誕生日 

January 23 [Tue], 2007, 0:30
18日はあやの誕生日だった

思い出したのが16日

実は恋人同士にとって大切なイベントである、クリスマスイヴは、

あやとすごした

けれども、プレゼントを交換するといったこともなく、

一日中遊んだ、という感じで終わった


個人的な意見だけれど、

やはりクリスマスに恋人たちはプレゼントを交換すると思う!

去年はそうした

去年のプレゼントはたしかカーディガンだったはず・・・

もっとも、その頃に付き合っていた子はあやでもゆりでもなかったけど


とにかく、誕生日くらいはなにかしてやろうと決めた

やはり、俺は彼女を愛しているのかもしれない


前々から彼女はピアスが欲しいと言っていた

彼女は一時、相当なショックを受け、それを乗り越えるために、

自分を変えるために、新しい自分へと変容するために、

ピアスホールを開けた

そしてピアスホールを間接的に開けたのは、

俺だ


彼女にあうピアスを買うために、

シルバーやゴールドの商品が

ガラスケースに入っているような店に行った。


ケースの中の商品は、高くて、

高価な気配を漂わせていたけれども、

コレを高校生に着けるのはどうかと思った。

値段ではなく、デザインにおいて

値段を重視するのは、付き合って1年目まででいい

それ以降は、彼女に似合うもの

買うのが良い気がした


1年目を迎えた誕生日にあげるには相当ふさわしくない値段だったが、

小さくてもキラキラと輝くそのシルバーのピアスは、

彼女の小さな耳にとても合う気がした

きっと、もっといろんなところを探せば、

もっと適切な値段で、彼女に合うものが見つかっただろう


けれども、そうしなかったのは、

やはり愛情の欠如なんだろうか・・・

思い悩む

二人の彼女 

January 21 [Sun], 2007, 23:37
はじめに、

俺には二人の彼女がいる

ひとりは あや

ふたり目は ゆり

あやは顔は普通で、胸はあんまりなく、細身で、

偏差値は低いけど、知性がある

ゆりは顔はそこそこで、でも顔が少し大きく、

胸が大きくて、すこし肉があって、

偏差値は高いけど、知性は備えてない

性格だけみると反対な二人だけど、

二人とも恋愛をとてもよく知っていた


そんな彼女たちと俺の実話。

今日は紹介までに・・・、

ご挨拶 

January 21 [Sun], 2007, 22:33
こんばんは、愚痴日記を書いてます望月です。

硬い文章で挨拶しましたが、これ以降はいつもの口語体で書きます。

つまらない日記ですが、時々見て共感してくれたりしてくれると嬉しいです。
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:朝霧 智矢
  • アイコン画像 性別:男性
読者になる
二人の彼女との実話物語。

高3受験生の恋愛日記。
2007年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる