ! 

2005年04月09日(土) 3時24分

世界最強国アメリカの、ボスはご存知ジョージ・ブッシュですよね。

国内外からの攻撃の矢面に立つ、日本の総理大臣制とは違って、アメリカの大統領は思うままに国を操れる、まさにアメリカンドリームなんですよネ。

そんな中、ジョージは世界中のメディアからいろ〜んなことをたたかれていますが、彼の英語だけは本当にきれい
よ〜く聞いてみてください。
単語の発音一つ一つから、ブリティッシュな香りがしませんか?

ただ、ジョージは二世だけあって、ホントにばか。
ちぐはぐなコメント、頻発する文法間違い。
そんなんでいいのかと思わず突っ込みたくなってしまう!!(笑)

Is our children learning?

これはイチバン有名なちぐはぐ英語です。
大統領、これは中1英語ですよ!
これからもジョージから目が離せません。


はぶ。 

2005年04月07日(木) 3時21分
have」は中学では「持っている」、と習いました。
そのあとに(中3ぐらいかな??)完了形なるものが出てきたと思います。

完了形と聞いただけで、「んげっ」と身構えられた方も結構いらっしゃると思います。。

ところで。完了形って時制とは違う仲間?
直線上に、現在過去未来の状態を書き表したのを思い出しませんか??

ちか宮は、なぜ完了形を「have」と切り離して教えるのか、よくわかりません。
それやったらまるで完了形がとくべつな「have」みたいじゃないの。
だいたい、完了形、なんて仰々しい名前がついてたらミョ〜に敷居が高く感じてしまうじゃないの。
完了形、な〜んもむずかしいことはありましぇん。

英語は語学なので、文字ではなく感覚で捉えるべきです。
経験のhave、完了のhave、あともういっこ何やっけな、それらは決して別物ではありません。
haveの基本は『持っている』。

何のことはない、〜した経験を『持っている』だけなのです。
持つ、手で持つ・・・と文字で考えると訳出しの幅が狭くなっちゃうので、視覚的・イメージ的に日本語と対照させる癖をつけてください。
それが、英語マスターへの近道!

んなもん言われんでもわかっとるわい、と思われたかもしれませんが、できてないんですね〜。
知ってはいても。
たとえば、

そのときわたしは気分が悪かった。

この文章を、どう訳しますか?
気分・・・気分。feelingかな。
過去形だからwasになるな・・・。

さて、こんなことを頭でシュミレートしていてすっと会話ができるようになるんでしょうか??
答えは、否!!(笑)

そのときわたしは気分が悪かった。
Then,I had bad feeling.


どうですか、なんだかこなれてるでしょ、この訳!
人間の状態を表すのにhaveが使えるとは。




2005年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:c-e-diary
読者になる
Yapme!一覧
読者になる