リバウンドで体重を増やさないための対策 

2014年12月27日(土) 21時30分
停滞期があるということを知っていれば、ダイエット効果がなかなか出なくなっても焦躁感を覚えません。しばらく体重が減らない時期が続いたとしても、増加しなければいいというくらいで行います。

毎日の体重を計測し、状況を客観的に捉えることが、停滞期の乗り切り方です。リバウンドしないダイエットをするには、月に3〜4%のペースでの減量をしましょう。

人間の体は、急激なダイエットに対してはリバウンドや停滞期が起きるようにできていますので、極端なダイエットは逆効果です。人間の体が正常に機能している限り、ホメオスタシスは必ず作用するといえます。

体重を減らす時は、リバウンド予防を意識して行うことが重要になります。体重を記録することで自分の停滞期のサイクルが分かるので納得しながらダイエットをすすめることができリバウンドを防ぐことができます。

ホメオスタシスと上手につき合いながらダイエットをすることがポイントになります。毎月、今の体重の3〜4%ずつのゆっくりしたダイエットをすることが、リバウンドを回避してダイエットをする方法です。

リバウンドをしてまた体重をダイエット後に増加させないためにはどうしたら良いのでしょうか。その場ではダイエットが成功したように見えても、いずれは体重が元に戻ってしまうでしょう。

極端なダイエットをしている時ではないとしても、今日の体重を計測することで、リバウンドしやすい時期や、自分の体重がどのくらいで安定しているのかを知ることができます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:りおん
  • アイコン画像 誕生日:1980年
  • アイコン画像 現住所:熊本県
  • アイコン画像 職業:公務員
読者になる
こんばんわ
2014年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる